オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ついに発売の日を迎えた「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のプレイムービーを掲載(第3回)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/12/10 13:28

ムービー

ついに発売の日を迎えた「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のプレイムービーを掲載(第3回)


 月日の経つのは早いもので,本日12月10日はスクウェア・エニックスから世界的大人気のFPS,「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」PlayStation 3版Xbox 360版が発売される日である。欧米ですでに発売された英語版はなんですか,大ヒットした前作をしのぐ勢いで売れており,発売後5日間の売り上げが過去最高の5億5000万ドルに達したとのこと(関連記事)。個人的に「鉄板」だと思っていた「Grand Theft Auto IV」の販売実績を金額で上回ったというから驚きで,名実ともに2009年を代表するタイトルになったようだ。

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」公式サイト


 というわけで,そんなモダン・ウォーフェア2のプレイムービーを掲載するというシリーズの第3回をお届けしよう。まさかいないと信じたいが,前2回を見逃したというウッカリさんは,下のリンクからジャンプすると,きっといいことがあると思う。

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」プレイムービー第1回

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」プレイムービー第2回



 今回紹介するムービーは,楽しみにしている人も多いマルチプレイのインゲームシーンだ。「マルチプレイのためにCoDシリーズを買っている」というPCゲーマーは以前から非常に多く,前作のヒットによってそれがコンシューマ機のプレイヤーにも深く静かに浸透した雰囲気が強い。
 本作のマルチのプレイフィールは,シンプル&スピーディかつ爽快,といった感じで,あまり難しいことを考える必要なく,ダイナミックな撃ち合いが堪能できる。そこへさらに,Perk(能力がアップするスキルようなもの)や武器のアンロック,そして経験値による昇進など,マルチのモチベーションを維持する要素を付け加え,長く遊べるゲームに仕立て上げているところがさすがである。前作「Call of Duty 4: Modern Warfare」PC版のマルチプレイについては2008年に掲載した連載記事に詳しいので,モダン・ウォーフェア2で初めてマルチプレイに挑戦するという人は参考にしてほしい。


 さて,掲載したムービーはマルチプレイはマルチプレイでも,「スペシャルオプス」。コンシューマ機(撮影は,例によってPlayStation 3版で行っている)ならではの画面分割タイプものだ。二人のプレイヤーが協力してミッションをクリアしていくというシステムで,それをバーンと三本立て。

 一応説明させていただくと,「ザ・ピット」と名づけられたムービーは,シングルプレイの冒頭で登場するチュートリアルを二人でこなしていくもの。ターゲットは撃ち返してこないので安心だが,素早く確実に移動しないと良い成績は収められない。
 ムービー「籠城スナイパー」は,ビルの屋上に二人で立て籠もり,律儀に何波かに分かれて攻撃してくる敵を撃退するという内容。当然ながら,あとになればなるほど敵の攻撃は激しくなってくるので,適宜武器を持ち替えつつ,チームワークを発揮して戦う必要がある。
 そして最後の「橋上強襲」は,その名のとおり,大きな橋を突破するという内容。敵は,上からラペリングしてくるので,ロープが落ちてきたら準備すればそれでオッケー……とはいかず,背後に下りてきたり,たくさん下りてきたりと変幻自在で,かなり手強い。
 その証拠に,ザ・ピットと籠城スナイパーは,一応ミッションクリアまで収録しているが,橋上強襲に関しては,鮮やかに失敗しているのである。すいません!




 余談ながら,ムービーをじっくり見ていただくと,画面下のプレイヤーがあまりうまくないことが分かるはず。これが筆者であるとは口が裂けてもいえないのだが,どちらかといえば,画面の上半分を参考にしてもらったほうが役に立ちそうだ。

 かくして,ついに日本語版が発売されるコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2。マルチプレイも面白そうだし,果たして「日本のコンシューマ市場にミリタリーFPSを定着させた記念碑的作品」として語り継がれるのかどうか,これからも注目していきたい。12月23日の発売が予定されているPC版も楽しみだ。
  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月