オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
OPPO製Androidスマホ2製品で「3DMark」ベンチマークの不正が発覚。9月のHuaweiに続く事例
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/19 12:21

ニュース

OPPO製Androidスマホ2製品で「3DMark」ベンチマークの不正が発覚。9月のHuaweiに続く事例

3DMark for Androidのスコアランキングから除外されたOppo Find X。11月上旬に国内でも発売予定である
画像(002)OPPO製Androidスマホ2製品で「3DMark」ベンチマークの不正が発覚。9月のHuaweiに続く事例
 フィンランド時間2018年10月18日,ULのベンチマーク部門であるUL Benchmarks(旧Futuremark)は,同社製Android端末向けベンチマークアプリ「3DMark for Android」(以下,3DMark)のスコアランキングから,中国OPPO製スマートフォン「Find X」「F7」のスコアを除外した(関連リンク)。
 海外のレビューサイトによる指摘を踏まえてULが調査を行ったところ,今回の2製品は,3DMarkのベンチマークスコアを高くみせかけるために端末の動作を調整する不正が行われていることを確認できたという。

 UL Benchmarkでは,こうしたベンチマーク対策によって作られたスコアをルール違反としており,5年前にもSamsung ElectronicsやHTC製スマートフォンのスコアを除外したことがある。ごく最近でも,2018年9月には,中国Huawei Technologies(以下,Huawei)製の「P20 Pro」や「nova 3」を,ルール違反として除外したばかりだ(関連リンク)。

黒いバーはGoogle Play版3DMark,橙のバーはUL内部で使っている非公開版3DMarkで実行したときのスコアだ。上はOPPO,下はHuaweiのもので,いずれも公開版3DMarkで実行したときのみスコアが高く出るように不正な処理を行っているとのことだ
画像(004)OPPO製Androidスマホ2製品で「3DMark」ベンチマークの不正が発覚。9月のHuaweiに続く事例
画像(003)OPPO製Androidスマホ2製品で「3DMark」ベンチマークの不正が発覚。9月のHuaweiに続く事例

 HuaweiのP20 Proとnova 3は国内でも販売中で,Find Xは,11月上旬に国内発売の予定である。
 なお,今回の措置を受けて,OPPOは「3DMarkや一部ゲームの動作を検出したとき,エンドユーザーに断りなくSoC(System-on-a-Chip)の動作クロックを引き上げている」ことを認めているそうだ。OPPO側ではこうした手法を改善するよう検討しているとも,UL Benchmarksはプレスリリース内で述べている。

 実際のゲームにおける性能とかけ離れたベンチマーク結果を提示して,端末の性能を高く見せかけるのは,ゲーマーにとっても間違いなく不利益をもたらす。端末メーカーには,そうした小細工を弄(ろう)することなく,製品の性能向上に努めてもらいたいものだ。

UL BenchmarkによるOppo製端末除外のプレスリリース(英語)

UL BenchmarkによるHuawei製端末除外のプレスリリース(英語)

  • 関連タイトル:

    3DMark

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日