オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
LOST ARK公式サイトへ
読者の評価
50
投稿数:21
レビューを投稿する
準備中
LOST ARK
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/11/20 19:00

プレイレポート

「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 ゲームオンがサービス中のPC向けMMORPG「LOST ARK」で,2020年11月25日に大型アップデートが実施される。このアップデートでは,以前掲載したインタビュー記事で語られていたとおり,最大16人vs.16人で戦う大規模PvP「要塞戦」新クラス「ランスマスター」が実装される予定だ。

画像集#033のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

関連記事

「LOST ARK」オープンサービス開始で見えた課題と2020年から2021年にかけてのロードマップについて聞いてきた

「LOST ARK」オープンサービス開始で見えた課題と2020年から2021年にかけてのロードマップについて聞いてきた

 ゲームオンが9月23日に日本でのオープンサービスをスタートさせた,PC向けMMORPG「LOST ARK」。本作の日本運営プロデューサーである嶋田真人氏に,現在の状況や,運営したことで分かった課題,そしてロードマップの詳細,2021年のアップデートなどについて聞いた。

[2020/10/24 00:00]

 今回4Gamerでは,実装に先立ってランスマスターをプレイする機会を得たのでプレイフィールを紹介しよう。なお,今回のテストプレイは実装前のテストサーバーで行ったため,スキルの名称や効果など正式実装のものとは異なる場合がある。

画像集#001のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

“乱舞”と“一心”の2つのスタンスを切り替えるアタッカー


 「ランスマスター」は,ファイター系の4つめとなる派生クラスとなる。クラスチェンジ条件などはとくになく,ゲーム冒頭のチュートリアルクエストをクリアすればすぐに転職できる。

チュートリアルを終え,トリシオンのベアトリスに話しかけるとクラスチェンジできる。これまでは「バトルマスター」「インファイター」「ソウルマスター」の3クラスだったが,ここにランスマスターが追加される
画像集#002のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 ランスマスターのクラスアイデンティティは,“乱舞”と“一心”という2つのスタンスの切り替えだ。乱舞は攻撃範囲の広いスキルを持ち,一心は直線的ながら乱舞よりもリーチのある強力な攻撃スキルを持っている。このスタンスの切り替えにはクールタイムは存在せず,自由なタイミングで切り替えられる。

上が乱舞スタンスで,武器グラフィックスは偃月刀。乱舞のスキルアイコンは青色で表されている。下が一心スタンスで,スキルアイコンの色は赤。武器グラフィックスは槍と乱舞スタンスと異なるが,装備品としては槍で統一されている
画像集#004のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#005のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 任意に切り替えられるスタンスだが,画面下にあるデュアルゲージが溜まった状態で切り替えると自身にバフがかかる。また,ゲージは時間経過および攻撃のヒットにより最大3段階まで上昇し,段階が上がるごとに切り替えた時のバフが変化したり,効果がアップしたりするので,タイミングを見計らって行いたい。ただし,スタンスを切り替えてバフを得たあと,すぐにまたスタンスを切り替えるとバフが消えてしまうので注意が必要だ。
 なお,スタンスを切り替えても使用したスキルのクールタイムは継続するので,「スタンスを変えてスキルのクールタイムをリセット!」なんて都合良くはいかない。

上が乱舞から一心へスタンスを切り替えた時のバフで,効果時間は11秒。下が一心から乱舞へとスタンスを切り替えたときのバフで,効果時間は19秒。ゲージが溜まっていないとスタンスを切り替えてもバフは得られない。ゲージの下の小さな赤や青の点は,スタンスの切り替えで隠れてしまうスキルが使用可能かどうか,つまりクールタイムが終わっているかを示している
画像集#006のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#007のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 さらにランスマスターは,スタンスの切り替えに関わるシナジー効果をトライポッドやクラス刻印に持っている。
 トライポッドには,いくつかのスキルにデュアルゲージを消費して攻撃力をアップする「最終判断」や,攻撃がヒットするとデュアルゲージの回復量がアップする「火力調節」などが用意されている。ゲージの回復量をアップしてスタンス切り替えによるバフを狙うか,ダメージアップを狙うかなど様々なスキルビルドができそうだ。

