オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce 400M公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2010/05/25
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NVIDIA,ノートPC向けGPU「GeForce 400M」の新製品7モデルを一挙発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/09/03 13:01

ニュース

NVIDIA,ノートPC向けGPU「GeForce 400M」の新製品7モデルを一挙発表

 日本時間2010年9月3日13:01,NVIDIAは,FermiアーキテクチャをベースとするノートPC向けGPU,GeForce 400Mシリーズの新製品7モデルを発表した。GeForce 400Mでは,5月に「GeForce GTX 480M」がリリースされているが,今回の7モデルはそれに続くものとなる。ラインナップは下記のとおりで,「GTX」型番は「Enthusiast」(≒ハイエンド)市場向け,「GT」型番は「Performance」(≒ミドル〜ハイクラス)市場向けという位置づけだ。

GeForce 400M
GeForce GTX 470M
GeForce 400M
GeForce GTX 460M
GeForce 400M
GeForce GT 445M
GeForce 400M
GeForce GT 435M
GeForce 400M
GeForce GT 425M
GeForce 400M
GeForce GT 420M
GeForce 400M
GeForce GT 415M


GeForce 400Mシリーズがようやく「形」に

ノートPC向けでもDirectX 11対応製品が出揃う


GeForce 400Mシリーズは,(置き換え対象となる)前世代のGeForce 300Mシリーズと比べ,ざっくり4割程度の性能向上を果たしたと謳われる
GeForce 400M
 7製品のスペックはにまとめたとおり。大きな特徴は,(Fermiアーキテクチャをべースにするので当たり前だが)DirectX 11をサポートすることと,Intel製グラフィックス機能統合型CPUの“外部3Dアクセラレータ”として,必要なときだけ自動的に有効となる「Optimus」技術に対応することだ。性能上の制約によって非対応となるGeForce GT 420M&415Mを除く5モデルで「3D Vision」をサポートする点もトピックと言えるだろう。

※表中,地の色を変更した部分は筆者推測。7モデルのTDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)は公表されていない

Rene Haas氏(General Manager,Notebook Business Unit,NVIDIA)
 NVIDIAでノートPC関連ビジネスを統括するRene Haas(リネ・ハース)ゼネラルマネージャーは,報道関係者向け説明会でこれら7モデルについて,「すべて,デスクトップ用のGPUをノートPC向けに転用したもので,大きく異なるのはTDPだ」と述べていた。つまり,今回発表された7モデルは,「GeForce GTX 460」が採用するGF104コアなどをベースに,CUDA Core数などを削減したり,動作クロックを抑えたりといったチューニングにより,ノートPCの小型筐体においても適切に動作する程度のTDPにまとめたGPUということになる。
 2010年下半期のNVIDIAは,「GF106」「GF108」と呼ばれるコアを採用し,GeForce GTX 460の下位に置かれるデスクトップPC向けGPUを投入するものと見られているが,今回発表されたGeForce GT 400Mシリーズは,それらとコアを共用している可能性が高い。

新製品全モデルがIntel製CPUと組み合わせたOptimusをサポート。Optimusの発表時から変わらず,Intelプラットフォームのみにフォーカスすることになるが,その理由は「ノートPC市場の85%がIntelプラットフォームだから。技術的というよりはマーケティング上の都合だ」(Haas氏)。OEMとなるPCメーカーが,Optimusを利用せずAMDプラットフォームで使いたいと言ってきた場合にはサポートできるという
GeForce 400M GeForce 400M

 なお,NVIDIAが「Mainstream」(≒エントリー&ローエンド)と位置づける価格帯に向けた新製品は(少なくとも今回は)ない。この市場は今後も当面は,DirectX 10.1までのサポートに留まる従来製品,「GeForce 310M」と「GeForce 305M」でまかなわれることになる。


