オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GOD EATER公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
GOD EATER
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

GOD EATER

GOD EATER
公式サイト http://www.godeater.jp/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 シフト
発売日 2010/02/04
価格 5229円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
80
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 生れ落ちたばかりのゲームにしては優秀 80
    • 投稿者:空耳(男性/20代)
    • 投稿日:2010/05/07
    良い点
    ・戦闘の一つ一つに緊張感がある
     どの敵も油断ができず、戦い慣れたはずの敵と戦いに行っても、下手をすると死んでしまうことがあります。全体的に敵の攻撃に隙が少なく、モーションも見分けづらい。
     これからもよく比較されることになるであろうモンハンでは「こいつと戦ってると眠くなる」といったことがよくありますが、こちらにはそれが存在しません。(まだ慣れきっていないせいもありましょうが)

    ・縦軸移動の可能性
     このゲームをやる前に大半の人が経験したであろうモンハンと違い、ジャンプが存在します。これがあるおかげで差別化が図られています。全く違う動きになっていますよ。

    ・データベースの面白さ
     「こんなところまで設定してあったのか」と驚くこともあるデータベース。
     非常にボリュームがありますので、狩りに飽きてきても気分転換が容易に行えます。

    ・バレットエディット
     実用性はともかくとして、見た目重視の通称ロマンバレットはいくらでも作成可能です。バレットエディットに夢中で、気付いたら時計の針が何周もしていた、なんてこともあるかも知れませんよ?
    悪い点
    ・○ボタンを使用するアクションの不便さ
     ガード、ステップ、採取、リンクエイド、と様々な用途がある○ボタン。
     Rボタンと同時押ししたはずなのにステップが発生してしまったり、ステップ(もしくはガード)しようと思ったらたまたまそこに味方の死体(or採取ポイント)があってリンクエイド(採取行動)を開始してしまって一緒に吹き飛ぶ羽目になったり。
     加えてガードのほうは、入力を受け付けない時間が長すぎて、上記と加えて「今ガード入力したじゃん!」と理不尽に感じることもままあります。
     次回作もしくはアップデートで改善されることに期待します。

    ・素材の需要と供給のバランス
     難易度と相まって非常に入手しづらいレア素材であるにも関わらず、それを何個も使用しなければ装備が強化できない、といった状況がよく見られます。
     確かに、すぐに集まってしまってはゲームをやり尽くすまでの時間が短くなってしまいますが、それでもいかがなものかと思われるほどのバランスです。

    ・ストーリー上いなくなってしまったNPCの扱い
     これはストーリーを重視すれば当然のことなのですが、ストーリーの本筋を終えた段階でいなくなっているNPC(名前は伏せておきますが)も、ストーリー上のラスボスを倒した段階で、同行NPCとして復活していて欲しかったです。特に女の子のほうは、攻撃スタイル等も含め、非常に貴重なキャラクターであるだけに残念でなりません。

    ・ミッションに登場する敵の必然性
     とにかく難易度を上げるためだけに作り上げられたとしか思えないミッションが多々存在します。複数登場させるにしても、もう少し必然性を持たせてほしかったと思います。

    ・キャラクターメイキングの底の浅さ
     新人であるという設定のため、仕方ないのかも知れませんが、十代に見えるキャラクターしか作成できません。男女共に、もう少し渋いボイスや顔、髪型のキャラも作ってみたかったですね。

    NPCのAIについては散々書かれているので割愛。
    総評
    と、並べてみると悪い点が多くなってしまいましたが、ここに挙げたものは、大半が良い点と表裏一体をなしている、あるいは「欲を言えば」程度のものです。
    装備の少なさ、敵のバリエーションの少なさは、第一作であることを思えば文句を言えたものではありません。それが甘いと言われれば否定はしきれませんけれど。システム面の甘さに関しては、先達から学ぶこともあったろうにと思わなくもありません。

    このゲーム、リアルさといったものとは無縁ですが、だからこそゲームであるということを実感させてくれます。もちろんいい意味ですよ。
    キャラクターのモデリングがアニメ調であったり、吹き替えよりもアニメ寄りの声優を多数起用しているのも、そういった狙いがあってのことでしょうね。

    「ハイスピードモンハン」と揶揄されることもあるこのゲームですが、成長していけばハンティングアクションゲームとしてモンハンと双璧をなすまでに至ると思います。それこそRPGにおけるFF派とDQ派のように、モンハン派とゴッドイーター派というものが生まれてもおかしくありませんね。私はどちらも好きですが(笑)
    その成長を祈り、第一作目であるというご祝儀も含め、この点数をつけさせていただきます。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 3 2
  • キツイからこそ!! 100
    • 投稿者:闇鴉(男性/40代)
    • 投稿日:2010/04/08
    良い点
    ・スピード感のある戦闘。斬撃・砲撃感がタマらんです。
    ・モンハンシステム・・・・。
    ・激辛ミッションの存在で、自分の技術の上達の体感ができたこと。
    ・ありがちな展開だったが、良きストーリー。
    ・なぜか聞き入る良いBGM・音楽。
    ・バレットエディットのすばらしさ。理解したときに激変します。
    ・定期的なDLCコンテンツ配信。
    ・製作側の追加コンテンツでのプレイヤー要望の聞き入れ。
    悪い点
    ・アイテムの使用方法(セレクトボタン)が、使いづらいカナ?
    ・カメラワークの上下ブレ。
    ・銃発射回数が、ゲージな事。
    ・使わないスキルが多すぎること・・・アハハハハ
    総評
    かなりキツイ難易度の酷評が目立ちますが、
    何でしょう・・・キツイからこそやりがいがあるのでは?
    と思うんですが、どうなんでしょう?

