オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

米田 聡

このページの最終更新日:2019/03/21 18:28

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

[GDC 2019]レイトレーシングなどの新機能が続々と実用域に。Unity基調講演レポート

[GDC 2019]レイトレーシングなどの新機能が続々と実用域に。Unity基調講演レポート

 2019年3月18日,GDC 2019の初日に合わせて,Unity Technologiesはサンフランシスコ市内で基調講演を行い,ゲームエンジンUnityの現状と最新動向そして同社が提供するサービスの状況などを語った。GDC 2018で発表した大きな変革の成果が,まもなく利用可能になるようだ。

[2019/03/21 18:28]

GDC 2019の裏でNVIDIAの総帥は何を語ったのか。GTC 2019基調講演まとめ

GDC 2019の裏でNVIDIAの総帥は何を語ったのか。GTC 2019基調講演まとめ

 北米時間2019年3月18日,NVIDIA主催の「GTC 2019」基調講演に同社CEOのJensen Huang氏が登壇した。GDC 2019とほぼまる被りというスケジュールでの開催となるGPU技術系イベントで,NVIDIAの総帥は何を語ったのか。今回はゲーマーにとっての重要度順に一通り紹介してみたいと思う。

[2019/03/20 16:46]

NVIDIA,Pascal世代以降の「RT Core非搭載GPU」でDirectX Raytracingをサポートへ

NVIDIA,Pascal世代以降の「RT Core非搭載GPU」でDirectX Raytracingをサポートへ

 北米時間2019年3月18日,GDC 2019の開催に合わせる形でNVIDIAは,Pascal世代以降のアーキテクチャを採用するGPUでDirectX Raytracing(DXR)に対応すると発表した。「RT Core」非搭載のGPUでも機能限定版のリアルタイムレイトレーシングを利用できるということで,「レイトレ対応GPU」の数は一気に増えることとなるわけだ。

[2019/03/19 14:21]

特別なハードウェアなしにゲーム上でリアルタイムレイトレーシングを実現できるデモ,Crytekが開発

特別なハードウェアなしにゲーム上でリアルタイムレイトレーシングを実現できるデモ,Crytekが開発

 ゲームエンジン「CRYENGINE」で知られるCrytekは,北米時間2019年3月15日,特別なハードウェアなしにリアルタイムレイトレーシングをゲームへ実装できる機能をCRYENGINEで採用予定であることを発表。合わせて,当該機能を活用した技術デモ「Neon Noir」の動画を公開した。

[2019/03/18 15:31]

「GeForce GTX 1660」レビュー。税別219ドルからという安価なTuringは性能だけでなく消費電力も要注目だ

「GeForce GTX 1660」レビュー。税別219ドルからという安価なTuringは性能だけでなく消費電力も要注目だ

 2019年3月14日22:00,NVIDIAは,Turing世代のGPU新製品「GeForce GTX 1660」を発表した。搭載グラフィックスカードの価格が219ドル(税別)からという設定になっているエントリーミドルクラス市場向けモデルは「GeForce GTX 1060 3GB」を置き換えるとされるが,さて,その実力はどれほどだろう。テスト結果をお届けしたい。

[2019/03/14 22:00]

USBの次世代仕様「USB4」が発表。Thunderbolt 3ベースで最大転送速度は40Gbpsに

USBの次世代仕様「USB4」が発表。Thunderbolt 3ベースで最大転送速度は40Gbpsに

 北米時間2019年3月4日,USB Promoter Groupは,最大データ転送速度40Gbpsを可能とする次世代のUSB規格「USB4」を発表した。USB4は,Intelの「Thunderbolt 3」をベースにしたもので,既存のUSB規格と後方互換性を持ちながら,より高速なデータ通信を可能とするという。

[2019/03/05 12:35]

AMD,「FreeSync 2 HDR」の効果を体験できるデモアプリ「Oasis」公開

AMD,「FreeSync 2 HDR」の効果を体験できるデモアプリ「Oasis」公開

 2019年2月27日23:00,AMDは,同社独自のHDR対応ディスプレイ同期技術「FreeSync 2 HDR」の効果を体感できるデモアプリ「Oasis」を公開すると発表した。。本稿では,そもそもFreeSync 2 HDRとは何なのかという点を含めて,現時点で明らかな情報を紹介したい。

[2019/02/27 23:00]

「GeForce GTX 1660 Ti」レビュー。レイトレ非対応のTuringこそが新世代の鉄板GPUになる!?

