オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/22 01:48

イベント

[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

画像(002)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
 東京ゲームショウ2018が行われている幕張メッセ ホール9のインディーズゲームコーナーに,Ysbryd Gamesが出展している「恐怖の世界」(World of Horror)を紹介したい。

 本作は,ポーランドのゲーム開発者であるPan Staszek氏が手がけるホラーアドベンチャーゲームだ。販売を担当するYsbryd Gamesは,「VA-11 Hall-A」(PS4 / Switch / PS Vita)や「Masquerada: Songs and Shadows」といった高品質かつ尖ったインディーズゲームを販売することで評価の高いパブリッシャである。
 恐怖の世界の場合,PCとPlayStation 4,Nintendo Switchでのリリースが予定されており,日本での展開は未確定ながら,すでに日本語化が進められているので,前向きに期待していいだろう。


 ゲームの舞台となるのは,1980年代の日本に存在する海に面した小さな町だ。ここには奇妙な集団が現れて,住人が行方不明になったり,海沿いに化物が徘徊したりと不穏なことになっているそうで,複数人が登場する主人公達もそれに巻き込まれていく。
 ホラーの表現は,「うずまき」や「富江」,「よん&むー」などで知られる漫画家の伊藤潤二と,「クトゥルフ神話」として体系づけられた一連の著作で知られるH.P. Lovecraft(ハワード・フィリップス・ラヴクラフト)の作品群にインスパイアされたものであるという。

画像(003)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた 画像(004)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

画像(005)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた 画像(006)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

 今回のデモでプレイヤーキャラクターとなるのは,とある女子高生だ。シナリオは「学校とハサミに関する恐怖」というもので,簡単に言うと「口裂け女」の都市伝説がモチーフとなっている。ゲームシステムは,古典的なRPGやアドベンチャーゲームのものを踏襲しているので,最近のゲームに慣れていると何をすればいいのか迷う場面も多いが,基本的には,探索を重ねることでシナリオが進んでいく。

どうやら主人公の友人が,恐ろしい何者かの犠牲となったようだ。主人公は遺されたメモを頼りに,怪異へと挑む
画像(007)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた 画像(008)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

 デモ版では,入手可能なアイテムが限られており,スキルを持った仲間なども存在せず,一部は日本語化されていなかったりするので,プレイの自由度は高くない。しかし,このデモでも十分に伝わってくるものがある。“恐怖”だ。

画像(009)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
しょっぱなから出てくる不気味な女。新任の教師だと言うが,その正体は?
画像(010)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
謎の図形が主人公を惑わせる。クトゥルフ神話で五芒星と言えば……

主人公のグラフィックスはけっこう可愛い。これも伊藤潤二の作風っぽいと言えるかも
画像(011)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた 画像(012)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

襲い来る怪異!……を,主人公は野球用バットで殴り倒す
画像(013)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた 画像(014)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

画像(019)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
 ゲームは表現力の向上と引き換えに,「想像する余地」を失ってきたというのは,ゲームの表現論でしばしば語られるところ。筆者としては,表現力があるからこそかき立てられる想像もあるとは思うが,「ナナシノゲエム」や「青鬼」など,制限されたグラフィックスだからこそ成功したホラーゲームが散見されるのも事実。そして,恐怖の世界においては,いわゆる“1bit”テイストのグラフィックスが,うまくホラー要素を盛り上げていると感じられた。

 とくに顕著なのが,デモ版のボスにあたる「ハサミ女」だ。破損した画像ファイルのようなキャラクターが,まるで表示までバグったかのようにブレている様子には,独特のおぞましさを感じた。そして,「もし,これが実際に現れたら,どのように見えるのだろうか」と考えてみると,頭の中でおぞましさが増幅していく。

口裂けってレベルじゃないハサミ女。中山昌亮の漫画「不安の種」にも通じるところのある,異様な姿だ
画像(015)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

状態異常は「胃の中で何かが動いている」というものだったり,回復魔法は傷口を焼き潰すものだったりと,こういう要素もイヤ〜な想像を強めてくれる
画像(016)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

 ゲームをやめた後,不意に物陰や暗がりが怖くなってくる……そんなジットリとしたホラー体験をお好みの人には,ぜひ注目して欲しいタイトルだ。

筆者は,あるミスを犯してデッドエンドに……
画像(017)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた

ギャギャギャとドリフトするスポーツカー。伊藤潤二の作品やクトゥルフ神話の“終盤のはっちゃけ感”的なものが本作にもあるのだろうか
画像(018)[TGS 2018]伊藤潤二×クトゥルフ神話×都市伝説=「恐怖の世界」。モノクロCGで描かれるホラーADVを体験してみた
 なお,今回のデモでは武器とも言えないような装備で人型の怪異に立ち向かうものの,タイトル画面では豆腐屋の使っていそうなスポーツカーがドリフトをキメる姿と,その助手席から身を乗り出して拳銃で触手を撃つ女性を確認できる。もしかするとクライマックスには派手なバトルも用意されているのかもしれないので,それはそれで期待したい。


「恐怖の世界」公式Webサイト(英語)

「恐怖の世界」Steamストアページ


4Gamer「東京ゲームショウ2018」記事一覧

  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月29日〜09月30日
タイトル評価ランキング
93
68
60
VALORANT (PC)
58
LOST ARK (PC)
2020年03月〜2020年09月