オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[JAEPO2014]「ウルトラストリートファイターIV」のステージイベントをレポート。アシスタントプロデューサーへのインタビューもお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/02/15 15:56

ニュース

[JAEPO2014]「ウルトラストリートファイターIV」のステージイベントをレポート。アシスタントプロデューサーへのインタビューもお届け

ウルトラストリートファイターIV
ジュリのコスプレをする綾野智章氏
 ジャパン アミューズメント エキスポ 2014(以下,JAEPO2014)のタイトーブースには,カプコンの格闘ゲーム「ウルトラストリートファイターIV」ARCADE / PS3 / Xbox 360 / PC 以下,ウルIV)が出展されている。そのステージでは2014年2月14日に,本作のアシスタントプロデューサーである綾野智章氏が最新情報を語り,ウメハラ氏ハイタニ氏などの有名プレイヤー達による対戦が行われた。本稿ではその内容と,綾野氏へのインタビューをお伝えしよう。

 イベントが始まるとステージにはジュリのコスプレをした綾野智章氏が登場し,コスプレをするに至った経緯を冗談交じりに語ったのち,ウルIVのプレゼンテーションを始めた。
 最初に説明されたのは,前バージョンと現バージョンとの違いだ。ウルIVはすでに数回ロケテストが行われていることもあり,新キャラクターや新システム,ゲームバランスの調整などについては知っている人が多いと思うのでここでは割愛する。そちらについては人は以前掲載したロケテスト取材記事をチェックしてほしい。

 綾野氏の説明が終わったところで,実際に対戦を見て違いを感じてもらおうという流れになり,スペシャルゲストとしてウメハラ氏ハイタニ氏ボンちゃん氏がステージに登場し,対戦を始めた。

ウルトラストリートファイターIV
左からウメハラ氏,ハイタニ氏,ボンちゃん氏,綾野智章氏
 有名プレイヤー達は新システムをどのように扱うのか? そんな注目が集まるなかウメハラ氏対ハイタニ氏の対戦がスタート。ウメハラ氏はヒューゴーを使用していた。ヒューゴーは地上投げと空中投げのウルトラコンボがあるため,新システムの「ウルトラコンボダブル」を選択することで,空中にいる敵も掴めるという強みが追加される。
 対戦では空中から攻め立てるハイタニ氏のヴァイパーを掴んで形勢を逆転するシーンがあったり,ハイタニ氏が「レッドセービング」を絡めたコンボを披露したりと,新要素がかいま見える戦い方で会場を沸かせてくれた。
 
ウルトラストリートファイターIV
対戦をするハイタニ氏(左)とウメハラ氏(右)。対戦はウメハラ氏がガイル,ハイタニ氏がユンを使うといった場面もみられた
ウルトラストリートファイターIV
ウメハラ氏「前バージョン2012が非常にバランスが良かっただけに,新作はかなり不安があったが,新システムもバランスもイイ感触を感じた。稼働が楽しみ。」
ウルトラストリートファイターIV
ハイタニ氏「新キャラが追加されたので,早く動かしたい。またウルIVで新規プレイヤーが増えてくれると嬉しいです。」
ウルトラストリートファイターIV
ボンちゃん氏「基板が新しくなったことでグラフィックスが綺麗になり,処理落ちがさらに改善されて嬉しい。新キャラとも早く対戦をしたい。」

海外勢と日本勢から出される調整案の違いはなにか? 綾野氏へのミニインタビュー


4Gamer:
 プレゼンテーションでは世界中でロケテストを行って,その意見を反映させているとおっしゃっていましたが,国内と海外で意見の違いなどはありますか。

綾野氏:
 かなり違いますね。海外ではコンボへの意見が多いですが,国内では,技のリーチや当たり判定に関する調整の要望が多いです。

4Gamer:
 なるほど。そうなると今回追加される「レッドセービング」は海外勢にとっては,嬉しいシステムになりそうですね。

綾野氏:
 ええ。先ほどの対戦中にハイタニさんのユンが「レッドセービング」を使ったコンボを出していたので驚きました。コンボに組み込むことで,よりキャラクターの可能性を引き出せるようになったと思います。

ウルトラストリートファイターIV
発売後もアップデートによるサポートと調整は継続的に行うとのこと

4Gamer:
 ではキャラクターの調整に関してはいかがでしょう?

綾野氏:
 国内は弱いキャラでできることを増やしてほしい,という意見が多いですが,海外は強いキャラをマイルドにすることで,バランスを取ることを求めてきます。例えば,海外では鬼の昇龍拳をセービングできるようにしてほしいと言われてますが,国内ではあれが鬼の持ち味だから,それはそのままで他の技をこんな風に使ってみては? という意見が寄せられます。

4Gamer:
 国内はキャラを尖らせる傾向にあり,逆に海外は全体を丸くしたいようですね。一つのキャラクターに対して出てくる意見が違うと,双方が納得いく調整にまとめるのは大変そうです。「ウルIV」は今回の出展バージョンで最終調整となるのでしょうか。

綾野氏:
 いえ,まだこれで完成というわけではないです。まだまだブラッシュアップしていきますよ。

4Gamer:
 完成が楽しみです。では最後に5人目のキャラクターについて,教えていただきたいのですが……

綾野氏:
 それは言えませんね(笑)。情報公開を楽しみに待っていてください。

4Gamer:
 残念(笑)。本日はお忙しい中ありがとうございました。

「ウルトラストリートファイターIV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日