オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

このページの最終更新日:2010/01/03 15:08:44 Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

Intel Microarchitecture(Nahalem)ベースの,ミドルクラス〜ハイエンド市場向けCPUで,開発コードネーム「Lynnfield」と呼ばれていたもの。デュアルチャネルDDR3メモリコントローラと,PCI Expressコントローラを内蔵するのが大きな特徴だ。CPUパッケージはLGA1156となっている。

  • RSS
ニュース一覧

「Intel in Akiba 2010 Summer」,6月19から20日に開催

[2010/06/08 16:04]

「K」を皮切りに,デスクトップCPUの強化へ乗り出すIntel。“Sandy Bridge計画”にも変化が

「K」を皮切りに,デスクトップCPUの強化へ乗り出すIntel。“Sandy Bridge計画”にも変化が

 COMPUTEX TAIPEI 2010の開幕目前というタイミングで,IntelのデスクトップPC向けCPUロードマップを整理してみたい。LGA1156プラットフォームで倍率ロックフリー製品をまもなく投入するIntelだが,それに伴って,次世代マイクロアーキテクチャを採用する「Sandy Bridge」世代のCPU展開にも,動きが出ているようだ。

[2010/05/28 14:00]

AMD,NVIDIA,Intel,Microsoftの4巨頭が登場したPCゲームフェスタ最終日

AMD,NVIDIA,Intel,Microsoftの4巨頭が登場したPCゲームフェスタ最終日

 2010年5月9日,秋葉原PCゲームフェスタの最終日は「Windows 7 Day」として位置づけられ,Microsoft以外にも,AMD,NVIDIA,Intelといったコンポーネントベンダーが相次いで登壇。エンドユーザーに向けて最新の技術をアピールした。今回は,技術的に興味深い部分を中心に,要点をかいつまんでお伝えしたい。

[2010/05/10 10:56]

10大ニュースで振り返るIntelの1年。2010年は32nmプロセス採用の製品を全面展開へ

10大ニュースで振り返るIntelの1年。2010年は32nmプロセス採用の製品を全面展開へ

 2009年12月16日,Intelの日本法人であるインテルは,年末恒例となっている報道関係者向け説明会を開催。10大ニュースで同社の1年を振り返りつつ,2010年は,32nmプロセス世代の製品を全面的に展開すると予告した。そういえばあんなことやそんなことがあったIntelの1年を,ここで振り返っておこう。

[2009/12/17 13:56]

「Lynnfieldは量産型ゲルググ」インテルが大阪でエンドユーザー向けイベント開催中

「Lynnfieldは量産型ゲルググ」インテルが大阪でエンドユーザー向けイベント開催中

 Intelの日本法人であるインテルは,2009年12月5,6,12,13日の日程で,「Intel in Osaka 2009 -わくわくドキドキの4日間-」を開催中だ。明日,もしくは来週末に大阪・日本橋へ出かける人にとっては事前情報,行けない人にはイベントレポートになるが,初日の模様をお届けしたい。

[2009/12/05 23:19]

インテル,ユーザー向けイベントを今週&来週末に大阪で開催

[2009/12/04 12:27]

Intelのプラットフォームロードマップ大整理。いま選ぶならP55か,それとも……?

Intelのプラットフォームロードマップ大整理。いま選ぶならP55か,それとも……?

 Intelの新しいCPUパッケージ,LGA1156。これを採用した「Lynnfield」コアのCore i7&i5により,同社はCore 2 Quad&Duoを置き換える方針だ。一方,32nmプロセスを採用するデュアルコアCPU「Clarkdale」も2010年第1四半期には登場見込みだが,果たしてベストのPC買い換えタイミングはいつか。Intelの最新ロードマップから,プラットフォーム移行の時期について考えていこう。

[2009/09/19 18:34]

インテルがエンドユーザー向けイベントでLynnfieldを強くアピール。「P55のエラッタ」公表も

インテルがエンドユーザー向けイベントでLynnfieldを強くアピール。「P55のエラッタ」公表も

 「Lynnfield」の発表後,最初の土曜日となる2009年9月12日,インテルは秋葉原でエンドユーザー向けイベントを開催。Core i7-800&Core i5-750番台を,強く訴求した。恒例となる同社天野伸彦氏によるセッションでは,「Lynnfieldが誰に向くか」「P55チップセットのエラッタ」などに関する言及もあったので,注目のポイントをまとめてお伝えしたい。

[2009/09/14 10:42]

“Lynnfield”正式発表。新製品「Core i7-800&i5-700番台」をキーワードで理解する

“Lynnfield”正式発表。新製品「Core i7-800&i5-700番台」をキーワードで理解する

 日本時間2009年9月8日13:00,Intelは,開発コードネーム「Lynnfield」として知られてきた,NehalemアーキテクチャベースのデスクトップPC向けCPUを正式に発表した。当初のラインナップは,Hyper-Threading対応の「Core i7-870&860」と,非対応の「Core i5-750」との3モデルになる。