    このゲーム自体”モンハンモドキ”と言ってる割に
    モンハン自体、キツイゲームでは?などと思い
    今のヌルさを求めるゲームプレイヤーに、喝を入れてくれたゲームだと思います。

    もうかれこれ、200時間を超え、いまだにプレイしております。

    戦い方を考えて頭使ってやれるからこそ、感動も大きいわけです。
    そこが製作者の意図な気がします・・・。

    良いゲームに出会えました。
    続編に、大変期待しております。

    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • 評価は難易度をどう感じるかだと思う。 95
    • 投稿者:マッシ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/04/06
    良い点
    ・難易度がなかなか高い!だけど絶対できないという難易度ではなく、頑張ればできそうなところ。

    ・捕喰することによってなれるバーストモード!これをやってこそゴッドイーター。ハイスピードアクションができること。やるとやらないとでは結構違う。

    ・1ミッションにそんなに時間がかからないので、気軽にできるところ。

    ・バレットを自作できるところ。時間をかけて作ったモノで戦えるってのは結構イイ!
    悪い点
    ・体験版からやってると、序盤がかなりぬるいです。はじめてならこれくらい準備期間というかなんというか必要なのかもしれないけど・・・

    ・NPCの扱いに困ること。ただ、戦力的には結構馬鹿にはできないし、無視するのも・・・って感じ。う〜ん。

    ・ちょこっとダッシュして動きたいとき、入力が早すぎると武器交換しちゃうところ。
    総評
    自分としては満足でした。
    体験版も含めた評価からすると、「あ〜だったらいいのに」ってのが結構あったのが製品版ではそうなってたりしていて、かなりいいものになってました。

    確かに難易度が高いとか、NPCのAIがちょっとガッカリだったりはしますが、解決方法があります。
    マルチプレイしましょう!やっぱりマルチプレイでワイワイやるのが一番楽しい!
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 5
  • 結局作業ゲー 70
    良い点
    ○世界観
     ここは大きな違い。
     ストーリー性はこちらの方が上で、単なる狩りゲームではない。

    ○施設がまとまっている
     売り物によって店が違ったり家に出入りする必要が無く、無駄なロードは少ない。

    ○読み込み速度
     メディアインストールが無いが、出発から到着までのロード時間は比較的短い。

    ○スピード感
     戦闘のテンポは早い。
     慣れが必要になってくるが、もっさりした狩りより爽快感がある。
    悪い点
    ×作業ゲー
     結局は敵を倒す→素材集める→装備強化の繰り返し。
     バランスよくテンポを崩さない程度なら良いのだが、何度も同じステージを
     繰り返すのは飽きてしまう。

    ×カメラ
     某モンスターをハンティングするゲームで散々ユーザーが指摘したカメラ。
     会社は違えど耳に入っていると思われるのに、まったく一緒。
     壁際に追い込まれるとまったく見えず、非常にやりにくい。

    ×グラフィック
     少々荒すぎる。
     ローポリでの表現力は、某モンスターを〜の方が優れている。

    ×装備が少ない
     一見多く見えるが、強化で変化したり派生する程度で、種類自体は少ない。

    総評
    体験版での情報収集方法は成功していると思う。
    逆を言えば、体験版の仕様で製品化していたらまず買わなかった。
    中には体験版で満足してしまう人も居たようだが・・・。

    似ている部分から某狩りゲーと比較されるが、正直似ているところは似ている。
    だが、作っている人が違うのだから千者千様。
    似ているからとイコールでくくるのではなく、それぞれの良いところを楽しめなければもったいない。

    それぞれ良いところも悪いところもあるので、レビューを見て興味を持たれたなら、是非体験版を遊んでみることをお勧めする。
    比較するだけなら十分、違う部分の面白さを感じ取ってもらえるはず。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 3 4 3
  • 狭い空間と理不尽な死亡に耐えてこそのゴッドイーター 70
    • 投稿者:もけけ(男性/40代)
    • 投稿日:2010/03/17
    良い点
    ・スピード感があり、サクサクプレイができる
    ただし難易度は別

    ・クエスト文だけではなく、デモムービーなどストーリーがしっかり作ってある

    ・弾を改造できるというバレットエディットが面白い

    ・音楽がいい

    ・(敢えていい点)錬金のバグがあってバランスが整った感じ
    悪い点
    ・狭い
    NPCを引き連れて戦う場合、場所を選ばず好戦的なNPCのお守りのため小部屋みたいな場所や通路のような場所で戦うケースが多々。しかも大型種は狭いところに逃げたがるためてんやわんや。

