オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
86
投稿数:73
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/04 19:06

ニュース

「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ

 2020年8月1日,「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「League of Legends Japan League 2020 Summer Split」(以下,LJL)のWeek7の試合がオンラインで行われた。
 この戦いによってレギュラーシーズンの全試合が終了し,プレイオフに進出できる上位6チームの順位が決定した。以下,その試合結果をお届けする。

画像集#004のサムネイル/「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ
画像集#005のサムネイル/「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ

Week7 試合結果


League of Legends Japan League 2020 Summer Split
参加チーム

  • DetonatioN FocusMe(DFM)
  • Sengoku Gaming(SG)
  • V3 Esports(V3)
  • Rascal Jester(RJ)
  • AXIZ(AXZ)
  • Burning Core(BC)
  • Crest Gaming Act(CGA)
  • Softbank HAWKS Gaming(SHG)
  • ※LJL 2020 Spring Splitレギュラーシーズン順位順

- 勝利チーム -
第1試合 DetonatioN FocusMe Rascal Jester
第2試合 DetonatioN FocusMe Crest Gaming Act
第3試合 Sengoku Gaming Crest Gaming Act
第4試合 AXIZ Rascal Jester
第5試合 Sengoku Gaming V3 Esports
第6試合 V3 Esports Barning Core
第7試合 Softbank HAWKS Gaming AXIZ
第8試合 Softbank HAWKS Gaming Barning Core

 ここまで不調が続いていた王者DFMは,この日のRJ戦,CGA戦に従来のプレイスタイルで臨み,本来の強さを取り戻して2連勝をおさめた。

 2位と3位の対決となった第3試合のCGA vs. SGは,SGのTOPレーナー,Apamen選手のモルデカイザーが大暴れし,SGが快勝。YutoriMoyashi選手のジンは要所でWスキル「死者への狂奏曲」やRスキル「終演 -フィナーレ-」を効果的に使ってキルに絡んでいた。SGがWeek5から続けてきた,ADCアッシュに対してジンをピックするという戦術の真価が垣間見えた試合といえよう。

 上位チーム同士の対戦となった第5試合のSG vs. V3は,序盤から,Blank選手とBugi選手がジャングラー同士で高度な頭脳戦をしかけあう,ハイレベルな試合展開となった。
 この試合でSGは,ゾーイ,ジン,ノーチラスの長射程のスキルを活用して,V3に幾度となく小規模集団戦を仕掛けていった。ジャングラーのBlank選手のグレイブスの活躍もあり,序盤から中盤にかけて有利に試合を運んでいったSGはゲーム時間29分で勝利をおさめた。


Week7 ロール別 ピック回数TOP3


ロール TOP JG MID ADC SUP
1位 カミール ボリベア ガリオ アッシュ ノーチラス
2勝1敗 2勝1敗 2勝1敗 2勝4敗 4勝1敗
2位 ケネン セト ルブラン ジン レオナ
1勝2敗 1勝2敗 1勝2敗 3勝0敗 2勝2敗
3位 モルデカイザー リー・シン セト アフェリオス タムケンチ
2勝0敗 1勝2敗 1勝1敗 1勝1敗 0勝2敗

 トップレーンではカミールの評価が上昇中。相手キャリーへ確実にエンゲージができる点と,ルーンで「不死者の握撃」を持つことでレーンでも粘り強く戦える点が評価されているようだ。
 また,カミールのRスキル「ヘクステック・アルティメイタム」から,ガリオのRスキル「英雄降臨」へのコンボは非常に強力で,Week7では3試合中2試合で「カミール + ガリオ」のコンビがピックされた。


Week7 バン回数TOP5


順位 チャンピオン バン回数
1位 バード 7バン/1ピック
2位 カルマ 6バン/4ピック
3位 アフェリオス 6バン/2ピック
4位 フェイト 6バン/0ピック
5位 カミール 4バン/3ピック

 先週,7勝1敗という成績を残したバードは,その結果を受けてか8試合中7試合でバンされた。また,Week7でバードが唯一オープンになった第2試合では,DFMのGaeng選手がバードをピックし,チームを勝利へと導いた。

第2試合のCGA vs. DFM戦で,相手の一瞬のスキを見逃さなかったGaeng選手。バードのRスキル「運命の調律」を使ってエンゲージを決めた
画像集#002のサムネイル/「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ


レギュラーシーズン 最終順位表


画像集#001のサムネイル/「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ

 レギュラーシーズンを1位で通過したのはV3。ただし,2位のSGと,3位のCGAに対しての戦績は1勝1敗であり,プレイオフのBo5(3勝先取)は気の抜けない戦いとなりそうだ。

 2位のSGは,ジャングラーのBlank選手のゲームメイクが秀逸で,特にTOPのApamen選手がレーンで有利な状況を作ったときは,TOPからゲームを終わらせに行くという勝ちパターンが定着していた。

 3位のCGAはMIDのAria選手の圧倒的なハンドスキルを中心として,集団戦の巧みさで勝利を積み重ねていった。TOPのNap選手,SUPのGrendel選手のエンゲージ判断も的確で,両選手が得意チャンピオンを使っているときは特に要注意となる。

 長く不調が続いていたDFMと,後半から調子を一気にあげてきたSHGは同率の4位となり,タイブレーク(4位決定戦)の開催が決定した。8月5日の12時スタートという平日の昼間の開催となり,リアルタイムで見られる人は限られるかもしれないが,注目の試合となるので,観戦してほしい。

画像集#003のサムネイル/「LJL 2020 Summer Split」Week7の試合結果をお届け。レギュラーシーズン1位通過はV3 Esports。DFMとSHGは4位決定戦へ

「League of Legends Japan League(LJL)」公式サイト

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月29日〜09月30日
タイトル評価ランキング
93
68
60
VALORANT (PC)
58
LOST ARK (PC)
2020年03月〜2020年09月