オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
NEXON KoreaとWonder Holdingsが合弁会社を設立。新設される2社は「マビノギモバイル」と「KartRider: Drift」の開発に集中
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/06/23 13:18

ニュース

NEXON KoreaとWonder Holdingsが合弁会社を設立。新設される2社は「マビノギモバイル」と「KartRider: Drift」の開発に集中

 ネクソンは本日(2020年6月23日),連結子会社であるNEXON Koreaと,韓国のWonder Holdings合弁会社を2社設立すると発表した。

画像(001)NEXON KoreaとWonder Holdingsが合弁会社を設立。新設される2社は「マビノギモバイル」と「KartRider: Drift」の開発に集中

 出資は50%ずつで,各合弁会社では「マビノギモバイル」iOS / Android)と「KartRider: Drift」PC / Xbox One)の開発を行っていくとのこと。

 CEOは,「マビノギ」シリーズを手掛けたキム・ドンゴン氏と,「KartRider」開発部門のパク・フン氏が就任する予定で,Wonder Holdingsの代表取締役であるホ・ミン氏が,両プロジェクトのエグゼクティブプロデューサーに任命されている。

「KartRider: Drift」公式サイト



ネクソングループ、ワンダーホールディングスと
ゲーム開発の合弁会社を2社設立

ネクソンコリアのキム・ドンゴン及びパク・フンが各合弁会社のCEOに就任
ワンダーホールディングスのホ・ミン氏をエグゼクティブプロデューサーに任命
『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』の開発に集中

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、連結子会社であるNEXON Korea Corporation(所在地:韓国京畿道城南市、代表取締役:李政憲/イ・ジョンホン、以下 ネクソンコリア)が、Wonder Holdings Co., Ltd.(所在地:韓国ソウル特別市、代表取締役:許民/ホ・ミン、以下 ワンダーホールディングス)と共に、それぞれ50%ずつの出資のもと合弁会社2社を設立することをお知らせいたします。各合弁会社では、『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』の開発を行って参ります。

『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』の成功を通じて、韓国のゲーム業界をリードする開発スタジオになることを目標に2つの合弁会社を設立します。ネクソンの開発スタジオが持つ独自の開発力とワンダーホールディングスのトップクラスの人材を組み合わせることで、世界的に愛されるネクソンのIPをこれまで以上に成長させて参ります。

『マビノギ』シリーズを手掛けたdevCAT Studioのエグゼクティブプロデューサーであるキム・ドンゴン及び『カートライダー』開発部門のエグゼクティブディレクターであるパク・フンが、各合弁会社のCEOに就任予定です。ワンダーホールディングスの代表取締役であるホ・ミン氏は、両プロジェクトのエグゼクティブプロデューサーに任命されました。
これに伴い、ネクソンコリアの『マビノギモバイル』及び『カートライダー』シリーズの開発部門は、新しく設立する合弁会社に移籍し、独立した環境で『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』の開発及びローンチの成功に注力して参ります。

ネクソンコリア及びワンダーホールディングスは、絶えず挑戦の機会を提供することで、創造性及び多様性を追求する開発文化を形成し、互いの開発力及び事業のノウハウを融合することで、最大限にシナジーを創出していく所存です。

2019年9月にネクソンコリア及びワンダーホールディングスが戦略的パートナーシップを締結して以降、ホ・ミン氏は新規ゲーム開発戦略におけるアドバイザーとしてネクソンの韓国におけるゲーム開発に携わってきました。そこから両社の関係が更に発展した結果、ホ・ミン氏の関与による直接的な成果を得るため、新しい組織体制を構築することといたしました。

ネクソンコリアの代表取締役であるイ・ジョンホンは、次のよう述べています。
「ホ・ミン氏と開発戦略に関する議論を重ね、この度合弁会社設立に至りました。最適な開発環境を構築し、『マビノギモバイル』、そして『KartRider:Drift』を世界中のプレイヤーに楽しんでいただけるゲームにしていくことをとても楽しみにしています。」

また、ワンダーホールディングスのホ・ミン氏は次のように述べています。
「ネクソンのアドバイザーとして従事する中で、『マビノギモバイル』及び『KartRider: Drift』に大きな可能性を感じました。これらの開発プロジェクトに直接携われることを大変嬉しく思います。2つの新作タイトルを成功させ、合弁会社が成長できるよう最善を尽くして参ります。」

『マビノギモバイル』は、2004年に配信を開始した、韓国の国民的人気PCオンラインゲーム『マビノギ』をベースとしたモバイルゲームです。キャンプファイヤー、多種多様なプレイヤーコミュニティのサポート及び音楽演奏など、原作に基づくファンタジー・ライフ体験を提供します。2018年に開催されたG-Starで初披露し、高い評価を得ました。『マビノギモバイル』は、2021年に配信開始予定です。

『KartRider: Drift』は、世界で3憶8千万人ものプレイヤーを有し、配信から16年が経過するカジュアルPCオンラインレーシングゲーム『カートライダー』をベースとする新作ゲームです。コンソールやPCを含む様々なプラットフォームで楽しめるクロスプレイ対応で、躍動感がある深いレーシング体験を提供します。

新組織のCEOとなるキム・ドンゴンは、2000年にネクソンに入社し、『マビノギ』及び『マビノギ英雄伝』などの『マビノギ』シリーズの開発を通じて、韓国のゲーム業界の成長をリードしてきました。また、現在はネクソンのdevCAT Studioのチーフプロデューサーとして『マビノギモバイル』の開発を行っています。

また、パク・フンは、2003年にネクソンに入社して以降『カートライダー』や『メイプルストーリー』などの主要タイトルのデータ分析及びライブ開発を率いてきました。2018年以降は『カートライダー』開発部門の統括を行っています。

ホ・ミン氏は、2001年にネクソンの連結子会社であるNEOPLE INC.(以下、 ネオプル)を設立し、グローバルヒット作『アラド戦記』の開発に従事しました。ネクソンへネオプルを売却した後、ワンダーホールディングスを設立し、WEMAKEPRICEを通して韓国eコマース市場の土台を築きました。これまで手掛けたゲーム開発から得た豊かな経験と深い洞察力、そしてA Storm及びWonder Peopleのゼネラルプロデューサーとしてゲーム開発を率いるなど、強いリーダーシップ力も備えています。
  • 関連タイトル:

    マビノギモバイル

  • 関連タイトル:

    マビノギモバイル

  • 関連タイトル:

    KartRider: Drift

  • 関連タイトル:

    KartRider: Drift

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
72
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
63
VALORANT (PC)
2020年01月〜2020年07月