「GeForce GTX 1660 Ti」レビュー。レイトレ非対応のTuringこそが新世代の鉄板GPUになる!?

 2019年2月22日,NVIDIAは,GPU新製品「GeForce GTX 1660 Ti」を発表した。Turing世代のGPUコアを採用しつつも,世代最大の特徴であるリアルタイムレイトレーシングおよびDLSSに対応しないが,その代わりに搭載カードのメーカー想定売価は279ドル(税別)と安価だ。では,これは買いなのか。テスト結果をお届けしたい。

[2019/02/22 23:00]

「WD Black SN750 NVMe SSD」レビュー。書き込み性能を強化した「ゲームモード付きSSD」の実力は

「WD Black SN750 NVMe SSD」レビュー。書き込み性能を強化した「ゲームモード付きSSD」の実力は

 2019年1月下旬,Western Digitalの新しいM.2接続型SSD「WD Black SN750 NVMe SSD」が国内発売となった。従来製品「WD Black NVMe SSD」のマイナーチェンジとなる新製品は,書き込み性能の引き上げと,「ゲームモード」の採用がトピックだが,気になるその実力はどれほどか。テスト結果をお届けしたい。

[2019/02/13 00:00]

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

 垂直リフレッシュレート60Hzへの最適化を果たし,また,HDMIパススルー出力で1台のゲーム機からの2画面出力に対応するとして,「格闘ゲーム向け」と謳われる,BenQ ZOWIE製ディスプレイ,RL2460シリーズ。その最新モデルとして2018年末に発売となった「RL2460S」をチェックする。今回も鉄板と言えるだけの性能を持っているだろうか。

[2019/02/04 00:00]

ALIENWAREの新デザインコンセプト「Legend」とはいかなるものか? 新型ゲーマー向けノートPC発表会レポート

ALIENWAREの新デザインコンセプト「Legend」とはいかなるものか? 新型ゲーマー向けノートPC発表会レポート

 DELLが発表した新世代ALIENWAREの「ALIENWARE AREA-51m」は既存のゲーマー向けノートPCの常識を覆す製品だった。製品発表会では,この製品の開発で使われた新たな製品コンセプト「Legend」について,Dell GamingのFrank Azor氏が解説を行っていた。

[2019/01/26 00:00]

Samsung「SSD 970 EVO Plus」レビュー。書き込み性能を高めたミドルクラス市場向けSSDの新モデルはかなり「強い」選択肢だ

Samsung「SSD 970 EVO Plus」レビュー。書き込み性能を高めたミドルクラス市場向けSSDの新モデルはかなり「強い」選択肢だ

 日本時間2019年1月23日0:00,SamsungがSSDの新製品「SSD 970 EVO Plus」を発表した。事実上の「SSD 970 EVO」後継となるマイナーチェンジモデルは,スペック上の書き込み性能を大幅に高めつつ,価格はほぼ同じかむしろ安いレベルで登場することになるが,実際の性能はどれほどか。容量1TBモデルの検証結果をお届けしたい。

[2019/01/23 00:00]

AMD,第3世代Ryzenを披露。サンプルチップの時点でCINEBENCH R15のスコアはi9-9900Kを上回る

AMD,第3世代Ryzenを披露。サンプルチップの時点でCINEBENCH R15のスコアはi9-9900Kを上回る

 北米時間2019年1月9日,CES 2019でAMDは,「Zen 2」マイクロアーキテクチャを採用する第3世代RyzenのCPUパッケージを披露した。次世代デスクトップPC向けプロセッサでは,8コア16スレッドに対応するCPUシリコンダイと,ノースブリッジ的な機能を持つ「I/O Die」を1基ずつ搭載するのが大きな特徴だ。