    ・ダメージが強大で理不尽な死亡
    怒り状態で大型種が1往復したら死亡
    体力を削られる盾でガードしたのに死亡
    相手飛び道具の連射に思わずガードしたらモリモリ削られ死亡
    起き上がりに攻撃を重ねられて死亡
    3回連続狙われて死亡
    ザコのダメージもやたら激痛

    ・NPCがおバカ
    散った状態でスタートし、NPCが大型種に気づかれた場合、大型種を引き連れて合流してくれるため、複数の大型種と戦う場合、初期配置で詰む場合もある。
    戦わずぼーっと突っ立っていることも多々あり、攻撃に対しての行動パターンの底が見える。相手攻撃の事前モーション前にガードする予知能力的行動はありがたいけど。

    ・回避に無敵時間がない
    大型種の攻撃範囲が広大かつ狭いところで戦う場合は一瞬でも無敵時間があればステップで回避できるものの、ガードするか、目の前で爆発を起こして自ら吹っ飛ぶバレットを作って無敵時間を作る「緊急回避弾」で避けなければならない。
    ハイスピードを謳うなら一瞬でも無敵時間がほしかった。

    ・バレットの当たり判定がシビア
    というか、当たっただろと思ったところでも素通りされる。
    逆に建物とプレイヤーの当たり判定は外側に広がっており、壁越しから狙い撃ちすると見えない壁にあたってポシャンと消えるなんてことも。

    ・壁向きにアイテムを敷設すると使えない

    ・のそのそ歩いているのに当たったら思いっきり吹っ飛ばされる
    総評
    悪い点ばっかり挙げてますが、100時間以上プレイしてます。
    テンポがよくアクションゲームしている感があり、携帯機としてもプレイ時間との相性もいい感じです。

    しかし悪い点については素材集め中で物欲センサー発動した場合はフラストレーションがたまる一方になりかねません。これで1ミッション10分確実、要求素材大量だとしたら折れるのはあっさりと思います。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 4 4
  • 凶悪なバランスの悪さ 50
    • 投稿者:GEN(男性/30代)
    • 投稿日:2010/03/05
    良い点
    モンスターハンターとは対極に位置する世界設定とアクション性。
    特にアクション性はモンスターハンター軽く凌ぎます。
    滑空してくる敵をジャンプで回避、回転してくる攻撃をジャンプで回避。
    縦の動きが混ざるだけでこれだけ面白くなるとは思いませんでした。
    戦場もシームレスに繋がっており、そのためかローディング時間も短く、読み込み時間によるストレスは全くありませんでした。
    悪い点
    ある程度内容を進めると難易度が急に跳ね上がります。
    シームレスな戦場に2匹〜4匹の大型モンスターが登場、体力は低く作られてるようですが攻撃力は変わらないという鬼畜っぷり。分割は可能ですが既に多数の大型モンスターが乱入しているケースだとNPCを入れていると分割はほぼ不可能です。
    その難易度の分、報酬素材や報奨金も良いのかと思いきや、そんな事もなく…報奨金は各難易度で一律で同じ、報酬素材に至っては1日3時間を3日間やってやっと1個などという体たらく。一気にストレスが溜まるゲームに早変わりとなります。
    総評
    開発者はモンスターハンターがなぜ一部の方からクソゲームと言われるのか、なぜ良ゲームと言われるのか一から研究してみるべきでしょうね。それとも悪名高いバンナム商法をこのゲームにも持ってくる気なんでしょうか…
    願わくばネームバリューのみで発売されるようなゲームに成り下がらないことを祈ります。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 2 3
  • 新作はいいよね。 60
    良い点
    新作はいいよね。
    リメイクじゃないっていいよね。
    キャラがノミのようにぴょんぴょん動くきます。
    悪い点
    バグがね・・・あれがなければかなり楽しめたかも。
    NPCの仲間がアフォすぎてどうしようもないが助けてしまう。
    総評
    モンハンから派生系だと思います。
    もし2とかがでてくれればもっと詰めていい感じになるとおもきがします。
    このゲーム?新作だし
    がんばりましょう
    ってところですかね。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 3
  • なかなかやり応えのあるゲーム 85
    • 投稿者:菜奈々(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/24
    良い点
    ・戦闘がなかなかの難易度で良い
    常に緊張を強いられる戦闘バランス。
    よくモンハンと比較されるがあれとは真逆にあるゲームと言える。

    ・死亡時のリスクが少ない。
    たとえ死んだとしても、リスポンまで猶予があり、その間に仲間からHPを分けてもらう事で復活できる。
    死にやすいゲームではあるがこのシステムのお陰で死亡時のリスクが抑えられており
    他人と一緒にプレイする時も気楽に出来る。

    ・オリジナルのバレット製作が楽しい。
    このゲームは戦闘中に剣と銃を切り替えて戦うのだが、銃の時に使う弾をカスタマイズ出来る。
    その幅がかなり広く、強力な弾からネタのような弾までいろいろな物が簡単に作れるのはかなり楽しい。

