オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,デュアルFijiカード「Radeon Pro Duo」の詳細を公開。国内でのカード単体販売はなし
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/26 22:00

ニュース

AMD,デュアルFijiカード「Radeon Pro Duo」の詳細を公開。国内でのカード単体販売はなし

Radeon R9 Fury
 2016年4月26日22:00,AMDは,Fiji世代のGPUを2基搭載するデュアルGPUカード「Radeon Pro Duo」の詳細や性能に関する情報を公表した。Radeon Pro Duoは,GDC 2016に合わせてAMDが概要を発表していたもので,今回,そのスペックが明らかになったというわけだ。
 だが,日本のRadeonファンにはとても残念なことに,日本市場においては,Radeon Pro Duoの単体販売は予定がないとのことで,同日にProject Whiteが発売した仮想現実(VR)コンテンツ開発向けデスクトップPC(関連記事)というシステムでの販売だけが行われるとのことだ。
 AMDによる資料をもとに,Radeon Pro Duoの詳細を確認してみよう。

Radeon Pro Duoの主な特徴を示したスライド。HBM1オンパッケージのGPUを2基搭載し,外部出力インタフェースはDisplayPort×3+HDMI×1。消費電力は堂々の350W(!)だ。詳細は続く段落で
Radeon R9 Fury


Radeon R9 Nano×2のスペックと消費電力


 まずは,Radeon Pro Duoのスペックから見ていこう。
 本製品は,演算ユニットである「Compute Unit」にして64基,総シェーダプロセッサ数4096基,オンパッケージのHBM1(High Bandwidth Memory 1)によるグラフィックスメモリ容量は4GBという,FijiコアのGPUを2基搭載する製品だ。GPUコアの最大動作クロックは1000MHz,メモリクロックも1000MHzなので,GPUコア1基あたりの仕様は「Radeon R9 Nano」(以下,R9 Nano)と同じという理解でいいだろう。カード全体のTDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)は350Wで,これはR9 Nanoのちょうど2倍だ。

Radeon Pro Duoの主なスペック
Radeon R9 Fury

 は,Radeon Pro Duoのスペックを,R9 Nano,そして既存のデュアルGPUカード「Radeon R9 295X」(以下,R9 295X)および競合製品である「GeForce GTX TITAN Z」,シングルGPUカード「GeForce GTX TITAN X」(以下,GTX TITAN X)と比較したものだが,16.38 TFLOPSという単精度浮動小数点演算性能は圧巻であり,AMDはこの値を基に,Radeon Pro Duoを史上最速のグラフィックスカードと呼んでいる。


 カード自体の全長は268〜270mmで,厚みは2スロット分。これに,「Radeon R9 Fury」と同じように,120mm径の空冷ファン付きラジエータが“生えて”いる簡易液冷ユニットを組み合わせてある。

カードの表側はニッケル合金製の外装で覆われており,LEDを埋め込んで光るRadeonのロゴや,デュアルBIOSの切り替えスイッチなどを備える
Radeon R9 Fury

外装を外した状態。搭載する簡易液冷ユニットはCooler Master Technology製だ
Radeon R9 Fury

 ビデオ出力インタフェースは,DisplayPort 1.2×3とHDMI 1.4×1という仕様になっている。FijiがHDMI 2.0には対応していないので,4K解像度の60Hzで出力するには,DisplayPortを使うしかない。

 なお,PCI Express補助電源コネクタは,8ピン×3という極めて珍しい仕様となっている。この8ピン×3仕様は,「Radeon R9 290X」を2基搭載したASUSTeK Computerの「ARESIII-8GD5」といった特殊なカードでの採用実績はあるものの,リファレンスデザインで8ピン×3を採用したものは,Radeon Pro Duoがおそらく初めてではないだろうか。

Radeon Pro Duoのカード表面。Fijiチップ2基が,PLX Technology(現Avago Technologies)製PCI Expressスイッチを挟んだ,デュアルGPUカードでお馴染みの基板デザインだが,メモリチップがGPUパッケージ上に載っているため,従来のデュアルGPUカードのように,大量のメモリチップが基板を覆うような見た目にはなっていない
Radeon R9 Fury


