オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
実況パワフルプロ野球2018公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2018/04/26
  • 価格:通常版:7980円(税抜)
    デジタルデラックス版:9980円(税抜)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
30
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/17 16:14

イベント

e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート

 KONAMIと日本野球機構(NPB)が共同で開催する「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」(以下,パワプロ・プロリーグ)のeリーグ代表決定戦が,2018年12月16日に東京のコナミホールにて行われた。

画像(015)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート

 PlayStation 4版「実況パワフルプロ野球2018」を競技タイトルとした「パワプロ」シリーズ初のeスポーツプロリーグとして発足し,これまでプロテストeドラフト会議eペナントレースと,実際のプロ野球さながらのプロセスで進められてきたパワプロ・プロリーグ。この日行われたeリーグ代表決定戦は,2019年1月12日に開催されるe日本シリーズへの出場権を懸けた,セ・パ両リーグのファイナルステージだ。
 両リーグのeペナントレースで3位以上の成績を残した6チームによる熱戦が繰り広げられた,eリーグ代表決定戦の模様をレポートしよう。

画像(014)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート

パワプロ・プロリーグ2018公式サイト


 パ・リーグを制覇した埼玉西武ライオンズ,セ・リーグ覇者の横浜DeNAベイスターズそれぞれへの挑戦権を懸けて各リーグの2位と3位が戦う,ファーストステージが行われた。
 パ・リーグは2位の福岡ソフトバンクホークスと3位の北海道日本ハムファイターズが,セ・リーグは2位の広島東洋カープと3位の読売ジャイアンツが激突。パ・リーグは,序盤の長打攻勢や6回裏の中押し,7〜9イニングの完封と,チーム全員が持ち味を出したソフトバンクが8-4で勝利した。セ・リーグは,ゲレーロやマギー,そして絶好調の長野による1発攻勢で11得点を荒稼ぎ。投げては菅野とアダムスを完璧に使いこなしてわずか1失点に抑えた巨人が快勝し,それぞれファイナルステージへと駒を進めた。

画像(001)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
eペナントレースとは異なり,3選手が3イニングずつを担当するリレー形式で勝敗を決する形で進行
画像(002)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
上位チームは実際のプロ野球のクライマックスシリーズと同様に,引き分けか1勝で勝利といったアドバンテージが与えられていた
画像(004)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
実況・解説にはプロ野球OBも参加。野村弘樹氏(写真中央左)と森本稀哲氏(写真中央右)はパ・リーグファーストステージを担当
画像(005)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
セ・リーグのファーストステージには,森本氏に引き続き,駒田徳広氏(左から2番目)が解説として参加した
より多くの打席が回ってくるように,1,2番に強打者を置くオーダーを採用するチームが多いのもeBASEBALLならではの特徴か
画像(003)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート

ファイナルステージからは黒木知宏氏(写真中央左),江尻慎太郎氏(写真中央右)が解説を務めた
画像(006)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
 パ・リーグ代表を決定するファイナルステージの西武vs.ソフトバンクは,ペナントレースを驚異の得点力を武器に全チーム勝ち越しで優勝した西武優位で進むと思いきや,先に試合のペースを握ったのはソフトバンクだった。先鋒のさんらいく選手が1回表に柳田のホームランで先制,2回には追加点を挙げて1点リードの形にすると,3回は得点の動きがない投手戦に。2人目のtell選手(ソフトバンク)とBOW川選手(西武)に変わった4回以降もその流れは続き,勝負の行方はエースプレイヤー同士の対決となる7〜9回での攻防へと持ち越される。
 自慢の攻撃力を封じられ劣勢に見えていた西武だったが,7回裏,ペナントレースで圧倒的な打撃成績を残したなたでここ選手がバッティングに移ると,その均衡は一瞬で崩れる。この日最初のスイングで,ケーバック選手が投げた甘めの球をホームランで仕留めて同点。引き分けで勝利という成績上位チームのアドバンテージにより,実質的な逆転を果たした。
 その後,本人が「課題です」と口にしてきたピッチングでもソフトバンクを圧倒。最終回には打者心理を読み切った2者連続三振でゲームを締めくくり,2戦目にもつれることなく西武が日本シリーズへの進出権を獲得。チーム全員の好守と投球術によって,ペナントレースとリーグ代表決定戦の両方を圧倒的な形で制覇した。

