パッケージ
恐怖の世界(World of Horror)公式サイトへ
  • Ysbryd Games
  • 発売日:2023/10/20
  • 価格:2300円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/06/08 12:00

連載

結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

画像集 No.006のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」
 ごきげんよう。タレントとして活動しております。です。

 実は最近ですね,「ホラーゲーム」にハマっているんですよ。
 何を隠そう私はホラゲ苦手人間。それは「青鬼」で気絶しそうになるほどビビってしまうほどです。
 そんな私がなぜホラゲにハマってるかって? 実はとあるキッカケがありまして……。

 先日お化け屋敷に誘われたんですよ。
 私は基本的にお友達が少ないので,イベントに誘ってもらえたことが嬉しくて即決しちゃう人間なのですが,それでもお化け屋敷だけは悩みます。でもお化け屋敷に行く機会なんて,大人になるにつれ減る一方だろうし……。

いっちょやってみっか!!!

 前日に「返校 Detention」PC / Nintendo Switch / iOS / Android)をプレイし,「び,びびってねーし! ホラーゲームだってプレイできるし!」という強い気持ちを作っていく徹底ぶりでいざお化け屋敷へ。しかしですね,そのお化け屋敷,私が想像してたものとはちょっと違ったんですよ。
 不意にお化けが出てきて追いかけてくるようなものかと思いきや,凶悪殺人鬼が潜む場所から逃げる……みたいなものでして。そこで私はハッと気付いたのです。
 「あれ? ホラーといってもオカルト寄り,ミステリー寄りのものなどいろいろあるわけで,イケるものもあるのでは?」と。

画像は「返校 Detention」。実写映画化もされた台湾のホラーゲームです
画像集 No.007のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」 画像集 No.008のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

 そこから,とりあえず「これはイケそうだ!」と思うものから手を出していくようになった私。

・未解決事件や猟奇殺人鬼のウィキペディア
・廃病院や事故物件などの心霊スポット動画

 このあたりはなんだか面白いなと思って,気がつけば片っ端から見漁っていました。以前こんな恐ろしいことがあった……という過去を辿り,想像を膨らませることが好きなのかもしれません。

 そんな私にぴったりすぎたのが「恐怖の世界」PC / PS4 / Switch)というゲームです。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

 本作は,1980年代の日本で起こる怪奇事件を調査し解決しつつ,邪神の目覚めによる世界の破滅を阻止するというゲームです。
 その事件というのが,例えば「屋敷に住む一家が忽然と姿を消した」とか「海を泳いでいると巨大なクラゲに襲われるという噂がある」とか,うわさ話のようなものながらしかし「何か奇妙なことが起こり始めているぞ?」と感じさせられるようなもので。日常のどこに異変が潜んでいるか分からないからこそ,探索は常にドキドキしっぱなしです。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

 こういった事件を5つ解決することが目的で,それぞれに数種類のエンディングがあります。救いのあるグッドエンディングを見るのはなかなか難しく,事件が解決したけれど犠牲者が出てしまうものや,謎が残るエンディングも……。たとえ真相を掴んだとしても,想像の余地が残されているようなエピソードが多く,この塩梅が非常に好みです。

あれ? そもそも私の好きなウィキペディア巡回や心霊スポット動画も,オカルト的な現象が日常の一部になっている昔の時代のものばかりだぞ?

 なるほど自分の好みがようやく分かってきました……。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

 本作は,ホラー漫画家の伊藤潤二さんや,クトゥルフ神話でおなじみH. P.ラブクラフトの作品にインスパイアされた作風が特徴的です。
 2008年ごろからネットで知り合った仲間とクトゥルフ神話TRPGを遊んでいた私にとって,ビジュアルやシステム的にもドンピシャでして。日本語版が発表されたときからリリースを楽しみにしていたのですが,今回ようやくプレイできました。

ステータスをあげると怪異をワンパンで倒せるほど強くなるのも予想外で面白かったです。主人公の方がよっぽど恐ろしいよ……
画像集 No.009のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第216回「ホラーが苦手でビビりな私が『恐怖の世界』を手にするまで」

 個人的には予告トレイラーが本編より怖いと思うんですよね。Steamでカートに入れようとするたびトレイラーが再生されてビビってました……。
 ほかにも間違い探し系ホラーなども沢山プレイしているので,そちらはまた次回に。


■■結(女優・タレント)■■
女優・タレントとして活動中。国内映画祭にて主演女優賞を多数受賞。幼少期からのゲーム好きが高じ,数多くのゲーム番組でMCを務め,イトキチ(糸吉)の愛称で親しまれている。

公式サイト:http://yui-monogatari.com/
公式Twitter:https://twitter.com/xxxjyururixxx
ニコニコチャンネル「結チャンネル」:http://ch.nicovideo.jp/yuichannel
YouTubeチャンネル「結ちゅーぶ!」:https://www.youtube.com/channel/UCNwmczTygyPzEnouz9tR_Fg/
  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • 関連タイトル:

    恐怖の世界(World of Horror)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月14日〜07月15日