オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ハースストーン公式サイトへ
読者の評価
78
投稿数:24
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Hearthstone」使用カードを制限した公式フォーマットの導入が決定。「ナクスラーマスの呪い」と「ゴブリンvsノーム」が使用禁止に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/03 05:22

ニュース

「Hearthstone」使用カードを制限した公式フォーマットの導入が決定。「ナクスラーマスの呪い」と「ゴブリンvsノーム」が使用禁止に

 Blizzard Entertainmentが運営するオンライン対戦カードゲーム「Hearthstone: Heroes of Warcraft」PC / iOS / Android)は,今年で正式サービスの開始から3年目に突入する。そして,ここにきてHearthstoneのメインストリームを大きく揺るがせるような発表が同社から行われた。

 Blizzard Entertainmentは本日(2016年2月3日),Hearthstoneで予定されている今春のアップデートにて,「スタンダード」と呼ばれる公式フォーマットを導入することを明らかにした。「マジック:ザ・ギャザリング」のプレイヤーならばピンとくる単語が並んでいるかと思われるが,これは使用できるカードに制限を設けたうえで行われる対戦ルールの1つであり,Hearthstoneではランク戦,カジュアル,フレンド戦の標準フォーマットとして導入されるようだ。


 ここで大きなトピックスになるのが,スタンダードが2016年度の世界選手権からフォーマットとして採用されることと,拡張パックの「ナクスラーマスの呪い」「ゴブリンvsノーム」に属するカードが使用禁止になるということだ。
 世界選手権の公式フォーマットとして採用される以上,今後のメインストリームはスタンダードに移行することになる。そして,今後の主流となるフォーマットで「ナクスラーマスの呪い」と「ゴブリンvsノーム」が使用できないというのは,プレイヤーにとってかなり大きい。というのも,現在のランク戦で流行しているほとんどデッキには,これらのパックに属するカードが採用されているからだ。おそらくスタンダード導入後は,多くのプレイヤーが自分のデッキを見直すことになるだろう。

Hearthstone Hearthstone

 スタンダードで使用できるカードは,クラシックとベーシックカードをベースに毎年変更される予定で,基本的にはその年と前年にリリースされた新しいカードとなる。“クラーケン年”と呼ばれる2016年度においては,クラシックとベーシックカードに加えて,「ブラックロック・マウンテン」「グランド・トーナメント」「リーグ・オブ・エクスプローラー」,さらに2016年春に実装予定となる新拡張が使用可能なカードだ。
 なお,現在のランク戦におけるルールは「ワイルド」というフォーマットに組み込まれる形になり,こちらでは今までどおり,「ナクスラーマスの呪い」と「ゴブリンvsノーム」のカードが使用可能とのこと。そのほかの詳細は公式サイトのエントリーから確認してほしい。

「Hearthstone: Heroes of Warcraft」
該当エントリー


デッキスロットも増加する!?
ブリザード、ハースストーンに新しいフォーマット
「スタンダード」を追加!

2016年2月3日 Diablo, StarCraft、World of Warcraftそして Warcraftなどの大ヒットシリーズの数々で知られているブリザード・エンターテイメントは、ハースストーンにおいてより新鮮な体験を提供し、デッキ構築を楽しめるものにするために、新しいフォーマット「スタンダード」を加えることを本日発表いたします。

「スタンダード」は初心者の方はもちろん、百戦錬磨のベテランの方も、何度でも繰り返し楽しめるフォーマットとなっています。一方、今までの「プレイ」は「ワイルド」となり、これまでのハースストーンの素晴らしさを保つ要素となっております。


■スタンダードとは
「スタンダード」は、比較的新しくリリースされたカードだけを使って対戦するフォーマットです。「スタンダード」のデッキでは、土台となる基本およびクラシックのカードセット、その年にリリースされたカード(2016年に追加される新しい拡張版)と前年にリリースされた新しいカード(ブラックロック・マウンテン、グランド・トーナメント、リーグ・オブ・エクスプローラー)が使えます。

「スタンダード」が適用されるのは、親善試合(フレンド対戦)、ランク戦、カジュアルプレイのみで、闘技場、ソロプレイ、酒場の喧嘩、アドベンチャーには適用されません。「スタンダード」によりダイナミックかつバランスのとれたゲームが可能になります。新しいカードのリリースが更に大きなインパクトを与える事になり、よりいっそう対戦をお楽しみいただけるほか、新しいカードをデザインする際の制約を少なくし、新規プレイヤーは従来のようにたくさんのカードを揃えなくてもすぐにゲームを楽しむことができるようになります。

なお、「スタンダード」はハースストーン選手権ツアーの公式フォーマットとなります。


■ワイルドとは
「ワイルド」は従来通りのプレイにつけられる新しい名前で、何でもありのフォーマットです。クエストをこなし、ゴールドを手に入れ、ランク戦のランクを上がって「レジェンド」に到達し、カード裏面デザインを獲得する、などの馴染みあるプレイを引き続きお楽しみいただけます。ワイルド・デッキの構築には、今まで集めたカードはすべて使えます。もちろん、ワイルド・デッキを使ってのランク戦やカジュアルプレイの対戦相手には、ワイルド・デッキを持つプレイヤーが選ばれます。


■デッキスロットの追加
「スタンダード」の開始に伴ってコレクションブックが拡大されます。9人のヒーロー全員をアンロックしている場合、デッキスロットをさらに9つアンロックできるようになるので、合計18のデッキスロットになります。


■ランキングについて
「スタンダード」導入後は、ランク戦に際して「スタンダード」か「ワイルド」を選ぶことができ、フォーマットごとにランキングが決まります。シーズン終了時の最高ランキングに基づいて決まるランク戦の報酬は、「スタンダード」か「ワイルド」のどちらか一方より高いランクだったものについてのみ受け取れます。


■クラーケン年(どし)について
今回のアップデートは新しいスタンダード・イヤーの始まりを意味します。そして今後新しいハースストーンの年ごとに、アゼロスの夜空に輝く十二の星座から1つが選ばれシンボルとなります。最初のスタンダード・イヤーは、「クラーケン年(どし)」です。来年も最初の拡張版のリリースと共にハースストーンの新年が始まり、スタンダード・フォーマットが更新されます。

新しいフォーマットおよびデッキスロットの追加に関する詳細は、ブログおよびFAQ [http://us.battle.net/hearthstone/ja/blog/19995505/]、リードデザイナーであるベン・ブロードのビデオをご覧ください[https://www.youtube.com/watch?v=aQXf-gyOjbw]。

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日