    ・ストーリー、キャラが良い
    荒廃した世界で生きていく人間達というシチュエーションをよく生かしていると思う。
    キャラも癖が無く取っ付き易い印象を受けた。
    会話も小まめに変化しており、ストーリーの外で起こる状況の変化が面白い。

    ・部位破壊システムによる攻略の幅が楽しい。
    敵には破壊部位があり、そこを壊すとダメージが通りやすくなる。
    一気に攻め立てることが出来るようになるため、マンネリになりがちな戦闘や
    どうしても勝てない戦闘でも打開策が用意されているようで楽しい。
    悪い点
    ・仲間の銃使いがお荷物
    主人公と一部の仲間は武器を剣と銃の形態に変化させながら戦うのだが、殆どのキャラはどちらか片方だけしか使えない。
    剣を使うキャラは仲間として頼りになるのだが、銃を使うキャラが酷い。
    味方が射線に居ても撃つ。ダメージは無いがノックバック、空中に居る時は転ぶため
    そこを敵に狙われると詰む。
    その性質上遠くから撃つので敵が移動しやすい上に、遠くに居るので自分が死んだ時復活させるのに手間がかかる。
    これらの要素から、銃使いは使わないほうがマシ、という状態になってしまっている。

    ・敵の攻撃の理不尽さ
    攻撃速度が速いので置き攻めを当たり前に行う
    2体以上を相手にする時には体力全開でも何も出来ずに死ぬ事が良くある。
    復活が容易なせいか、かなり理不尽な死に方が多い。
    ステップだけでなく、喰らった後の受身のようなシステムがあればよかったと思う。

    ・難易度が非常に高い
    かなり難易度が高めに設定されている。というか高すぎるのではないか。
    敵の強さが変わるのと同時に、敵の数も増えるため非常に難しい。
    一人ではストーリーをクリアするのも難しいのではないだろうか。
    難易度の高さは面白さでもあるが、ストーリーモードすら難しいのはどうなのだろう。

    ・武器が実質銃と剣の二種類。
    銃に関してはバレットのカスタマイズがあるので十分である。
    剣は小型中型大型と三種類しかなく、モーションも変化するが余り変わった気がしない。
    槍や二刀流など、剣からの変化が欲しかった。

    ・アラガミバレットの存在感のなさ。
    このゲームでは敵から弾を奪えるのだが、そのシステムの存在感が薄い。
    苦労して取っても相手と同じ属性なので効きにくく、
    その上自作のバレットの方がよっぽど強いという事が多い。
    人に渡すとさらに強力なバレットに変化するが、手間の割には報われない。

    ・戦闘からリタイアできない。
    行くミッションを間違えると面倒くさい。何故入れなかったのか疑問が残る。
    総評
    モンハンだ何だと騒がれていますが、かなりの良作でした。
    歯ごたえのあるゲームで、一度倒した事のある相手でも油断の出来ない難易度です。
    しかし難易度がかなり高いので、腕に自信のある方以外は友達と一緒に購入する事をお勧めします。
    スピード感あるアクションはかなり面白く、相手を攻撃した時のエフェクトも爽快感があります。

    細かい不満はありますが、ゲーム自体はそれを帳消しにするほど面白いです。
    是非ともプレイしてみてください。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 4
  • 熱中できる!! 90
    良い点
    一つのミッションの難易度がちょうど良く設定されていて時間に合わせてやりこみやすいところ
    バレットエディットの自由さがとても面白く、自分だけのバレットを作れるところ
    悪い点
    ロードが長い データインストールがあってもよかった
    総評
    かなりの良作だと思います。マルチプレイによって楽しさはどんどん倍増してくと思います。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 5 5
  • もぅちょっと! 65
    • 投稿者:つんあだ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/24
    良い点
    ストーリーと世界観が凝ってて面白い。
    音楽が素晴らしい。正直「ここはこの曲じゃないだろ」って場面もあったけれど、どれも素晴らしい出来でした。
    キャラクターもさることながらモンスターのデザインも素晴らしい。
    武器のカスタマイズや衣装の数も豊富で、服自体に防御力はないので好きなコーディネートでプレイできる。
    ミッションの数が豊富。
    ダウンロードミッションが今後配信されるみたいなので長く続けられる。
    PSPのわりにグラフィックが綺麗。
    悪い点
    敵がやたら素早い。まさにハイスピードアクション。
    プレイヤーのアクションが微妙。プレイヤーはちょっとだけハイスピードアクション。
    武器開発の時に、一定のミッションレベルに達してないと出ない選択肢があるのでいちいち作りなおしたりすることもちらほら。
    ソロじゃ厳しいところがちらほら。挫折してる人もちらほら。
    NPCは基本的にいらない敵を勝手に釣るか、勝手に撃ってチャンスを台無しにしてくれるありがたい存在。お粗末。
    リンクエイドという機能でHPの残りがいくら少なくても倒れている仲間を復活できちゃうので強敵だとグダグダになることも・・・。
    マップが全部繋がってるのは良いとして狭すぎる。一度に3体以上の敵に気づかれたら逃げるのは困難。それに加えNPCを連れてた場合、NPCが頑張って釣ってきてくれるんでまさにハイスピードアクション!!
    総評
    正直、製作側がアクション性を勘違いしてる。ハイスピードなのはモンスターだけ。
    某モンスターハンターにダッシュ、ジャンプ、強弱攻撃の追加、攻撃を連撃にしただけ。そう聞くと面白そうと思うけどアクション性はそんな変らない。あとリンクエイド。リンクエイドいらない。
    バスターソードなんか使ってると結局は某モンハンとあまり変らない。隙ができたら一撃打ち込んでまた離れて隙を伺ってズドンの繰り返し。あわよくば溜め斬りか何発か入れる感じ。ハイスピードつっても結局はプレイヤーの動きは単調になってしまう。個人的には攻撃キャンセルと空中ガードなんかがあればもっとアグレッシブに遊べた気がする。あと、スタミナを大量消費して緊急回避とか。
    ストーリークリア後はソロでは本当にやる気が出ない。

