オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Pokémon GO公式サイトへ
読者の評価
52
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
Pokémon GO
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/01 22:41

イベント

「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 宮城県は2019年9月30日,「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」を,東京都内で開催した。
 この発表会では,既報のとおり10月から展開する,宮城県とみやぎ応援ポケモン「ラプラス」との観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」の概要が明かされた。

画像(001)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 発表会の主催者を代表して登壇した宮城県知事 村井嘉浩氏は,宮城県が平成29年よりターゲット層を明確化した観光キャンペーンを行っていることを紹介。それによると,令和元年度は「親子三世代・ファミリー層」をターゲットにし,この10月から2020年3月にかけてラプラスをPRキャラクターとして起用したとのことである。
 なお5月から9月は「サザエさん一家」がPRキャラクターを務めていたが,PR動画の再生数は過去最高を記録するなど,好調だったそうだ。

村井嘉浩氏
画像(002)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 続いて村井氏は,今回の宮城県とラプラスとの取り組みの発端が,2016年11月に行われた「ポケモンGO」のインゲームイベントにあることを紹介した。そのイベントは,宮城県,福島県,岩手県の沿岸部でラプラスに出会いやすくなるという内容で,期間中の石巻市には約10万人が訪れ,約20億円の経済効果があったという。また関連イベント「Explore Miyagi」には約1万人が来場したそうだ。
 そうした縁で,今回も東日本大震災の復興支援の観点から,ポケモンの全面協力を得て今回の取り組みが実現したとのこと。
 ポケモン COO 宇都宮祟人氏は「引き続きラプラスとともに宮城県を盛り上げていきたい」と意気込みを見せていた。

宇都宮祟人氏
画像(003)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

村井氏の「ラプラス,キミに決めた!」の掛け声のもと,ラプラスが登場
画像(004)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート
画像(005)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 村井氏によると,「ラプラス プラス 宮城巡り」というキャンペーンタイトルには,のりものポケモンであるラプラスとともに宮城巡りを楽しんでほしいという願いが込められているとのこと。そのためロゴは“巡”のしんにょうをラプラスに見立て,ターゲットである親子三世代・ファミリー層がその上に乗って旅している様子をデザインしている。

画像(006)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 またPR動画はDJラプラスが村井氏や宮城県の観光PRキャラクター「むすび丸」,キッズラッパーとともに,ビートに乗せて宮城の魅力を伝えるという内容。宇都宮氏が「MC村井が見どころになっていて,楽しませてもらいました」と感想を述べると,村井氏は「恥ずかしい」と照れていた。


 今回の取り組みでは,宮城の秋冬の魅力を紹介するガイドブックも配布される。それには,ラプラスとの特別企画の情報も掲載されているとのことだ。配布場所は宮城県観光関連施設や,JR東日本およびJR北海道の主要駅で,なくなり次第終了となる。

画像(007)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 また宮城県内沿岸部の15市町に,「ポケふた」(関連記事)の「ラプラスマンホール」が設置される。これはマンホールの蓋にそれぞれ異なるオリジナルデザインのラプラスを描いたもので,企画,デザイン,制作のすべてをポケモンの負担で行ったとのこと。宇都宮氏は,「東日本大震災で甚大な被害を被った宮城県沿岸部市町の1日でも早い復興を願い,世界に1つだけのデザインのラプラス15種類を描き下ろしました」と説明した。

画像(008)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

会場では,仙台市に設置されるポケふたが披露された。宇都宮氏いわく,「イチ押しのデザイン」とのこと
画像(009)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 さらに宮城県内の全スキー場には,ラプラスデザインのスノーチュービングが設置される。村井氏によると,今回のためだけに用意された世界初の企画とのことで,「ぜひ県内のスキー場に足を運んでください」とアピールしていた。

画像(010)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート
 
 宮城県内では,ラプラスと県内特産品がコラボレーションしたさまざまなグッズを販売している。これらコラボグッズは,基本的には宮城県内でしか購入できないが,都内の宮城県アンテナショップでの取り扱いも調整している最中だという。

画像(011)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

会場には,コラボグッズの一部が展示されていた
画像(012)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 上記のポケふたやスキー場などを周遊する企画として,11月1日から2020年2月28日の期間,宮城県内を巡るスタンプラリーも実施。スタンプには,ポケふたと同じデザインのものをあるという。
 そしてスタンプの獲得個数に応じて,宮城県特産品やラプラスのオリジナルグッズなどが抽選でプレゼントされる。今回のためだけに制作されたグッズもあるそうだ。

 加えて「ポケモンGO」との連動企画も実施され,10月19日から11月4日にかけて宮城県全域でラプラスに出会いやすくなる。また初日の10月19日には,気仙沼市内にてオープニングイベントを実施するとのこと。このイベントでは,東日本大震災で被災した子ども達を支援する活動「POKEMON with YOU」のワークショップや,地元グルメを楽しむコーナーなどもあるという。

 トレッキングコンテンツ「宮城オルレ」とのコラボも実施する。日時は未定だが,ラブラスが参加者をもてなしたり,コラボ缶バッジをプレゼントしたりする内容とのこと。

画像(013)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート

 なお宮城県では,2020年における観光の目標として観光客数7000万人,宿泊客数1000万人,外国人観光客数50万人,観光消費額4000億円を掲げているとのことで,村井氏は「今回の観光キャンペーンにより,目標に1歩でも近づきたい」と意気込みを見せていた。

画像(014)「ポケモンGO」でラプラスと出会いやすくなる連動企画も明かされた「宮城県×ポケモン『ラプラス』共同観光キャンペーン記者発表会」をレポート


「Pokémon GO」公式サイト

「Pokémon GO」ダウンロードページ

「Pokémon GO」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    Pokémon GO

  • 関連タイトル:

    Pokémon GO

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月