オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
エースコンバット7 スカイズ・アンノウン公式サイトへ
読者の評価
71
投稿数:21
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2018]「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」スペシャルステージをレポート。「コレクターズエディション」のブックレットには,片渕須直氏による4本の短編小説を収録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/23 22:34

イベント

[TGS 2018]「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」スペシャルステージをレポート。「コレクターズエディション」のブックレットには,片渕須直氏による4本の短編小説を収録

バンダイナムコエンターテインメントは,2019年1月17日の発売を予定しているフライトシューティング「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」のスペシャルステージを,東京ゲームショウ 2018の最終日にあたる2018年9月23日,会場内の同社ブースで実施した。

「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」
公式サイト


 人気フライトシューティング「エースコンバット」シリーズの,実に12年ぶりのナンバリングタイトルとなる本作。PlayStation 4版にシリーズ初のVRモードが搭載されるなど,話題を集めている。ステージでは,本作の限定版となるPlayStation 4向け「コレクターズエディション」に付属される特典内容の詳細などが明かされた。

 ステージにはまず,本作のブランドディレクターを務める河野一聡氏,プロデューサーの下元 学氏,脚本を担当した片渕須直氏が登壇した。

「ACE COMBAT 04」からシリーズの脚本を担当している片渕須直氏。2016年に公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」の監督を務め,高い評価を受けている
「エースコンバット」シリーズのブランドディレクター,河野一聡氏
「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」プロデューサーの下元 学氏

 まずはゲーム内容の紹介ということで,ストーリートレイラーの日本語音声版が上映。それに続き,本作に登場するキャラクター,エイブリル・ミード役の声優,ゆきのさつきさん,ローザ・コゼット・ド・エルーゼ役の潘 めぐみさんがステージに招かれた。


 トレイラーで流れる音楽については,ゲストとして作曲を担当した小林啓樹氏が登壇。音楽についてはギリギリまでクオリティアップが図られたようで,打ち合わせは先月まで続いていたという。

作曲家の小林啓樹氏

 ゆきのさんは,今回の「大人の強い女性」という配役が意外だったようで,役作りにかなり苦労したという。片渕氏はその言葉を受けて,「『冒頭は1人語りで始まる』と決まっていたのですが。まずエイプリルのストーリーから書き始め,その頃から声のイメージは固まっていたんです」と,キャスティング理由を語った。

 続く潘さんは「ゲームは個別での収録が多いのですが,今回は最初,ほかの人と一緒に収録できたので,掛け合いで見えてくるものも多かったです」と,収録時のエピソードを話した。

 河野氏は本作の脚本について,(片渕氏の多忙を考慮して)もともと別の人に依頼する予定だったことを明かした。そこで片渕氏に「脚本家の紹介」を頼んだところ,最終的に本人の意向で片渕氏が引き受けることになったという。やはり片渕氏も本シリーズの物語に思い入れがあるのだろう。


 トークに続いては,実機のデモプレイをもとにゲーム内容を解説するコーナーが始まった。ミッションは,F-35Cを駆って味方部隊の撤退を助けるというもので,東京ゲームショウ2018に出展された試遊版と同じ内容になる。

 下元氏は,本作のテーマを「空の革新」だと語り「過去シリーズでの空は何もない空間だったのですが,今回は,空の感触を感じられるようになっています」とアピールした。

 一貫して戦闘機同士(あるいは地上兵器)との戦いが描かれてきた「エースコンバット」シリーズだが,では雷や雲といった気象現象も戦いを左右するポイントになっているのかもしれない。

ステージでのプレイでは,機体が雷に打たれて計器類が乱れるシーンを見られた

 最後に,通常版と同時発売の「コレクターズエディション」に付属する特典の1つとなるブックレット「ACES at WAR A HISTORY 2019」の収録内容が発表された。

 ブックレットは全148ページのフルカラー仕様で「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」を含む,「エースコンバット04 シャッタードスカイ」から本作までの世界観の解説が掲載されているほか,コンセプトアーティスト幸田和麿氏による描きおろしイラスト,関係者による対談,片渕氏による4本の短編小説が収録される予定だ。
 短編小説にはシリーズに登場したキャラクターの後日談や前日譚など,ゲームで描かれなかった物語を知ることができるという。

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン エースコンバット7 スカイズ・アンノウン
エースコンバット7 スカイズ・アンノウン エースコンバット7 スカイズ・アンノウン
エースコンバット7 スカイズ・アンノウン エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

 さらに,ブックレットには収録されないものの,エイブリル向けに書き起こしたシナリオを後日,公式サイトで公開する予定もあるという。ただし,この内容には本編のネタバレも含まれているため,ゲームをプレイしたあとに読んだほうが良いとのこと。

 以上でステージは終了。本作から新たに搭載されるVRモードについては,9月20日に掲載した記事インタビューで詳しく確認できるので,ぜひチェックしてほしい。

4Gamer「東京ゲームショウ2018」特設サイト

  • 関連タイトル:

    エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

  • 関連タイトル:

    エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

  • 関連タイトル:

    エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日