オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
6インチ級で約146gの軽量スマートフォン「AQUOS zero」はソフトバンク限定で12月以降の発売に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/11 17:09

ニュース

6インチ級で約146gの軽量スマートフォン「AQUOS zero」はソフトバンク限定で12月以降の発売に

 2018年10月11日,ソフトバンクは,有機ELディスプレイを採用したシャープ製スマートフォン「AQUOS zero」(関連記事)を2018年12月以降に発売すると発表した。国内でAQUOS zeroを販売するのは,ソフトバンクのみとのことだ。

AQUOS zero

 AQUOS zeroは,シャープ製の6.2インチサイズで解像度1440×2992ドットの有機ELパネルを搭載しつつ,重量約146gという6インチ級スマートフォンとしては非常に軽いボディを実現したのが大きな見どころだ。200g前後が珍しくない6インチ級のスマートフォンに慣れた人ほど,AQUOS zeroを手に持つと驚くだろう。

 ハイエンド市場向けに相応しいスペックの高さもポイントの1つ。Qualcomm製のハイエンドSoC「Snapdragon 845 Mobile Platform」を採用し,メインメモリ容量6GB,内蔵ストレージ容量128GBと,2018年冬モデルスマートフォンの中でもトップクラスと言える。
 なお,AQUOS zeroに関する詳報は,以下の記事を参照してほしい。

関連記事

シャープ,AQUOS初の有機ELパネル採用スマートフォン「AQUOS zero」を発表。Snapdragon 845と6GBメインメモリ採用のハイエンド端末

シャープ,AQUOS初の有機ELパネル採用スマートフォン「AQUOS zero」を発表。Snapdragon 845と6GBメインメモリ採用のハイエンド端末

 2018年10月3日,シャープは,AQUOSブランド初の有機ELパネル搭載スマートフォン「AQUOS zero」を2018年冬モデルとして発表した。6.2インチパネル搭載で約146gという軽めの重量,そして「Snapdragon 845」SoCやメインメモリ容量6GB,内蔵ストレージ容量128GBという充実のスペックが見どころだ。

[2018/10/03 11:00]

●AQUOS zeroの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイパネル:6.2インチ有機EL,解像度1440×2992ドット,アスペクト比 9:18.7
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」
    ・CPUコア:Kryo 385 Gold(最大2.8GHz)×4+Kryo 385 Silver(最大1.7GHz)×4
    ・GPUコア:Adreno 630
    ・モデム:Snapdragon X20 LTE
  • メインメモリ容量:6GB
  • ストレージ:内蔵128GB
  • アウトカメラ:有効画素数約2260万画素 F1.9
  • インカメラ:有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量:3130mAh
  • 対応LTEバンド:FDD LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/11/12/17/18/19/21/25/26/28,TDD LTE Band 38/39/40/41/42/48
  • 対応3Gバンド:Band 1/2/4/5/6/8/19
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:73(W)×154(D)×8.8(H)mm
  • 公称本体重量:約146g
  • 本体カラー:アドバンスドブラック

ソフトバンクの当該プレスリリース

ソフトバンクのAQUOS zero製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月