オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GOD EATER公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
GOD EATER
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「GOD EATER(ゴッドイーター)」 同発攻略本スタッフが教える,難易度2までに登場するアラガミはこう倒せ!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/02/04 11:00

攻略

「GOD EATER(ゴッドイーター)」 同発攻略本スタッフが教える,難易度2までに登場するアラガミはこう倒せ!



 ついに発売日を迎えた“チーム連携型ハイスピードハンティング”「GOD EATER」(ゴッドイーター)。今回は新米ゴッドイーター達への手引きとして,ストーリー序盤に登場するアラガミ達の攻略法を紹介。もちろん紹介するアラガミには体験版未登場のものも含まれているので,体験版を穴が開くまでプレイしたというゴッドイーターの方々にとっても役に立つこと請け合いだ。

アラガミとの戦いの基礎知識


 個別のアラガミ攻略を始める前に,戦いに欠かせない二つの知識について学んでおこう。一つめはアラガミごとの攻撃方法を知って,それに対する避け方や反撃のタイミングを知ること。すべての攻撃を覚えれられなくても,とくに危険な攻撃の避け方,反撃しやすい攻撃の見分け方を知るだけでも格段に戦いやすくなるはずだ。
 二つめは,各アラガミに対して有効な属性を知ること。反撃の際になるべく多くのダメージを与えるためにも,有効な属性を備えた刀身や銃身を装備して挑むようにしたい。ちなみに破砕属性と貫通属性については,銃身と刀身では別の属性になっていて,“刀身の破砕属性が効きにくい相手でも,銃身の破砕属性は効きやすい”ということもあるので覚えておこう。

アラガミの攻撃方法は,狙っている相手(以下,ターゲット)がいる距離や方向に応じて変わる。基本的に正面は距離を問わず危険なので,側面や背後に回り込むようにすると戦いやすい
GOD EATER GOD EATER


小型アラガミ実戦攻略


 オウガテイルなどの小型アラガミは能力こそ低いものの,集団で現れたり大型のアラガミといっしょに現れたりすることが多く,放っておいては危険な存在だ。さいわい,数回の攻撃でダウンを奪えることが多いため,アラガミの攻撃を避けたら全力で反撃してダウンさせ,そのまま一息に撃破を狙うようにしたい。もし撃破に手間取って多数のアラガミとの乱戦になってしまった場合は,いったん「スタングレネード」でアラガミの動きを止めて逃げるのも手だ。

対オウガテイル


 多くのミッションに登場する小型のアラガミ。神属性以外の攻撃は効きやすい傾向にあるが,刀身の破砕属性のみ若干効きにくくなっている。おもに飛びつきで一気に距離を詰めてくるなど俊敏な動きをするので,翻弄されないようにターゲットロックをして戦うといいだろう。そうして,攻撃後のスキに剣形態での連続攻撃を叩き込み,ダウンさせたら全力でたたみかけて起き上がる前に倒してしまうのが望ましい。

ダウン中に倒しきれなかったときは,起き上がり後の攻撃に巻き込まれないように一度距離をあけて様子を見よう
GOD EATER GOD EATER

対コクーンメイデン


 地面と一体化していて移動することはないが,聴覚が優れており360度どの方向から近づいても感知されてしまう。こちらに気づくと射程距離の長い光線を連発してくるので,別のアラガミとの乱戦におちいる前に優先して倒しておきたい。神属性以外はほぼ有効で,とくに破砕属性がよく効くので覚えておこう。
 もし乱戦になってしまった場合は,いったんコクーンメイデンの攻撃の射程外まで離れて,アラガミを分断して倒していくのも一つの手。また,コクーンメイデンのみが群生している場合は,離れたところから1体に集中してバレットを撃ちこみ,ある程度体力を削ってから接近戦を挑むといい。

近距離では背後から攻撃するといいが,全方位をカバーするトゲ攻撃を放つこともあるので油断は禁物。体が上に伸びたのを見たらすばやく離れるか,ガードでしのごう
GOD EATER GOD EATER

対ザイゴート


 常にふわふわと浮いていて,こちらを「ヴェノム」などの状態異常に陥らせる攻撃を使う非常にやっかいなアラガミ。近づくと攻撃範囲の広い毒ガスを浴びせてくるため,まずは距離をとってザイゴートの攻撃を左右に避けつつ,「カエン_Hレーザー」などのバレットで攻撃するといい。ある程度ダメージを与えるとダウンして地上に落下するので,その間に斬りかかってOPを回復しておき,再び浮遊したらバレットで攻撃するという戦法が有効だ。なお,神属性以外はどの属性も効果的。バレットも神属性以外を選ぶといい。

