オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
シャープ,AQUOS初の有機ELパネル採用スマートフォン「AQUOS zero」を発表。Snapdragon 845と6GBメインメモリ採用のハイエンド端末
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/03 11:00

ニュース

シャープ,AQUOS初の有機ELパネル採用スマートフォン「AQUOS zero」を発表。Snapdragon 845と6GBメインメモリ採用のハイエンド端末

 2018年10月3日,シャープは,AQUOSブランドとして初めてディスプレイパネルに有機ELを採用したAndroidスマートフォン「AQUOS zero」を2018年冬モデルとして市場投入すると発表した。発売日や価格は現在のところ明らかになっていない。

AQUOS zero。発売時期などはMNO(Mobile Network Operator,移動体通信事業者)次第と思われる
AQUOS

 6.2インチサイズで解像度1440×2992ドットの有機ELパネルを搭載しつつ,重量を約146gと軽めに抑えてあるのがAQUOS zeroにおけるデザイン上の大きな特徴だ。Qualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)をプロセッサとして採用し,メインメモリ容量6GB,内蔵ストレージ容量128GBという充実したスペックを実現している点も見どころと言えるだろう。

「エンターテインメント・フラッグシップ」を掲げて,ゲーム用途にも適するとアピール
AQUOS
 10月3日に東京都内で行われた新製品発表会でシャープは,AQUOS zeroを既存AQUOS Rシリーズとは別の製品シリーズと位置づけていた。いわく,「IGZO」液晶パネルを搭載するAQUOS Rシリーズは,デュアルアウトカメラによる優れた映像性能を活用できる「ビジュアルコミュニケーションフラグシップ」端末で,AQUOS zeroは,ゲームやビデオ視聴といったエンターテイメント要素を重視した「エンターテインメント・フラッグシップ」端末とのことだ(※ナカグロはあったりなかったりするので,ひとまずスライド表記に従った)。
 とくに,自社開発の6.2インチ有機ELパネルはその象徴で,100万:1のコントラスト比や,デジタルシネマ向けの色域規格「DCI-P3」の色空間カバー率100%といった高コントラストかつ広色域の表示がエンターテイメント用途に好適という。

発表会場では,「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」のデモを披露(左)。HDR表示も可能で,Dolby LaboratoriesのHDR表示規格「Dolby Vision」にも対応する(右)
AQUOS AQUOS

AQUOS zeroのディスプレイ面と背面は,左右端が軽く湾曲した形状を採用している
AQUOS
 AQUOS zeroの有機ELパネルは,左右端が軽く湾曲しているのだが,この湾曲パネル採用の利点としてシャープが挙げているものに,左右両端が軽く湾曲していると,縦持ちしたとき指の動きにあった自然なタッチ操作を行えるというのがある。一方で湾曲型パネルはゲーム用途において画面端の操作がしにくくなるという問題があるのを経験的に知っている読者も多いと思うが,シャープは,ディスプレイの垂直リフレッシュレートが60Hzのところ,タッチパネルの認識レートを90Hz程度で行うことによって認識精度を向上させ,かつタッチパネルの最適化によって画面端の連打を取りこぼさないよう対策しているとのことだ。
 実際にゲームプレイで問題がないのかについては,製品版相当の実機での検証を待ちたい。

湾曲したタッチパネル形状を考慮して,タッチの認識に最適化を行っているという(左)。右写真は,画面を連打するテスト機でAQUOS zeroのタッチ認識を確認しているところ。画面端近くでも,取りこぼしはないように見えた
AQUOS AQUOS

スマートフォンの画面サイズと内蔵バッテリーの拡大によって,6インチ級の端末は重量が200g前後に達したというスライド
AQUOS
 本稿の序盤でも触れた軽量化は,「6インチ級のハイエンド端末になると重量が200g前後に達するものも珍しくない」という現状を受けた差別化ポイントだという。たとえば6.5インチ有機ELパネル採用の「iPhone XS Max」は重量が約208gもあるので,それと比べるとAQUOS zeroの約146gという数字には確かにインパクトがある。

