オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
RACE DRIVER GRID公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
87
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
格好良く,面白く,ストレスの溜まらない(?)レースゲーム。フラッシュバック機能以外の魅力も光るX360/PS3「RACE DRIVER GRID」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/02/10 18:56

プレイレポート

格好良く,面白く,ストレスの溜まらない(?)レースゲーム。フラッシュバック機能以外の魅力も光るX360/PS3「RACE DRIVER GRID」

RACE DRIVER GRID
RACE DRIVER GRID
 1月15日,コードマスターズからXbox 360版 / PLAYSTATION 3版が発売されたレースゲーム「RACE DRIVER GRID」。本作は“EGOエンジン”と呼ばれる次世代のゲームエンジンを使って制作された作品だ。まるで実写のような美しいグラフィックスはもちろん,車の挙動や車体ダメージのシミュレートなども,高いレベルで再現されている。まさに次世代レースゲームの名に恥じない作りとなっているのだ。
 本稿では,PLAYSTATION 3版のプレイレポートという形で,RACE DRIVER GRIDの魅力をお伝えしていこう。「こちら」ではPC版のレビューを掲載しているので,併せて参考にしてほしい。

RACE DRIVER GRID


ローカライズによる親切設計

気分はレース映画の主人公!?


RACE DRIVER GRID
 本作では,自分のレースチームを設立/運営することが可能となっている。プレイヤーは世界中のレースに出場しながら資金を稼ぎ,セカンドドライバーを雇ったり,新しい車種を次々と購入するなどして,チームの拡大を図るのだ。純粋なレースゲームとしての魅力だけでなく,レースチームの運営要素も楽しめる点は,本作の特徴の一つといえよう。

 ゲームを開始する前に,まずはプレイヤープロフィールを作成。ここではAUDIO NAMEという項目で,たくさんのニックネームの中から自分の名前に合ったものを選べる。ここで選ぶニックネームには,声優によるボイスが割り当てられているので,まるでレース映画の主人公になったような感覚で,ゲームが楽しめるのも嬉しい。

RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID


クラッシュを“なかったこと”にできる

“フラッシュバック機能”に注目


RACE DRIVER GRID
 ゲームを開始して,筆者はまず“GRID WORLD”モードを楽しんでみた。このモードはドライバーがレースを重ね,腕を磨いていく道場のようなもの。本作を初めてプレイする人にはもってこいのモードだ。レースオプションで難度やプロモードの有無を設定して,いよいよレース開始!

 リアル系ともアーケードライクともいえない独特の操作感に最初は戸惑うも,段々とコツを掴み,操作に慣れていく筆者。「よし,行ける!」そんな余裕を見せたとき,突然悲劇が襲いかかる。コーナーを曲がりきれず,ド派手にクラッシュしてしまったのだ。画面は真っ赤に染まり,車体は大破。己の気の緩みをうらむも,時すでに遅し。マシンは完全にイカれてしまい,エンジン音だけが虚しく響く……。そんなときに嬉しいのが,“フラッシュバック機能”だ。
 フラッシュバック機能を発動し,アナログスティックを左に傾けると,まるでビデオの巻き戻し機能のような感覚で,時間をさかのぼることができる。そのまましばらく巻き戻していると,クラッシュシーン直前,マシンがノーダメージの状態に戻った。

RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID
RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID

 そう,これが本作の特徴ともいえる,フラッシュバック機能だ。「クラッシュが怖くてレースに勝てるか!」そんなギリギリの攻めを楽しむアグレッシブなドライバーや,筆者のように運転技術の拙さからクラッシュが多発してしまうドライバーには,まさに夢のようなシステムである。
 しかし,フラッシュバック機能を使える回数は限られているので,それに頼りっぱなしでプレイするわけにもいかない。フラッシュバック機能を1度も使わないことで得られるボーナスも存在するからだ。
 それにしてもなんという機能……。レースゲームでこんな反則技(いい意味で)ができてしまうとは,まったくもって驚きである。

RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID


華麗なドリフトでコンボを決めろ!


RACE DRIVER GRID
 特徴的なシステムは,フラッシュバック機能だけではない。本作は“ドリフト走行”にもこだわって制作されたレースゲームなのだ。
 本作では,ドリフト走行を決めるごとにポイント(資金として利用可能)が得られ,その角度や速度によって,取得できるポイントが変動する。また,ポールのすぐそばでドリフトを成功させたりしても,高ポイントが得られる仕組みだ。
 さらに,ドリフト走行を決めたときには“ドリフトタイマー”が表示され,間を置かずに次のドリフトを繰り出すことで“コンボ”が成立する。
 最初は失敗の連続で,ドリフトというよりはスピンを決めまくっていた筆者も,練習していくうちにだんだんとドリフトのコツがつかめてきた。それに伴ってみるみるポイントが溜まっていき,チームの規模も次第に大きくなっていく。そう,本作の楽しみ方はレース部分だけではなく,資金を稼ぎ,自分のチームを拡大させていく部分にもあるのだ。ドライビング・テクニックの向上に伴って,チーム運営の喜びも大きくなっていくのである。

RACE DRIVER GRID

 プレイを始めて,最初のうちは忍耐力を試されるケースも多かったが,慣れてしまえばこっちのもの。ドリフトコンボの爽快感や,次第に購入できるようになるさまざまな車,そして有名レースへの出場権獲得など,プレイを盛り上げてくれる要素が盛りだくさんで,飽きがこない。
 ちなみに筆者は,車に関しては素人同然の知識しか持っておらず,レースゲームもそれほど得意なほうではないのだが,本作においてはすんなりと熱中することができた。「こちら」のレビューでも語られているように,本作はビギナーからベテランまで,幅広く楽しめるゲームに仕上がっている。

RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID

 2月5日に発売されたばかりの「Midnight Club: Los Angeles」Xbox 360版/PLAYSTATION 3版)や,同日に廉価版がリリースされた「バーンアウト パラダイス」Xbox 360版/PLAYSTATION 3版)など,マルチプラットフォーム対応のレースゲームが増えてきて,どれを遊ぼうか迷ってしまうというレースゲームファンもいることだろう。
 そんな中でも,爽快感溢れる車の挙動や,車体ダメージのリアリティ,フラッシュバック機能を用いたストレスのない(?)レース展開などに興味がある人には,RACE DRIVER GRIDはかなりオススメできるタイトルである。「レースゲームは好きだけど,腕には自信がない」「でも一度くらいは,納得のいく走りをしてみたい」と,常々夢想していた筆者のようなゲーマーがもしいるなら,本作を“入門編”としてプレイしてみるといいかもしれない。

RACE DRIVER GRID
RACE DRIVER GRID RACE DRIVER GRID
  • 関連タイトル:

    RACE DRIVER GRID

  • 関連タイトル:

    RACE DRIVER GRID

  • 関連タイトル:

    Race Driver: GRID

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日