オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Return of the Obra Dinn公式サイトへ
  • 発売日:2018/10/19
  • 価格:2050円
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Papers, Please」を生んだルーカス・ポープ氏の新作アドベンチャー「Return of the Obra Dinn」は今秋中にリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/18 17:28

ニュース

「Papers, Please」を生んだルーカス・ポープ氏の新作アドベンチャー「Return of the Obra Dinn」は今秋中にリリース

 「Papers, Please」が高い評価を得た日本在住のゲーム開発者ルーカス・ポープ(Lucas Pope)氏の手掛ける新作ミステリーアドベンチャー「Return of the Obra Dinn」PC / Mac)の,最新トレイラーSteamストアページが公開された。これにより,日本語に対応したうえで本作が今秋中にリリースされることが明らかになった。

Return of the Obra Dinn Return of the Obra Dinn
Return of the Obra Dinn Return of the Obra Dinn

 2016年のアナウンスと同時にα版が無料デモとしてリリースされていた「Return of the Obra Dinn」は,1803年に行方不明となった東インド会社所有の貨物船“オブラ・ディン号”を舞台とする一人称視点のアドベンチャーゲーム。ストーリーは1807年,無人のまま幽霊船として海を漂っていた同船へと,保険会社の調査員の主人公が潜入していくところからスタートする。

 主人公は時間を巻き戻せる懐中時計のようなデバイスを手にしており,白骨化した遺体や重要なイベントが起こった場所の近くに行くと,事件発生時の状況が見えたり,当時の会話が聞こえたりする。プレイヤーは,それをもとに乗組員や客員たち数十人の過去を,乗船名簿をチェックしながら調べ上げていくことになる。

 ディザリングによって擬似的に中間色を表現したモノクロな色調が印象的な本作。このグラフィックスを用いることで,静止画だと3D描画であることが分からないような,非常にユニークな雰囲気が作り出されている。

 Steamのストアページによると,「Return of the Obra Dinn」の字幕とインタフェースは日本語化されて発売される予定とのこと。そのパブリッシャは3909 LLCと記載されているが,こちらはポープ氏自身が自身のブランドを管理する目的で設立したレーベルと思われる。ストーリーやBGMがしっかりと作り込まれている様子なので,発売を楽しみに待とう。

「Return of the Obra Dinn」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Return of the Obra Dinn

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月19日〜03月20日