[2009/09/08 13:00]

ASUS「R.O.G.」のP55モデル「Maximus III Formula」。実機の特徴を細かくチェックする

ASUS「R.O.G.」のP55モデル「Maximus III Formula」。実機の特徴を細かくチェックする

 秋葉原界隈では“X-DAY”が決まったとも囁かれている,Intelの次期主力CPU,「Lynnfield」。4Gamerでは,ASUSのゲーマー向け製品ブランド「R.O.G.」に属する対応マザーボード「Maximus III Forluma」を入手したので,写真を中心に,そのポイントをまとめてみよう。発売時期,価格ともに未定ながら,「ほぼ製品版」とされている新作をぜひチェックしてほしい。

[2009/09/02 11:21]

インテル,秋葉原の新会場でユーザー向けイベントを開催。34nmプロセス版SSDやLynnfield対応マザーボードの新情報が

インテル,秋葉原の新会場でユーザー向けイベントを開催。34nmプロセス版SSDやLynnfield対応マザーボードの新情報が

 2009年7月11〜12日の2日間,インテルは,秋葉原の中央通りに面した新設のイベントスペースで,エンドユーザー向けイベント「Intel in Akiba 2009 Summer」を開催した。今回は,34nmプロセス版フラッシュメモリを採用したSSDや,Lynnfield対応マザーボードの新情報を中心に,4Gamer読者の興味を惹きそうな話題をピックアップしてお届けしたい。

[2009/07/13 10:44]

Intel,主力CPUの製品名を整理し,「Core i7/i5/i3」に統一へ。「Core 2」は廃止,「Centrino」は役割変更

Intel,主力CPUの製品名を整理し,「Core i7/i5/i3」に統一へ。「Core 2」は廃止,「Centrino」は役割変更

 北米時間2009年6月17日,Intelは,主力CPUの製品名を「Core i7/i5/i3」の3種類に整理すると発表した。「Core 2 Duo/Quad」は廃止され,さらに,ノートPC向けブランド「Centrino」は,無線LAN&WiMAX製品ブランドへ転用されることになる。

[2009/06/18 12:57]

[COMPUTEX]Intelのベンチマーク担当に,LynnfieldやArrandaleなどの話をいろいろ聞いてきた

[COMPUTEX]Intelのベンチマーク担当に,LynnfieldやArrandaleなどの話をいろいろ聞いてきた

 Intelは,COMPUTEX TAIPEI 2009の期間中,全世界の報道関係者を対象に,次世代CPUの技術的な詳細を説明する,少人数のクローズドセッションを開催。同社で上級パフォーマンスアナリストを務める“ベンチマーク担当”のPiednoel氏が,LynnfieldやClarksfield,あるいはWindows 7とVistaの違いなどをいろいろ語ってくれたので,その内容をまとめてみよう。

[2009/06/11 10:30]

COMPUTEX期間中に何か動きが? Lynnfieldの出荷時期に関する噂が錯綜,最短では7月説も

[2009/06/02 10:29]

Intel,32nmプロセスで製造されるCPUの動作デモを公開。2009年第4四半期の量産開始に向け70億ドルを投資へ

Intel,32nmプロセスで製造されるCPUの動作デモを公開。2009年第4四半期の量産開始に向け70億ドルを投資へ

 北米時間2008年2月10日,Intelは,32nmプロセス技術で製造されるCPUの動作デモを実施,公開した。合わせて同社は,2009年第4四半期の量産開始に向けたロードマップや,32nmプロセスの製造施設へ2年で計70億ドルを投資するという計画も公表。Intelの32nmプロセスは,驚くほど順調に立ち上がりそうな気配だ。

[2009/02/12 10:23]

2009年旧正月明け特別企画(1):IntelのデスクトップPC向けCPU&チップセットロードマップを整理する

2009年旧正月明け特別企画(1):IntelのデスクトップPC向けCPU&チップセットロードマップを整理する

 アジアの一部地域で慣例的に採用されている太陰暦の正月,通称“旧正月”が明け,台湾や中国のPCベンダー,PCパーツベンダーが動き出した。そんなタイミングで,2009年のPC業界に何が起こりそうかを,ロードマップを整理しながら確認しようというのがこの企画だ。第1弾となる今回は,IntelのデスクトップPC向けCPU&チップセットロードマップをチェックしてみたい。

[2009/02/05 10:44]

「Nehalem」は2009年にエントリーPC&ノートPCへ。Intelの最新CPUロードマップが判明

「Nehalem」は2009年にエントリーPC&ノートPCへ。Intelの最新CPUロードマップが判明

 Intelは,2008年8月19〜21日に開催された「IDF 2008 San Francisco」で,最新のCPUロードマップを明らかにした。2008年第4四半期に投入する「Core i7」に続き,2009年後半には,Nehalemマイクロアーキテクチャを,エントリー向けデスクトップPCやノートPCへも展開する計画だ。

[2008/08/25 14:37]

全ての記事を表示する

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月