    ストーリー、世界観、音響、デザイン・・・どれも素晴らしいものだけにこのアクション性は納得いきません。あともうすこし!
    次回作があるなら期待。むしろこの世界を一作で終わらせて欲しくない。
    まぁ・・・上にも書いたように敵はハイスピードアクション!!でプレイヤーはちょっとだけハイスピードアクション!なゲームですが、買って損したとは思ってません。ゲームとしては結構楽しめたと思います。ストーリークリアまでは。
    あとは友人なんかと一緒にやるのが面白いのではないでしょうか。まぁソッチの方の人はソロでも楽しめるのではないでしょうか色々な意味で。「悔しい・・・でも感じちゃう!」みたいな。

    とにかく、某モンスターハンターとは一味違うゲームです。色々と!
    悪いゲームではないので一度試してみては?
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • とても面白いと思います。 95
    • 投稿者:のこまき(女性/20代)
    • 投稿日:2010/02/20
    良い点
    ・アクション
    ・スピードのある戦闘
    ・キャラメイク、ファッションが豊富
    ・敵と戦闘するときのBGM
    ・銃と剣の切り替え
    ・バレット作成が面白い
    ・NPCに魅力がある
    ・難易度の高さ
    ・リンクエイドと言うシステム
    悪い点
    ・アラガミの被ダメが大きい
    ・後半になるとNPCがいらない子になってくる
    ・お金稼ぎが難しい
    (お金が無限に増える不具合?を使えば困らない。)
    ・バレット作成にかなりのお金を使う
    ・捕食に魅力を感じない(する必要がない)
    総評
    最初は、どうせモンハンのパクリだろうと思っていましたが、
    スピード感があり、キャラメイクも良いし、似てるところもありますが
    モンハンとは全然違うゲーム、と思いました。
    ソロでも結構楽しめると思いますが、上記にも書いた通りNPCが邪魔になってくるので、通信する相手がいればかなり楽しいと思います。

    難易度がかなり高めだと思います。
    初めての作品にしては、かなり出来の良いゲームだと思います
    色々と不具合やボリュームにかける部分がありますが、とても楽しめる作品だと思います。

    次回作にかなり期待、難易度は下げないで欲しいです。


    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • アクションゲーム好きな人向け 75
    良い点
    ・序盤の戦闘のテンポが良い