画像集#008のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#009のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 クラス刻印には,デュアルゲージ3段階のときのスタンス切り替え時のバフを強化する「絶頂」と,一心スタンスが使用できなくなるが乱舞スキルのダメージが30〜50%アップする「自制」の2つが用意されている。

万能的な「絶頂」と,極端だが大幅な戦力アップが狙えそうな「自制」。今回はどちらも使用できなかったが,「自制」によってバフ狙いのスタンスの切り替えができなくなる影響がどの程度なのか気になるところだ
画像集#010のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#011のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

乱舞スタイルは雑魚戦・乱戦向き,一心はボス戦向き


 それではそれぞれのスタイルについて紹介していこう。

 乱舞スタイルは,槍をなぎ払うように使って前方の広範囲を攻撃したり,振り回して周囲を巻き込むように攻撃したりと,範囲攻撃に長けている。スキル数も14個と一心スキルより多く,通常はこちらがメインとして想定されているようだ。
 通常の攻撃範囲も他のファイター系クラスよりも拳1つ〜2つ分ぐらい広く,非常に戦いやすい。フィールドやダンジョン内での雑魚狩りや,カオスダンジョンでかなり力を発揮しそうだ。ただ,スーパーアーマー属性を持たないスキルが多く,スキルの出がかりに敵の攻撃で潰されやすいので注意したい。

通常攻撃は左右からのなぎ払いで,とくに前方の広い攻撃範囲を誇る。雑魚をまとめて攻撃するのに便利だ。スペースキーによる移動スキルは,前方にジャンプして空中で一回転した後に着地するというモーションで,移動距離がかなり長い
画像集#012のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

槍を振り回して全方位に攻撃しながら,前進する「操風撃」。敵が密集したところに突っ込んでいくのに適している。トライポッド次第でホールドスキルにして攻撃力を上げたり,攻撃後に元の位置に戻ったりするようにもできる
画像集#013のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#014のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

「青龍陣」はその場で槍を振り回したあと,石突きで地面を付いて自分を中心に衝撃波を発生させるスキル。囲まれた時に使うと良さそうだ。デュアルゲージを消費してダメージアップできるトライポッド「最終判断」を持っている
画像集#015のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#016のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

前進して攻撃したあと,槍を振り回して攻撃しつつ後退する「青龍風車」。このSSでは,その場から動かない変わりに左右に槍を回転させて攻撃回数を増やし,さらに与ダメージがが57.5%アップするトライポッドIIIの「双竜風車」を適用している。大量の敵の迎撃に向いているだろう
画像集#017のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#018のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 一心スタイルは,通常攻撃を含め攻撃に隙は少ないが,正面直線状の攻撃スキルが多く一点集中型の攻撃スタイルとなる。そのため,カオスダンジョンのような雑魚が大量に湧くような場所での戦いには向かず,ダンジョンのボスやガーディアンレイドなどで力を発揮しそうだ。スキル数は6個と乱舞スキルの半分ほどしかないので,乱舞スタイルとの切り替えを前提としたスキルビルドを考える必要がある。

通常攻撃は穂先にオーラのようなものを纏っているが,基本的に正面の敵にしかヒットしない。移動スキルは地上でのダッシュで,移動距離は他のファイター系クラスと同じぐらいで,乱舞スタイルの移動スキルの約2/3といったところだ
画像集#019のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

その場で大ジャンプして,指定した位置に落下突きを叩き込み,衝撃波とともにダメージを与える「流星撃」。攻撃としてだけでなく,移動手段としても使えそうだ。
画像集#020のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#021のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

「絶竜陣」は,いわゆるカウンター系のスキルで,スキルを使用すると防御状態になり,その状態で敵の攻撃を受けると前方に槍を突き出して2回ダメージを与える。防御状態は非常に短く,さらに自身のHPの50%分までしかダメージを無効化できないので使いどころに気を付けたい
画像集#022のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#023のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