ゲームにおいてもGTX TITAN Xの1.5倍も速いとアピール


 GDC 2016での発表でAMDは,「Radeon Pro DuoはVRコンテンツ制作用である」と強調していた。今回もAMDは,Radeon Pro Duoを「LiquidVR SDK対応GPU」であると謳っており,その点はいささかもぶれていない。
 ただ,ゲーマーとして気になるのは,Radeon Pro Duoでゲームを動かしたらどれくらいの性能が出るのかだろう。そして今回,AMDは,いくつかのゲームを使ったベンチマークスコアを公開して,性能の一端を明らかにした。

 AMDによると,Radeon Pro DuoはGTX TITAN Xの1.5倍,R9 295X2の1.3倍も高速とのこと。とくに4K解像度でゲームを実行した場合のグラフを見ると,GTX TITAN Xと比べて20〜60%ほど高いフレームレートを実現しているようだ。

Radeon Pro Duoは,GTX TITAN Xの1.5倍,R9 295X2の1.3倍速いと主張するスライド
Radeon R9 Fury

Radeon Pro DuoとGTX TITAN XおよびR9 295Xで,ゲームにおけるフレームレートを比較したグラフ
Radeon R9 Fury

 また,DirectX 12対応ゲーム「Ashes of the Singularity」を4K解像度で比較した場合,GTX TITAN Xの2-way SLI構成よりも,Radeon Pro Duoのほうが20%ほど高いフレームレートを実現できる。

4K解像度のAshes of the Singularityで,Radeon Pro DuoとGTX TITAN XおよびR9 295Xのゲームにおけるフレームレートを比較したグラフ
Radeon R9 Fury

 VRコンテンツ制作において重要な,VR対応ヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)での性能をアピールするテスト結果も公表されている。それによると,Valveが公開したVR対応3Dベンチマークソフト「SteamVR Performance Test」では,GeForce GTX 980 Ti」よりも若干だが高いスコアを記録したとのことだ。

SteamVR Performance Testでのスコア比較グラフ。Radeon Pro Duoは5製品の中では最高のスコアとなっているが,デュアルFijiカードであることを考えると,もう少し高いスコアに届いてほしい気もする
Radeon R9 Fury

 AMDではそのほかにも,レイトレーシングエンジン「FireRender」に対応するAutodeskのCG制作ソフト「3ds Max」での処理性能が,Intelの「Core i7-5960X Extreme Edition」(以下,i7-5960X)と比較して15倍高速であるなど,コンテンツ制作用途における性能の高さもアピールしている。

3ds Maxでの性能比較グラフ。Radeon Pro Duoはi7-5960Xと比べて,15倍も高速であるという。また,シングルGPU時とデュアルGPU時を比べても,1.73倍の性能向上を実現しているとのことだ
Radeon R9 Fury

こちらは,Blackmagic Designのノンリニアビデオ編集システム「DaVinci Resolve 12」で,Radeon Pro DuoのシングルGPU時とデュアルGPU時の処理性能を比較したグラフ。デュアルGPU時は2倍の性能向上を実現したとしている
Radeon R9 Fury

 AMDが公表した性能を見る限りでは,VRコンテンツ制作のみならず,ゲーム用途に使っても面白い製品ではないかと思えるRadeon Pro Duo。ただ,繰り返しになるが,現時点では日本市場でのカード単体販売の予定はない。どうしても欲しいという場合は,BTO標準構成価格で43万円強というProject WhiteのデスクトップPCを買うしか選択肢がない状況だ。
 一般のゲーマーは次世代GPUである「Polaris」(開発コードネーム)を待つだろうという判断が働いたのかもしれないが,「史上最速のグラフィックスカード」を単体で購入する機会がないというのは,やはりちょっと残念である。

Radeon Pro Duo 製品情報ページ(英語)


  • 関連タイトル:

    Radeon R9 Fury

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日