    ・装備のカスタマイズが色々できて面白い

    ・ミッションの難易度が1から10までありやり込み要素も多い

    ・PSPを繋げれば最大4人までプレイできるので大人数で楽しめる

    ・BGMに良い曲が多い
    悪い点
    ・難易度6から1撃死することがある

    ・装備をカスタマイズするためのアイテム集めに時間がかかる

    ・ストーリーの難易度は6までなので一人でもクリアできるがそれ以降は難しくなる
    総評
    アクションが好きな方にお勧め。アクションが苦手な人には難しいバランスです。
    人を選ぶゲームですが、とても良いゲームだと思います。次回作に期待です。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 4
  • 二番煎じと思いきや、意外と面白かった 75
    • 投稿者:ゆな(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/16
    良い点
    ○キャラクターメイキングができ、主人公に思い入れができる
    ○独特な世界観やストーリー
    ○力尽きた仲間を助けるリンクエイドやアラガミバレットの受け渡しなどのシステムで、仲間と協力して戦うことができる
    ○武器を自由に切り替えたり、バースト状態の高速移動など臨機応変に戦い方を変えることができる
    ○バレットエディットの自由度により、敵に合わせた弾が好きなように作れる
    ○ダウンロードミッションによる新敵の追加があること
    ○体験版でのアンケートの意見を取り入れて、システムの改善を行ったこと
    悪い点
    ●主人公がストーリーイベントにて空気になりがち。また、声や見た目と合わないような行動(クールな外見なのにはしゃぐなど)をとる
    ●一部NPCがプレイヤーと同じパーツ、声なのでドッペルゲンガーとなる
    ●ストーリー進行に必要なミッションの難易度が高いものがある(主に複数討伐ミッション)
    ●一度合流した敵を分断するのが困難なので、上記のストーリー進行に必要な複数討伐ミッションをクリアすることが厳しい
    ●お金を稼ぐのが難しいのに、バレットエディットでは無駄に金がかかる
    ●R+○同時押しのガードやR短め押しの武器切り替えなどが暴発しやすく、事故死しやすい
    ●金額設定ミスによる無限金増殖(おかげでミッションクリアできる部分もあるが)
    ●フィールドに落ちている素材がひとつずつしか拾えないのがテンポを悪くしている
    ●武器のカテゴリーが少なく、ワンパターンな組み合わせになりやすい
    総評
    モンハンもしくはファンタシースターポータブルを意識しているのは売り文句やパッケージデザイン、体験版や製作者ブログからも伺える。
    が、パクリーゲーと思って先入観だけでプレイしないのは少し勿体ない。
    斬新とまでは言わないが独自のゲーム性を持っている作品なので、アクション好きなら楽しめる作品だと思う。
    世界観などは好みが分かれるところだと思うので万人にお勧めできないが、厨二病という言葉に抵抗がない人は受け入れやすいのではないか。
    ただ荒削りなシステムや武器やアラガミの種類のボリューム、ミッションのバランス調整不足などの部分があるので、ゲーム総評としてはやはり次回作に期待といった感じか。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 2
  • モンハンのパクリ?いやいや、そんな事はない。 85
    • 投稿者:優しき心(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/16
    良い点
    ・横乳、下乳、谷間が・・・うわーなにをすrftgyふじこlp;@:
    いきなり何を言い出すんだ、全く。

    ・基本的に武器は剣(ショート、ロング、バスター)と銃(スナイパー、アサルト、ブラスト)を切り替えて戦う。剣は一概には言えないけど、横に範囲があり移動の少ない弱攻撃と移動も含む縦範囲に強い強攻撃を使い分ける。当然空中においては全く違うアクションとなるが使い分けはあり。銃は色々とすごいので別途。

    ・ハイスピードアクション、確かにモンハンのようなもっさり(悪く言うと重量感がない、大剣クラスを片手で水平に構えたりするNPCいますからね)ではなく、どちらかというとちょこまか動く感じです。回避あり、ガードあり、中にはジャンプの方が回避しやすい攻撃もあり。ガードは装備している盾種によって展開速度が異なったり、銃ではガードできないが回避が剣より使いやすいなどの特徴もある。

    ・それぞれのキャラクターが生きている。最近のゲームではクリアしても、いまいちNPCの印象が残らない。残っても1人2人くらいでしょう。ゴッドイーターはなぜかほぼ全員にそれぞれのイメージがあるせいか記憶に残りやすい。エリックとかエリックとかエリックが代表的だろうか。

    ・他には捕食という敵を食らうアクション(生きてる相手なら一定時間自分がパワーアップ+食べた相手によって変わる特殊な弾を撃てるようになる。)、また食べて得た弾を味方に渡すと更に味方がブーストとかになる。採取もある(ただし、1ヶ所で1個だけどもなー)

    ・最大の特徴、バレットエディット機能。銃で撃つ弾は店で買えるが、店で買ったりするのはあくまで「簡易な、基礎として、用意されたサンプル」にすぎない。プレイヤーは自分だけのかなり幅広い種類の弾を開発可能。例えば敵まで誘導で飛んで行き敵に当たったら敵に貼りついてレーザー連射(実際これは最強弾の例で善し悪しは悪い点にも記載予定)、後は撃ったら空中に停止した球体から敵に射撃、また球体が移動してそこから射撃という感じの弾、他にも撃ったら目の前に火の壁作るだとか色々作れる。

    ・ストーリー自体は難易度6で終わる。ツッコミたいシーンも多いが、基本的にはかなり王道なシナリオ。在り来たりとも言えるが安心して見てられるとも言える。また難易度は10まであり、6以降も凶悪さが増して続く。

    ・モンハンにない特徴と言えばやはり複数同時に相手するボス。4匹のボスを同時に相手するミッションなどがあります。最初に何の情報もなくやっている人はストーリーをクリアするだけでも挫折しそうなミッションが時々ある。こんなのいつか楽に勝てる日くるのかよwwwと思いつつ、最大難易度クリアする頃には2分かからず4匹全滅なんて事になります。俺TUEEE無双に期待して頑張りましょう。