アラガミバレットの「ポイズンショット」には,「ヴェノム」の追加効果がある。複数発ためておいて,大型のアラガミに撃ち込むのがオススメ
GOD EATER GOD EATER


大型アラガミ実戦攻略


 コンゴウやシユウなどの大型アラガミは,小型アラガミよりHPや攻撃力が高いのはもちろんだが,頭や腕といった部位によって有効な属性が異なるという特徴もある。また,特定の部位に一定量のダメージを与えると部位破壊を行うことができ,部位破壊報酬として素材アイテムを得られるほか,その部位に有効な属性が増えることもある。つまり,大型アラガミと戦うときに大切なのは,破壊可能な部位に有効な属性を知って,積極的に部位破壊を狙うこと。そうすることで,より楽に倒せるだけでなく,より多くの報酬も得られるのだ。

対コンゴウ


 猿のような外見の大型アラガミ。大柄なわりに俊敏で,離れたターゲットに向かってゴロゴロと転がりながら突進する攻撃や,圧縮した空気を撃ち出す攻撃などバラエティに富んだ攻撃方法を持つ。とはいえ,頭上で空気を炸裂させる攻撃以外は直線的なものが多く,コンゴウの側面にいれば比較的安全に戦える。問題の空気を炸裂させる攻撃は,攻撃前に立ち上がって腹をふくらませる予備動作があるので,それを見たらステップで離れればOKだ。こちらからの攻撃は切断属性の高い刀身で尻尾を,「ヘキレキ_モルター」などの破砕属性のバレットで胴体や顔を狙うと,部位破壊を狙いつつ多くのダメージを与えられる。

顔を攻撃したいときは,コンゴウに近づいて倒れこみ攻撃を誘うといい。倒れこみ時に発生する衝撃波を避けたら,正面に回って起き上がるまでの間に顔をひたすら攻撃だ
GOD EATER GOD EATER

コンゴウ戦でもっとも注意したいのは,ゴロゴロと転がる突進攻撃。体を丸める動作にも攻撃の判定があり,密着しすぎていると巻き込まれてしまうのだ。ほどよい距離を保とう
GOD EATER GOD EATER

対グボロ・グボロ


GOD EATER
 魚類特有のウロコとヒレを持ち,頭部に巨大な砲塔を備えた水陸両棲タイプ。砲塔から水弾を発射する攻撃のほかに,巨大なアゴを活かした噛みつきや,ヒレを振り回す攻撃,酸の雨を降らす攻撃などを使う。なかでもヒレを振り回す攻撃は,噛みつきと同じモーションから続けて繰り出すため,見た目では判別しにくい。そのため,噛みつきを避けたあとは一度様子を見るか,バレットで遠距離から攻撃しよう。
 こちらの反撃チャンスとなるのは,砲塔から水弾を発射する攻撃の最中。この間はグボロ・グボロの側面や背後が安全地帯なので,そこから貫通属性の高いショートの刀身で胴体を攻撃して部位破壊を狙うといい。ちなみに,水弾を発射する攻撃はターゲットが遠くにいると使ってきやすい。いったん距離をとって水弾を誘ったあと,すばやく近づいて反撃するのも手だ。

ターゲットが段差の上にいると酸の雨を降らせる攻撃をよく使うが,この攻撃は緑色の霧が見えてからステップすれば楽に回避できる。わざと段差の上に位置取って,銃形態で背ビレを狙い撃つのもいいだろう
GOD EATER GOD EATER

ヒレや胴体にダメージを与えていくと,ダウンしてしばらく動かなくなる。そうしたら正面に回り込み,ショートの刀身や「イカヅチ_ラピッド」などのバレットで牙の部位破壊を狙うべし
GOD EATER GOD EATER

対シユウ


 鋼の翼手を持つ鳥人型のアラガミ。遠距離では追尾性能の高い火球と,攻撃範囲の広い飛行突進に悩まされがち。一方,近距離では出の早い攻撃もあるものの,攻撃範囲が狭いため正面に立たなければ回避はしやすい。したがって,どちらかといえば接近したほうが戦いやすいだろう。戦法としてはシユウの右肩の後方に回り込んで,破壊可能な両腕羽や下半身,頭を攻撃していくのがオススメ。とくに下半身には「ゴウカ_モルター」などのバレット,頭には「カエン_Hレーザー」などのホーミングするバレットが有効なので,それぞれセットしておいて使い分けるといい。

接近して攻撃しているときは,体をねじってしゃがむモーションに注意。周囲をなぎ払う回転攻撃を繰り出してくるので,シユウから離れるようにステップして回避しよう
GOD EATER GOD EATER

飛行突進は距離によってはステップでも回避できるが,ジャンプで飛び越えるほうが回避しやすい。ただしタイミングが悪いとぶつかってしまうので,ガードして確実にダメージを抑えるのも手
GOD EATER GOD EATER


難易度3以降にはさらなる強敵が待ち受けている!


