オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
HEAVY RAIN
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」,日本語対応のPC版がEpic Games Storeにてリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/06/25 12:01

ニュース

「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」,日本語対応のPC版がEpic Games Storeにてリリース

 フランスのQuantic Dreamは,「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」PC版を、Epic Games Storeにてリリースした。価格は1990円。本作は,2010年にPS3版,2016年にはPS4版が発売されたアドベンチャーゲームだ。また,同Storeページでは無料デモもダウンロードできる。

画像(002)「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」,日本語対応のPC版がEpic Games Storeにてリリース

 本作は,小さな田舎町で起こる連続殺人事件を主軸に,「息子を誘拐された建築家」「私立探偵」「捜査官」,そして「新聞記者」の4人の視点でストーリーが描かれる。
 2006年のGame Developers Conferenceにて公開されたテクノロジーデモ「The Casting」では,まだパフォーマンス・キャプチャリング技術がゲーム業界に広がっていなかった時代だったこともあって,そのリアルなアニメーションが大きな話題となった。
 アドベンチャーというジャンルにしては珍しく4年もの歳月をかけての開発で,その規模は70人の俳優やスタントマンを使った3万パターンものアニメーションと2000ページに及ぶ脚本という壮大なプロジェクトとなっている。

画像(003)「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」,日本語対応のPC版がEpic Games Storeにてリリース
画像(004)「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」,日本語対応のPC版がEpic Games Storeにてリリース

 Quantic Dreamは元々,Sony Interactive Entertainment Europeからサポートを受けていたため,本作や「BEYOND: Two Souls」(2013年),「Detroit: Become Human」(2018年)をPlayStationプラットフォームにて発売していたのだが,今年に入ってから中国のNetEaseの出資を受けて,マルチプラットフォームでの展開を視野に入れたビジネスモデルに切り替えていた。

関連記事

NetEase GamesがQuantic Dreamへの出資を発表。新作はマルチプラットフォームでの展開も

NetEase GamesがQuantic Dreamへの出資を発表。新作はマルチプラットフォームでの展開も

 NetEase Gamesは,ゲーム開発スタジオ・Quantic Dream少数株を取得したとの発表を行った。「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」から長らくPlayStationでタイトルをリリースしてきたQuantic Dreamだが,新作はさらに規模を拡大し,マルチプラットフォームでの展開も考えているという。

[2019/01/30 12:32]

 すでに上記した他の2作もEpic Games Storeでの販売を予定しているのだが,「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」を含めたいずれの作品も,4K解像度で60fpsのフレームレートに対応する予定で,すでに発売から9年も経過したレベルとは思えないほどのゴージャスなグラフィックスを堪能できるはずだ。
 まだ遊んでいなかったという人や,PS4向けのリマスター版を逃していたというファンならチェックしてみるのもいいだろう。


「Quantic Dream」公式サイト

  • 関連タイトル:

    HEAVY RAIN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日