ホールドスキル「赤竜衝」は,パーフェクトゾーンでキーを離すと大ダメージを与えることができるというもの。攻撃範囲は狭いが,リーチはかなり長い。既存の同系統のスキルと同様に,パーフェクトゾーンをなくしてチャージ攻撃にするトライポッドも存在する
画像集#024のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#025のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 覚醒スキルは「燕家奥義・銀河流星弾」と,なんとも必殺技らしい名前のスキルだ。地面指定型の範囲スキルだが,発動から攻撃発生までのタイミングが長く,動き回る敵にヒットさせるのは非常に難しい。敵が気絶やスタンなどで動きを止めたときに使うのがよさそうだ。

同じ流星の名を冠する「流星撃」のようにジャンプした後,カーソルで指定した地点に槍を投げ大爆発を引き起こす。槍の着弾と爆発で3万〜5万のダメージが合計7ヒットもするので,しっかり当ててダメージを稼ぎたい
画像集#026のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#027のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#028のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 フィールド,カオスダンジョン,ガーディアンレイドといくつかのシチュエーションでランスマスターを使ってみたが,非常に扱いやすいというのが第一印象だ。他のファイター系クラスよりも移動速度が若干速く感じられるということもあるが,なにより攻撃範囲の広さがプレイのしやすさに直結していると思われる。
 とくに乱舞スタイルはフィールドで敵を誘導してまとめて一掃するのに便利で,カオスダンジョンではどのスキルを使っても攻撃が当たるのでは? と思えるほどだ。

攻撃範囲の広い乱舞スタイルだが,前方向きの攻撃が多く背後がおろそかになりがちなので,攻撃発生前に若干の隙があるのが難点。囲まれても移動スキルで脱出は可能だが,なるべく背後を取られないように見極めながら戦っていこう
画像集#029のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 一方の一心スタイルは,先述のとおり乱戦には向かずボスなどの強敵と戦うのに向いている。しかし,スキル数が少ないのでクールタイムの管理はもちろん,スタイル切り替えを考慮したうえで使っていくことになるだろう。といっても,乱舞スタイルのスキルがボスに効かないというわけではないので,ボス戦向きの乱舞スキル(およびトライポッドの設定)と組み合わせたスキルビルドを考えてみる面白さがある。

一心スキルは,やはりボス戦で輝く。乱舞スキルのトライポッドで「火力調節」を設定してデュアルゲージを溜めるスピードを早め,切り替え時のバフで一心スキルの威力を上げるといった戦術も有効そうだ
画像集#030のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#031のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

 今回のテストプレイはソロだったので,パーティを組んでのボス戦やカオスダンジョンなどでどれぐらい貢献できるか,またPvPでの実力はどうなのかといった点はまだ未知数だ。しかし,使い勝手で言うなら,繰り返しになるがランスマスターは非常に扱いやすいクラスと言える。
 正直なところ,既存のファイター系クラスと比べて射程距離が長い広範囲攻撃スキルが多数用意されるだけで,これほど使いやすくなるとは思わなかった。この扱いやすさなら,これからLOST ARKを始めようという初心者でも十分楽しめるはずだ。
 もちろん,すでにLOSTARKをプレイしている人,とくに攻撃力は高いがちょっと扱いづらい……といった理由でファイター系クラスを止めてしまった人は,ぜひランスマスターを試してみてもらいたい。

 なお,このアップデートに合わせて,使用するとキャラクターのレベルが一気に50まで上昇し,装備レベル325の装備一式が入手できる「トリシオンパス」が11月25日〜12月23日の期間で配布される予定だ。
 これは期間中にログインしたすべてのアカウントに配布されるもので,クエスト「エアダリンのプレゼント」を完了しているキャラクター1体以上を所持していれば,新しく作成したキャラクターで同期間内に使用できる。条件を満たしており,すぐにランスマスターを活躍させたいという人は,実装後にさっそく使ってみよう。

11月19日に配信された公式番組にて「トリシオンパス」の配布が発表された
画像集#034のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ
画像集#035のサムネイル/「LOST ARK」の新クラス「ランスマスター」を先行プレイ。2つのスタンスを使い分けて軽快に槍を操る扱いやすいキャラクターだ

「LOST ARK」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LOST ARK

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月02日〜12月03日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月