※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/01/21 12:00

連載

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる


今週のテーマ:これをプレイしていなければFPSファンとはいえない

 1998年のヒット作「Half-Life」の続編として制作され,今から12年前の2004年にValveからリリースされた「Half-Life 2」は,未完の大作FPSだ。Valveの発表によれば,2004年12月の段階で約650万本のセールスを記録しているが,これには「Steam」での発売分は含まれておらず,実売本数はさらに増えるはず。
 さらに,2011年にはセールスが1200万本を超えたという報道もあり,これにはコンシューマ機版も含まれるようだが,いずれにせよ,大ヒットしたタイトルであることに間違いはない。

ゲームのオープニングに登場するのは,謎の男G-Man。こんなに大写しにしなくても……
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

Steam「Half-Life 2」紹介ページ


 というわけで,今週の「東京レトロゲームショウ2016」は,そんな「Half-Life 2」を紹介したいと思う。大ヒットタイトルだけにプレイした読者も多そうだが,12年前はまだ子供だったのでよく知らない,という人も少なくなさそうな気もするので,ぜひチェックしてほしい。

「Half-Life」シリーズに欠かせない武器,それがバール。正直,前作でも本作でも,それほど印象的な武器ではないような気がするが,なんでそういうことになったんスかね?
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 本作の主人公は前作に引き続き,無口な,というかまったくしゃべらない素粒子物理学者ゴードン・フリーマンが担当している。前作のブラック・メサ研究所で起きた大事件から約15年,地球は異世界「Xen」(ゼン)から来襲した謎の勢力「コンバイン」によって完全に支配され,人類の一部が彼らと結託して傀儡政権を樹立し,恐怖政治を行っている。
 多くの人間が改造され,コンバインの兵士になったり奴隷として働かされたりしており,また,異世界から来た不気味な生物も地球にすっかり定着し,人々に危害を加えているという状況だ。例えばその1つ,ヘッドクラブ(Headcrab)に寄生された人間は,やがて脳ミソを乗っ取られてゾンビになってしまうというアンバイで,まさに夢も希望もないディストピアだ。

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
陰鬱な感じの漂う,City 17。住民は囚人服のようなものを着せられている
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

大型ディスプレイに映っているのは,ウォレス・ブリーン(Wallace Breen)博士。かつてブラックメサの所長で,今はコンバインと結託した傀儡政府のリーダーだ
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
 そんな抑圧された地球の都市の1つが,東ヨーロッパのどこかにあるCity 17だ。ここにはCitadel(城塞)と呼ばれるコンバインの大規模な本部が傲然とそそり立っている。前作の最後,謎の人物G-Manの提案を受け入れたフリーマンだったが,それから15年後,どこからともなく現れた彼がCity 17の鉄道駅に降り立つ場面からゲームが始まる。
 彼が今までどこで何をしていたのかはまったく知らされないが,それに限らず全般的に背景説明は最低限で,何も分からないままゲーム世界に放り込まれるという演出になっている。ここどこ? この人誰? とか思っていると,いきなりコンバイン兵やクリーチャーが襲ってくるので,そいつら撃退していくうちにゲームが自然に進んでいくというアンバイだ。

本作のヒロイン,アリックス
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
前作にも登場したバーニィ
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
右がアイザック・クライナー博士
左がアリックスの父親,イーライ・バンス博士,右は新登場のジュディス・モスマン博士
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 主要キャラクターやNPCも思わせぶりなことばっかり言うので,そういう点からは,人気作の続編とはいえ,前作をプレイしていなくてもあまり問題はないだろう。どうせ,よく分かんないし。みたいな。

 駅の構内でいきなり不審人物として捕まったフリーマンだったが,コンバイン兵士になりすましたバーニィ・カルフーン(Barney Calhoun)によって救い出され,やがてブラックメサ時代の同僚だったイーライ・バンス(Eli Vance)博士らと再会,彼の娘,アリックス(Alyx)と共に活動を開始する。前作にも登場したキャラクターが多くて懐かしいが,彼らはコンバインに対するレジスタンス活動を始めており,どういうわけだかフリーマンは「人類の英雄」として彼らから尊敬を受ける身だ。この15年間,知らないうちにいろいろあったらしい。

前作と同じく,フリーマンはこのH.E.V.スーツを着て戦う。クライナー博士の手によりパワーアップされているらしいが,かなり目立つような気もする
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 シングルプレイキャンペーンは,いわゆるオールドスクールと呼ばれる昔ながらのシステムが採用されている。仲間と一緒に戦う場面もいくらかあるが,ほぼ1人で移動し,敵を倒し,銃や弾丸やアイテムを拾っていくというスタイルだ。体力回復はヘルスキットを拾って行い,ルートは基本的に一本道。マルチプレイがメインになった最近では,あまり見かけなくなったタイプのFPSともいえるが,そりゃそうだ。だって,レトロゲームだもの。