 上で紹介したアラガミ達は,ゲーム中に登場するなかでもごく一部に過ぎない。難易度3以降には,体験版でもおなじみのヴァジュラを含め,強力なアラガミ達が次々に登場するのだ。以下では難易度3で新たに登場するアラガミの特徴を紹介していこう。なお,難易度3を含むアラガミの攻略情報は,同時発売の攻略本「ゴッドイーター ハンティングガイド」で詳しく解説しているので,そちらを参照していただきたい。ほかにもアラガミの弱点,捕喰や部位破壊で得られる素材アイテム,装備・アイテムのデータなど,本作を楽しむための情報が満載なので,狩りの手引き書としてぜひ活用してほしい。

ヴァジュラ 〜驚異的な跳躍力を誇る雷獣〜


GOD EATER
 体験版で猛威を振るった,トラのような外見の大型アラガミ。あらゆる攻撃を弾くマントをなびかせながら疾走し,どんな距離からでも一気に飛びかかってくる俊敏さが脅威となる。近距離ではひっかき,かみつき,体当たりなどの肉弾攻撃をメインとするが,遠距離では雷球を放ってくる。とくに注意したいのは,怒りで活性化した状態での攻撃。威力,スピードが増すうえ,しばらく動けなくなる「スタン」状態になってしまうこともあるのだ。そうなってしまうと次の攻撃を避けられないため,一気に戦闘不能となってしまうこともある。

どんなに離れていても抜群の跳躍力で襲いかかってくる。怒りで活性化しているときは,その俊敏さがさらに強化されるので相手を見失いがちだ
GOD EATER GOD EATER

周囲に放電する攻撃の前には,マントにビリビリと帯電する様子がうかがえるはず。この予備動作が見えたら,すばやく離れたほうが安全
GOD EATER GOD EATER

ボルグ・カムラン 〜巨大な尾で獲物を粉砕〜


GOD EATER
 全身を銀色に輝く鋼の甲殻に覆われたサソリのような姿のアラガミ。両手に構えた盾を重ね合わせると,ドクロのような表情が浮かび上がる。自慢の尾を使った攻撃はとてつもなく範囲が広く,威力も高い。さらに頭部に生えた複数の針を飛ばす攻撃方法もあるため,尾の攻撃を恐れて遠距離に逃げたとしても油断はできない。こちらから攻撃するときは,いかにも堅そうな盾以外の部位を狙うのがよさそうだ。

尾は前後左右どの方向にも伸びてくる,やっかいな攻撃。さらに尾が突き刺さった地面から円形の衝撃波が広がっていく場合もあるので,遠距離でも気を抜けない
GOD EATER GOD EATER

頭部から射出される針は,一直線に連射するもの,広範囲に拡散するもの,上空に打ち上げたのちにターゲット目がけて落下するものの3タイプがある
GOD EATER GOD EATER

クアドリガ 〜多彩なミサイル攻撃に死角なし〜


GOD EATER
 骸骨のような小さな上半身と,アンバランスな巨体を持つ重戦車のようなアラガミ。キャタピラ状になった四肢を動物のように前後バラバラに動かして移動するのが特徴だ。また,胴体の前部を覆った分厚い装甲が,鬼の面を彷彿とさせるデザインになっているのも恐怖心をあおる。攻撃方法は巨体を活かした突進や,前方から発射するトマホークミサイル,両肩のミサイルポッドから放たれる砲弾と多彩。なかでも複数の砲弾をさまざまな方向に射出するミサイル攻撃は強力で,クアドリガの近くで安全なエリアは皆無と言っていいだろう。

前面の装甲がバックリと開いたら,トマホークミサイルを発射する合図。追尾性能に優れる遠距離攻撃で,着弾時に広範囲にわたって爆風が拡がる
GOD EATER GOD EATER

背後に回り込んでも,バックジャンプで踏み潰そうとしてくる。同時に砲弾をばらまくこともあるため,側面も安全とは言えない。わずかな攻撃後のスキを突くしかなさそうだ
GOD EATER GOD EATER

攻略本「ゴッドイーター ハンティングガイド」発売!

アラガミの攻撃や耐性の解析や,装備・素材のデータといった,激闘を生き抜くために必要な情報はこの本で!


「ゴッドイーター ハンティングガイド」
ソフトバンク クリエイティブ刊,A5判,208ページ,1680円(税込)
本日発売(地域によって書店発売日が異なる場合があります)

「ゴッドイーター ハンティングガイド」をAmazonで買う

「GOD EATER」公式サイト

「ゲーマガ」公式Blog


 
  • 関連タイトル:

    GOD EATER

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日