 ではこの軽量ボディをいかにして実現したのか。シャープではまず,AQUOS zeroの筐体フレームにマグネシウム合金を採用した。一般的なアルミニウム合金製フレームと比べて,これだけで41%もの軽量化を実現したそうだ。

AQUOS zeroの側面と内部に使われているマグネシウム合金製フレーム(左)。既存のアルミニウム合金製フレームよりも約41%の軽量化を実現したそうだ(右)
AQUOS AQUOS

バックパネルには,帝人のアラミド繊維「テクノーラ」を採用
AQUOS
 さらにバックパネルの開発にあたっては,日本の大手繊維企業である帝人が開発したパラ型アラミド繊維「テクノーラ」を採用した。テクノーラの強度は鉄の5倍に達するそうで,軽量でも強度を保ったバックパネルを実現できたとシャープは胸を張っている。
 繊維を積層させて固めた結果として,素材感の活きたバックパネルになっているのは,プラスチックやガラス製のパネルを見慣れた目に目新しく見える。

ロール状に巻かれたテクノーラ(左)。右はAQUOS zeroの背面パネルを撮影したもので,素材感の強い見た目となっている。AQUOSロゴの上にある丸いものは指紋認証センサーで,NFCのマークを挟んで上にあるのがアウトカメラである
AQUOS AQUOS

バックパネル単体の表面(左)と内側(右)。アウトカメラとLED,指紋認証センサーの部分は開口している
AQUOS AQUOS

 さて,先述のとおり,AQOUS zeroはSoCとしてSnapdragon 845を採用している。このSoCは,2018年夏モデルとして登場した「AQUOS R2」でも採用していたものだが,AQUOS zeroでは発熱を減らすべく,今までにない構造を採用したという。
 スマートフォンを充電しながら使用すると,筐体がかなり熱を持つことはよく知られた話だが,その熱源となっているものの1つに,充電用ICがある。AQUOS zeroでは,充電用ICを通常の1基ではなく2基として,それを並列に搭載することで発熱を分散する構造を採用し,充電しながらゲームをプレイしていても筐体が熱くなりにくくすることに成功したそうだ。

AQUOS zeroでは,充電用ICを2基並べた「パラレル充電」構造を採用(左)。右はシャープが示した効果で,充電しながら動画再生を行ってもAQUOS Rと違ってAQUOS zeroでは局所的な発熱が弱くなっているのがスライドからは読み取れる
AQUOS AQUOS

 製品が登場するのはもう少し先になると思われるが,6インチ超のスマートフォンとしては,ちょっと驚くほど軽い端末なので,実機に触れる機会があれば,手に取ってみるといいだろう。

●AQUOS zeroの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイパネル:6.2インチ有機EL,解像度1440×2992ドット,アスペクト比 9:18.7
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.8GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:6GB
  • ストレージ:内蔵128GB
  • アウトカメラ:有効画素数約2260万画素 F1.9
  • インカメラ:未公開
  • バッテリー容量:3130mAh
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:未公開
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:73(W)×154(D)×8.8(H)mm
  • 公称本体重量:約146g
  • 本体カラー:未公開

 なお,シャープではAQUOS zeroと同時に,エントリー市場向けの新型スマートフォン「AQUOS sense2」を2018年冬モデルとして製品化することも発表している。

AQUOS sense2。右側は標準のホームアプリで,左側はスマートフォン初心者でも使いやすいようにデザインした「かんたんモード」となっている
AQUOS

 5.5インチサイズで解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18という縦長アスペクトのIGZO液晶パネルを搭載するのが特徴であるが,搭載SoCがQualcomm製のエントリー向けである「Snapdragon 450 Mobile Platform」なので,ゲーマーが積極的に選ぶ製品ではないだろう。

シャープのAQUOS zero特設Webページ

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月15日〜10月16日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月