オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ディビジョン2公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2018]4人チームで挑む「ディビジョン2」のプレイムービーを掲載。必殺のアンチマテリアルライフルが炸裂
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/12 06:30

ニュース

[E3 2018]4人チームで挑む「ディビジョン2」のプレイムービーを掲載。必殺のアンチマテリアルライフルが炸裂

 北米時間2018年6月10日,E3 2018の開催に先駆けて行われたUbisoft Entertainmentのメディア向けイベントで,「ディビジョン2」PC / PS4 / Xbox One)のデモ版に触れる機会を得た。デモ版の内容は,敵対勢力が支配するロケーションを,チームで協力して制圧するというもの。今回は,撮影したプレイムービーを以下に掲載しつつ,印象的だったポイントを紹介しよう。


 プレイを開始して,まず筆者が注目したポイントは“景観”だ。「ディビジョン」PC / PS4 / Xbox One)は真冬のニューヨークが舞台だったが,本作は前作から6か月後のワシントンDCが舞台となっている。そのため,景観に緑が加わり,前作とは雰囲気がまったく異なる。

ディビジョン2

 プレイヤーのアウトフィットには,1つ大きな要素が加わっている。今回のデモは偵察系装備のビルドを組まれたキャラクターでプレイしたのだが,従来からある「Primary weapon」「Secondary weapon」「Pistol」のほかに,「Signature」と呼ばれる装備枠が追加されていたのだ。
 今回のデモで背負っていたSignature武器は,アンチマテリアルライフル。威力が高い半面,弾は希少なので,ネームドの強敵などが出てきたときの隠し球といった感じだ。今回のプレイでは,貫通力を活かしてネームド敵と雑魚敵の2枚抜きに成功したのだが,その瞬間の気持ちよさは格別だった。

ディビジョン2

 ディビジョンといえば,武器のルートシステムも欠かせない要素の1つだ。敵を倒したり,ボックスを開けたりして入手した武器と,今装備している武器のステータスを念入りに比較して,装備のビルドをアップデートしていく。このハック&スラッシュな要素が,プレイヤーのモチベーションを支えてくれるわけだが,そういった根本にある面白さは本作にもしっかりと残されている。敵を倒したときに光の柱が立ちのぼると,やはりワクワクせずにはいられない。
 前作と同様に,ルート権は個別に設定されているので,無駄な争いも起こらないところも嬉しいポイントだ。あぁ……エキゾチック武器を求めてひたすらミッションを回す光景が目に浮かぶ。

 ディビジョンの現役プレイヤーであれば,ほかにも気付く部分はたくさんあるはずなので,細かい部分はムービーでチェックしてみてほしい。

ディビジョン2
ディビジョン2 ディビジョン2
ディビジョン2 ディビジョン2
ディビジョン2 ディビジョン2
ディビジョン2

「ディビジョン2」公式サイト

4GamerのE3 2018記事一覧

  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日