画像(007)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
画像(008)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
この日最初の打席,最初のスイングで勝負を決める一打を放った西武のなたでここ選手
画像(009)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
優勝したライオンズの選手3名。左からなたでここ選手,ミリオン選手,BOW川選手

 セ・リーグ ファイナルステージの巨人vs.DeNAも,1回の表裏は0-0とこちらも静かな立ち上がりとなった。しかし巨人はエース菅野のコンディション不調がたたってか,2回と3回に失点を重ねてしまう。
 一方のベイスターズは,巨人キラーの特殊能力を持ち,しかも好調状態にあるピッチャー東の能力をフル活用。1番手のヒデナガトモ選手,2番手のじゃむ〜選手ともに凡打の山を築いて試合のペースを握ると,5回裏にはじゃむ〜選手がゴロで中押し点を上乗せした。解説を務めた黒木知宏氏江尻慎太郎氏という2人の元プロ野球選手を「点の取り方を知っている」とうならせるほどのゴロでの得点により,4-0のスコアで試合の折り返しを迎えた。

 反撃に出たい巨人は6回表,代打岡本のソロホームランで初得点を挙げるも直後の6回裏にソロホームランを被弾。続く7回裏,8回裏には連打で3点ずつを失い万事休す。最終回に2点を返すものの,序盤は長打狙いで先制,リードを取ってからは走塁をからめた攻めや詰まった当たりの渋いヒットで点を取りにくるという,盤石な試合運びを見せたDeNAを脅かすには至らず,11-3でDeNAが勝利。両リーグ共にペナント優勝チームが日本シリーズへと進む結果となった。

画像(010)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
画像(011)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
巨人キラーの特殊能力持ちの筒香,絶好調のソトを並べて必ずどちらかとは勝負させる形を作るなど,采配面でもクレバーさが感じられたDeNA
画像(012)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
優勝したDeNAの3選手。左からヒデナガトモ選手,じゃむ〜選手,AO選手

チーム代表コメント(公式プレスリリースより)

横浜DeNAベイスターズ キャプテン じゃむ〜選手
 3人全員が良いプレーをすることができ,理想的な試合運びになりました。ライオンズは非常に攻撃力がありますが,今日と同じような試合展開にすることができれば,勝てるはずです。ファンの皆様が望んでいる日本一を成し遂げ,ベイスターズにとって2019年の良いスタートを切れたらと思います。

埼玉西武ライオンズ キャプテン BOW川選手
 (今日の試合を振り返って)1位のアドバンテージを最大限活かして,気負わずに戦うことが出来ました。結果は引き分けでしたが,e日本シリーズに進出することが目標でしたので,チームにとっては価値のある試合でした。(e日本シリーズに向けて)ベイスターズが投打ともに仕上がっているので,もう1段階,2段階レベルアップして臨みたいと思います。

大会終了後にはe日本シリーズの攻撃順とDHの有無を決定するくじ引きも行なわれた。攻撃順の決定権を得た西武は後攻を選択。DH制はDeNAの希望により「あり」となった
画像(013)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート
 2018年の全日程が終了し,残りはいよいよ2019年1月12日に開催されるe日本シリーズのみとなった。
 今回のリーグ代表決定戦に限らず,ペナントレースの各試合はパワプロプロリーグの公式サイトにて視聴が可能だ。これまで追ってきたという人はもちろん,本記事で「パワプロ」のトップレベルの戦いに興味を持った人も,初年度の頂点を競うe日本シリーズ開催を前に,特設サイトをチェックしてみてほしい。

画像(016)e日本シリーズ進出を懸け,セ・パ両リーグの強豪達が激突。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のeリーグ代表決定戦をレポート

(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment

プレイヤーズファイル

ついに本日開幕!「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のプレイヤーズファイルを掲載。12球団36名の選手と試合日程はここでチェック

ついに本日開幕!「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」のプレイヤーズファイルを掲載。12球団36名の選手と試合日程はここでチェック

 KONAMIとNPBが共同で開催する「実況パワフルプロ野球」のeスポーツプロリーグ,「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」がいよいよ開幕する。野球観戦のお供「プレイヤーズファイル」を用意したので,12チーム36名の選手試合日程をここでチェックしよう。

[2018/11/10 00:00]

「パワプロ・プロリーグ2018 eリーグ代表決定戦」配信ページ(OPENREC.tv)

パワプロ・プロリーグ2018公式サイト

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2018

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月