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 それだけに,シングルプレイは盛りだくさんの内容で,ロケーションも多彩だ。いかにも東欧という雰囲気(行ったことはないが)のCity 17は,緻密なグラフィックスで描かれた陰鬱な雰囲気が魅力的。また,美しい海岸や森など,アウトドアの広い場所も出てくる。
 全16章構成だが,各章に明確な区切りは存在せず,すべてのマップがシームレスにつながっている。カットシーンもなく,キャラクターが会話しているのをフリーマン(つまりプレイヤー)が黙って眺めているという感じになる。これらはいずれも,フリーマンの視点でゲームを進め,プレイヤーの没入感を高めるためと説明されている。ただ,飛ばせないので2周目以降はちょっとだるい。また,プレイの途中で頻繁にロードが発生するのも,そのへんも興を削いでしまうところだ。

(左)前作ではただの敵クリーチャーだったような気がするボーティガンツ(Vortigaunt)だが,本作ではレジスタンスに協力している。(右)バンス博士がアリックスのために作ったロボット,ドッグ。かなり強力で,1000体ぐらい量産すれば,コンバインなんか簡単に倒せそうだ
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 移動は徒歩だけでなく,高速エアボートに乗って水路を駆け抜けつつ戦ったり,バギーでハイウェイを突っ走ったりなど,単調にならないような工夫が随所に施されている。敵の種類も豊富で,最初はコンバイン兵やゾンビ,弱めのクリーチャーが多いが,やがて,ハンターチョッパーやガンシップ,ストライダーなど大型の強敵が次々に登場して,休むヒマもなくなる。

アリックスが持っているのが,グラビティガン
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 武器の種類もそれなりに多いが,本作で特徴的なのはなんといってもグラビティガン(Gravity gun)だ。これは,遠くにある物体を引きつけたり,反対に手元の物を遠くへ飛ばしたりできる銃で,丸鋸の刃を飛ばしてゾンビを真っ二つにしたり,地雷を敵にぶつけて爆発させたりと,使い道はいろいろだ。武器としてだけでなく,脱出・移動のための簡単なパズルを解くことに使ったりもする。弾丸もエネルギーも消費しないので便利で,ゲームの終盤,パワーアップしたグラビティガンでは,敵を引きつけて遠くへ飛ばすという荒技も使えるようになる。これは最高に楽しい。

 こうした武器類をとっかえひっかえしながら,敵を倒して進んでいくわけで,普通に遊んだ場合,終わらせるまでたぶん20時間近くかかるだろう(当社比)。発売当時は「長すぎる」という意見もあったようだが,たっぷり遊べることについては太鼓判を押しまくれる。

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 話は変わるが,冒頭にも書いたように「Half-Life 2」は,未完の大作だ。どういうことかというと,本編に続いて,さまざまなエピソードがValveのデジタル配信システム「Steam」でリリースされていく予定だったのだが,2006年のエピソード1,そして2007年のエピソード2の発売以降,新たなエピソードが登場せず,話が中途半端な形で終わっているのだ。

 ちなみにエピソディック形式と呼ばれるこうした販売方法は,小さなエピソードを短期間で作って安価に売ることで,次のエピソードの開発資金を回収していけるため,資金力の乏しいデベロッパでも大きなタイトルが作れるという利点がある。「Steam」との相性も良いため,一時期,Valveが積極的に推し進めていたビジネスモデルだったのだが,結果として,Telltale Gamesの一連のエピソディックアドベンチャー以外,あんまり成功例を聞かない。

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
筆者の最も好きなのがここ,レーベンホルム(Ravenholm)だ。ゾンビに支配された不気味な街で,仲間から絶対に近づいてはならないと言われるが,成り行きで行かざるを得なくなる
東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる 東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

 エピソード3が出ない理由としては,本編がディストピアものだけに,物語の落としどころも難しいということもあるのかもしれない。フリーマンの大活躍で地球に平和が戻りました,めでたしめでたしでは,21世紀のプレイヤーは納得しづらいだろう。そんなわけで,今のところエピソード3については何の音沙汰もない,という状況がかれこれ9年ほど続いているが,個人的には,「Steam」の普及に「Half-Life 2」が大きな役割を果たしたように,Valveが何か新しいことを始めようとしたとき,再び姿を見せるのではないかと淡い期待を抱いたりしている。どうでしょう?

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる
 いずれにしろ,そんなわけでG-Manやコンバインのボスであるらしい“アドバイザー”の正体も,ずっと謎のままだ。もっとも,「Half-Life 2」それ自身は,もやもやしたものはいくらか残るものの,一応それなりに終わっており,エンディングまで手に汗握る楽しい時間が過ごせるのは保証済み。ときどき,非常に手こずる戦闘場面が出てきたりするが,ゲーム中,いつでも難度の切り替えが可能なので,FPS初心者でも安心だ。世間の話題になったタイトルであり,メディアやプレイヤーの評価もきわめて高いので,未プレイという人はぜひ挑戦してみてね。

東京レトロゲームショウ2016:第35回 エピソード3がどこへ行ったのか気になって仕方がない「Half-Life 2」で,大ヒットFPSを再体験してみる

Steam「Half-Life 2」紹介ページ

  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    ハーフライフ 2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月