エミッタ内蔵の“3D Visionノート”をデモ

ただ,ゲーム性能はあまり訴求されず


GeForce 400M
Aspire 5745DG
GeForce 400M
N53
 事前説明会でHaas氏は,GeForce GT 425M搭載で3D Visionに対応し,999ドルの3D立体視対応ノートPCとして訴求されるAcerの「Aspire 5745DG」を用いて,3D Visionのデモを行った。
 世界初の3D Vision対応ノートPCとして注目を集めたASUSTeK Computer(以下,ASUS)の「G51Jx3D」は,「3D Vision Kit同梱」という形で3D立体視を実現していた。これに対してAspire 5745DGは,赤外線エミッタは液晶パネルの“額縁”部に内蔵されており,NVIDIA製のアクティブシャッター式メガネをかければすぐに3D立体視を利用できるというのが大きな特徴だ。

 またHaas氏は,同じくGeForce GT 425搭載,エミッタ内蔵のASUS製ノートPC「N53」を用いて,「Adobe Photoshop」用のプラグイン「Beauty Box Photo」を使って顔のシワを除去するデモや,「Internet Explorer 9」を使った画像カタログ表示のデモを実演。前者はCUDA,後者はShader Model 3.0ベースだが,Core i5の統合型グラフィックス機能を用いる「Pavilion dm4-1060us」と比べて,どちらも高速に動作することがアピールされている。

N53が搭載するGeForce GT 425Mと,Core i5とで,GPUアクセラレーションに対応したInternet Explorer 9のテストを実行したところ(左,中央)。前者では安定して60fpsが出るのに対し,後者はカクつくことがあるという例だ。右はN53でNVIDIAコントロールパネルからスペックをチェックしたところ
GeForce 400M GeForce 400M GeForce 400M

 なお,説明会場には,GeForce GTX 460Mを搭載するASUS製のゲーマー向けノートPCで,3D Visionにも対応した「G53Jw」が用意されていたのだが,ネットワークがらみと思われる問題でSteamが正常に動作せず,予定されていたという「Mafia II」のデモは中止に。また,ゲームパフォーマンスに関してはほとんど何も語られなかった。

GeForce 400M GeForce 400M
GeForce GTX 460Mを搭載するG53Jw。右はGPUのスペックだ
GeForce 400M GeForce 400M
統合グラフィックス機能を利用するCore i5搭載ノートPCと比べて,Core i5+GeForce GT 420MのノートPCがどれだけ高速かをアピールするスライド(左)。右はこの年末にNVIDIAが推すタイトルの一覧


世界シェア上位のメーカーから

年内に搭載ノートPCが登場


GeForce 400M
主要ノートPCメーカー7社のうち6社がGeForce 400M搭載&Optimus対応ノートPCを投入と予告
GeForce 400M
ASUSは3D立体視対応のオールインワンPCも準備中
 競合であるAMDは,1月の時点でDirectX 11世代のノートPC向けGPUシリーズ「ATI Mobility Radeon HD 5000」を発表済み。NVIDIAのラインナップが(エントリーモデルを欠くとはいえ)揃うのは,7か月ほど遅れることになったわけだ。市場調査会社によっては,ノートPC向け単体GPUのシェアでAMDがNVIDIAを上回ったという報告を行っているところもあるが,この状況から,NVIDIAは今回の7モデルを武器に巻き返しを図ることになる。
 Haas氏によると,実機デモが行われたASUSとAcerのほかにも,東芝,Lenovo,Dell,Samsungといった,世界シェア上位7社中6社から,GeForce 400M搭載のノートPCが登場予定。これらはいわゆるホリデーシーズン(≒年末商戦。米国では11月の第4木曜日に設定されている祝日「感謝祭」の翌日からとされる)に店頭へ並ぶ見込みだ。

 日本ではモバイル向けかそうでないかを問わずコンパクトなノートPCが好まれる傾向にあるため,GTX型番のGPUを搭載した製品が大手PCメーカーから登場する可能性は低いが,長らく市場にあったGeForce 200M(&300M)を置き換えるGPUとして,3Dゲームもそこそこにプレイできる小型モデルなら期待できそう。また,ほぼ同じタイミングで,国内のシステムビルダーから上位クラスを搭載したゲーマー向けモデルが登場する可能性もあると思われる。
  • 関連タイトル:

    GeForce 400M

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月