    正直、体験版時点では買うか迷っていました。無駄に難易度高いですから・・・アクション苦手な人がやると1ミッションで10回近く死ぬみたいですからね(仲間やNPCがHPを分け与えて復活可能、これに関しては復活回数は無限。助けてもらえず時間経過で3回復活したら失敗。)
    しかし、いざ製品版を買うと結構改良された部分も多くスキルや武器の組み合わせ(体験版では少ないですが、製品版は結構多いです)により、思ったよりはなんとかなるミッションが多い。
    良い点はまだまだありますが、一応パッと浮かぶ部分だけ書きました。
    悪い点
    ・悪いと言えるかどうかは謎ですが、一般的に言う錬金が可能です。(錬金とは?→ゲーム内において、単純に店で買ったアイテムを売ったり、店で買ったアイテムを合成だけして売るとなぜか差額で儲かるというバグ技的なモノを意味します。)ゴッドイーターでは、難易度4に入ると店に売られるアイテムを買い、売り払うだけで差額でお金がどんどん増やせます。当然、こんな不具合は悪いに決まってるだろ!と言うべきとこですが、ゴッドイーターに関しては一概に悪いとは実は言えない。
    なぜなら・・・「無駄に難易度が高いから」です。制作スタッフが廃人すぎて、どんどん難易度が上がったという話もあり、最初は単純に動きが読めず死に、最後は相手が強すぎて即死連発なんていう難易度です。こうなると回復アイテムは惜しみなく使えて、装備も強化できる限りは強化、弾編集もかなりお金がいる。というわけで、ストレスを感じず遊びたいというならば、この錬金不具合はむしろゴッドイーターを丁度良い具合の難易度にしてくれる味方とも言えるのです。

    ・2つ目、良い点であげたバレットエディットの悪い面。言ってしまえば単純に弾を撃って当てるだけじゃなく、適当に撃ったら相手に誘導して当たり、当たったらひっついて最大威力の弾をぶちまけるなんていう凶悪なモノが作れます。すでに有名ですが、「そういう一部の弾」があまりにも強すぎて、結局個性が出るはずの弾がみんな効率を求めて同じ弾を使っているという状況を作り出す。これはマイナスとも言えるが、ある意味では仕方ないのかも知れない。自由に編集可能ということは必ず最大効率を誰かが求めて発見してしまうもんですからね・・・。
    後は悪い点だけでなく、行き詰った時点でそれに近いものを作り使用するだけで、アクションが苦手な人でもクリアできる手助けになる、という良い点もある。

    ・操作性。空中に浮く敵をターゲットすると敵が地面に落ちた際などに視界がおかしくなります。慣れるとターゲットなんかしないのが普通になる。後はボタン数でしょうか、武器切り替えがRちょい押し、走りがR長押し、ガードがR+○、どんだけ誤爆する率が高い操作性wと言いたくなるボタン不足具合。ガードしようとしたら武器切り替えてしにますた、なんていうのもあり得る話。

    ・モンスターの亜種が多め、亜種というかゴッドイーターでは堕天という扱いですが、最初から堕天まみれです。堕天はだいたい原種の隙を減らした感じのものが多いので、一部の人からは批判もあるようです。仕方ないとしか言いようがないので自分は気にしませんけどもw

    ・素材がマゾォォォイ。某狩りゲーと並ぶヒドさ。私の場合は1つの素材をとるのに1戦2分を10時間繰り返し続けるという病気になるよ?と言いたくなるレアの出なささ。
    というのも、最上位クラスとなると大体が
    1:相当強い相手の部位破壊条件でなかなか出ないレアをいくつも必要とする。
    2:欲しい素材を持つ敵が単体で存在するミッションがない。
    3:採取が1ヶ所1回1個なのに、なかなか出ない上にミッション破棄や素材採取ミッションはない。(タイトルに戻るでロードが色々長いですが、素材を持ってミッションを抜ける事は可能です。)
    4:欲しい素材が矛盾を生み出す。例えば神属性の武器強化したいと思ったら・・・必要素材を出す相手が神弱点とか。氷属性の武器強化しようとしたら火に弱い相手、なら先に火に弱い相手を倒す為に火属性武器を強化しよ・・・今度はこっちが氷に弱い敵かよ!という、氷と火だけ相対だとかっていう関係が矛盾を生み出す。

    悪い点はいうまでもなく多い。ぶっちゃけコレはコレで遊べるけど、何か粗雑じゃないか?と思う部分だらけ、期待は総評にて記載。
    総評
    自分的に
    一番良い点:簡単すぎず、協力プレイも同期がよく取れていて、ぜひ2が出たら買いたいぞ!頑張れバンナム!
    一番悪い点:自分的に一番悪いのは謎のヘイト関連(ヘイト→MMOなどでよく使われますが、敵からの嫌われ具合。つまりタゲられやすさみたいなもんか)です。Aのボス、Bのボス、Cの雑魚がいるミッションで、まずAを集中で倒そうと火力集中しているとBもCもまとめて自分を攻撃してきます。内部的にはたぶん全敵のヘイトが共通なんでしょうかね?ストレスが溜まるったらありゃしない。てめぇには触れてすらいないんだから、こっちあっかり連続で攻撃しにくるんじゃねーよwお呼びじゃねーよwという邪魔具合をどうにかしてくれ。ぶっちゃけ防御より攻撃タイプなので、某狩りゲーでも狙われる率圧倒的に高いわけで、ゴッドイーターしてると永遠自分に貼りつかれる事が多すぎて困る。

