オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ZED公式サイトへ
準備中
準備中
ZED
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
老齢のアーティストが,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描くアドベンチャーゲーム,「ZED」が2019年春リリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/16 17:00

ニュース

老齢のアーティストが,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描くアドベンチャーゲーム,「ZED」が2019年春リリース

 パブリッシャのCyan Venturesは北米時間の2018年11月15日,Eagre Gamesが開発した一人称視点のPC向けアドベンチャーゲーム「ZED」2019年春にリリースすると発表し,トレイラーを公開した。

「ZED」公式サイト


 「ZED」は,認知症に悩む老齢のアーティストが,失われつつある記憶の断片を集めながら,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描こうとするという,なんとも物悲しい雰囲気の漂う作品で,プレイヤーは,そんな物語を主人公の視点で体験することになる。タイトルの“ZED”とは,彼が過去に描いたコミックスのキャラクターであるようだ。
 トレイラーを見る限り,記憶の世界は非常にシュールで,この老人がどのような人生を歩んできたのか気になるところ。HTCの「Vive」または,Oculus VRの「Rift」を使うVRモードにも対応しているとのこと。

画像(003)老齢のアーティストが,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描くアドベンチャーゲーム,「ZED」が2019年春リリース
画像(004)老齢のアーティストが,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描くアドベンチャーゲーム,「ZED」が2019年春リリース

 Cyan Venturesは,ゲーム開発を行うCyan Worldsのパブリッシング部門で,この「ZED」が同社初の作品となる。開発を担当したEagre Gamesは,「Myst」「Raven」の制作に携わったチャック・カーター(Chuck Carter)氏が設立したデベロッパで,そこに,「バイオショック インフィニット」のシナリオライターであるジョー・フィールダー(Joe Fielder)氏や,「メタルギアソリッド」シリーズの開発経験を持つというデイヴィッド・チェン(David Chen)氏が参加している。

画像(005)老齢のアーティストが,まだ生まれていない孫のために最後の絵を描くアドベンチャーゲーム,「ZED」が2019年春リリース

 また,主人公の声には「Thief: The Dark Project」のギャレット役や「Fallout 4」のミスターハンディ役などで古くからゲーム業界に関わる声優スティーブン・ラッセル(Stephen Russell)氏が選ばれている。
  • 関連タイトル:

    ZED

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日