    シリーズ1作目にして、この出来。不具合や不便はまだまだありますが、かなり良い出だしと言えるんではないでしょうか?まだまだ消費者側の意見を取り入れる姿勢をいうものも見せてくれているので、ぜひとも2が出たらまた絶望したいです。というわけで、1を踏まえて、2をヌルゲーに・・・とかやめて欲しい。これでいいんだ、これで、日本人はMの方が多いんです。
    モンハンのパクリだろ?wとか、モンハンみたいな狩りゲーはもう飽きたとか言ってる人も、難しいのか・・・?俺でクリアできる?とか思ってる人にもオススメ。
    じわじわやってるうちに楽しくなってくらぁ、気付けば数時間同じ敵と戦ってるなんてことにならぁw

    各項目の評価で思い出したけど、結構BGMかっこよかったりします。空耳が汚いフィールドもありますけどw
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 5 5
  • 協力プレイが大前提? 65
    • 投稿者:CLOWN(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/16
    良い点
    ・アクションに爽快感があり、コンボ派生もそこそこ
    ・バレットを自分好みに改造できる
    ・装備を作るための素材がわりとサクサク集まる
    ・声優が豪華(だと思う)
    ・ムービーがフルボイスで楽しめる
    悪い点
    ・被ダメが大きすぎる(特に大型アラガミ)
    ・当たり判定がわりとシビア
    ・CPUがおバカ
    ・ロックを解除した時の視点補正が邪魔になることも
    ・ムービーの動きがワンパターン
    総評
    序盤はCPU引き連れてのソロプレイでも余裕で進めていけますが、中盤(?)以降の大型アラガミ複数同時討伐となってくるとCPUが邪魔になってきます。

    他のCPUが倒れてもリンクエイドしないし、
    一体だけの注意を引きつけて分離させようと移動しても、後ろからCPUがついてきて、その後ろからもう一体も合流なんてこともよくあるし、
    プレイヤーが倒れたら真っ先に復活させようとしてアラガミの至近距離にも関わらずリンクエイドしてくれたりするし、
    正直、迷惑にしか思えません。

    かといって、CPU抜きの完全ソロプレイだと到底太刀打ちできませんし、
    やはり他のプレイヤーと組んで行くことが前提になってるんだと思います。

    モンハンのパチもんだとか言われていますが、
    共通点がゼロではないものの、全くの別ゲーという印象を受けました。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 4 3
  • モンハンの対抗馬となるか? 80
    • 投稿者:yoshi0(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/09
    良い点
    ・いってしまえば基本的なシステムはモンスターハンターの二番煎じですが、スピード感や剣と銃を自在に切り替えられるなどしっかり差別化もされています。この手のゲームにしては世界観やキャラクターの個性が強く、ストーリーもまともというか、ちゃんとしているので、RPGっぽい雰囲気が好きな人にも受け入れられるんじゃないでしょうか。

    ・リンクエイドやリンクバーストなど連携を重視したシステムが多く、心地良い共闘感がある。やられてしまっても仲間がかけつければ復活できるので、ミスした時のペナルティがそこまで大きくないのがいいですね。とはいえ、助ける側は無防備になる上に自分の体力を分け与えるかたちになるので適度なリスクと緊張感もあり、そのやり取りがこのゲーム独自の共闘感に繋がっていると思う。

    ・本作独自?のバレットエディット機能が地味にすごい。なんだかあまりウリにしていないみたいですが、いじれる項目の多さと予想外のカスタマイズ性の高さにビックリ。うまく組み合わせればトマホークミサイルや某ファンネルみたいなのも作れちゃいます。敵にあわせた実用性重視のバレットや、見た目重視のバレット等など、試行錯誤してみたくなるシステムです。
    悪い点
    ・ゲーム中盤以降の難易度がやたら高い。1体でも決して楽ではない中〜大型ボスが2〜3体複数同時出現するなど当たり前で、ストーリーに関連するミッションだろうと容赦のない難易度。マルチプレイなら二手に分かれるなどして対処できなくもないが、シングルモードではNPCが敵を連れてきてしまうため乱戦必至の地獄絵図に・・・。「難易度が高いから減点」というのはナンセンスな気もしますが、これに関してはストーリーを自力でクリアできない人がいてもおかしくないレベルなので、悪い点に挙げます。

    ・タイトルにもなっている捕喰システムですが、隙が大きい割りに見返りが少ない気がします。まだ詳しいデータなどが明らかになっていないので、もしかすると有用な使い方があるのかもしれませんが、現時点ではあえて捕喰するほどのメリットを感じませんね。

    ・新規作なので仕方が無い気もしますが、装備や敵のバリエーションが若干物足りない。とくに装備は色違いでモデル使いまわしのものが多く、強化の派生ルートなどもあまり練られていない印象。
    総評
    「厨二的モンハン」といえば通じるような通じないような。実際に触ってみると割と別ゲーです。「ぱっと見モンハン的な作りで爽快アクション+RPG的ストーリー」という、PSP購買層のいわゆるモンハン需要をピンポイントで突いてますね。

    まだ荒削りな部分もありますが一作目としては及第点以上の出来。体験版を遊んだユーザーの声を製品版で反映させたように、今作の評判を元に、次回作でさらに洗練していけば化けそうな気がします。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 4 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日