[2019/01/10 03:31]

AMD,新世代GPU「Radeon VII」を発表。7nmプロセス技術を用いて製造される第2世代Vegaは2月7日に699ドルで発売

AMD,新世代GPU「Radeon VII」を発表。7nmプロセス技術を用いて製造される第2世代Vegaは2月7日に699ドルで発売

 北米時間2019年1月9日,AMDは,次世代Vegaマクロアーキテクチャを採用し,世界で初めて7nmプロセス技術を用いて製造される新世代GPU「Radeon VII」(ラデオン7)を発表した。搭載グラフィックスカードは北米時間2月7日発売予定で,北米市場におけるメーカー想定売価は699ドル(税別)になるという。

[2019/01/10 02:55]

DXRベースのレイトレーシングテスト「Port Royal」が「3DMark」に加わる

DXRベースのレイトレーシングテスト「Port Royal」が「3DMark」に加わる

 フィンランド時間2019年1月8日,ULのベンチマーク部門であるUL Benchmarksは,3Dベンチマーク「3DMark」に新テスト「Port Royal」を追加した。Port RoyalはDirectX Raytracingを使ってリアルタイムレイトレーシング性能を検証できるのが特徴だ。4Gamerではミラーを開始しているが,テストの概要をお伝えしたい。

[2019/01/09 21:09]

NVIDIA,「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムを開始。Adaptive-Sync対応ディスプレイ12製品でG-SYNCの利用を可能に

NVIDIA,「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムを開始。Adaptive-Sync対応ディスプレイ12製品でG-SYNCの利用を可能に

 日本時間2019年1月7日,NVIDIAは「G-SYNC Compatible Monitors」プログラムの開始を発表した。これは,Adaptive-Sync対応ディスプレイをNVIDIAが独自に検証し,G-SYNCと互換性のあるディスプレイとして認定するというものだ。1月15日リリースのドライバを導入すると認定ディスプレイでG-SYNCを利用できるようになるという。

[2019/01/07 14:41]

NVIDIA,ノートPC向け「GeForce RTX 20」を発表

NVIDIA,ノートPC向け「GeForce RTX 20」を発表

 日本時間2019年1月7日,NVIDIAは,ノートPC向けGeForce RTX 20シリーズを発表した。ラインナップは「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」「GeForce RTX 2060」の3モデルで,搭載するノートPCは北米時間1月29日以降に順次発売となる見込みだ。

[2019/01/07 14:34]

「GeForce RTX 2060」発表。搭載カードは349ドルで1月15日発売予定

「GeForce RTX 2060」発表。搭載カードは349ドルで1月15日発売予定

 日本時間2019年1月7日,NVIDIAは,GeForce RTX 20シリーズの新製品となる「GeForce RTX 2060」を発表した。搭載グラフィックスカードは北米時間1月15日発売予定で,北米市場におけるメーカー想定売価は349ドル(税別)となっている。

[2019/01/07 14:01]

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

 4Kかつ垂直リフレッシュレート144Hz,G-SYNC,そしてDisplayHDR 1000に全対応という,強烈なスペックのASUS製ディスプレイ「ROG Swift PG27UQ」。まさにいま買える未来のディスプレイといった印象だが,その実力はどこまでゲーマーの期待に応えてくれるものなのだろうか。じっくりテストしたので,結果をお伝えしたい。

[2018/12/29 00:35]

「Core i9-9900K」再テスト結果報告。定格のTDP 95Wで動作させると「ゲーム用の最速CPU」は何が変わるか?

「Core i9-9900K」再テスト結果報告。定格のTDP 95Wで動作させると「ゲーム用の最速CPU」は何が変わるか?

 4Gamerでは先に「Core i9-9900K」のレビュー記事を掲載しているが,製品の流通量が増えてきた2018年12月というこのタイミングで,再テスト結果をお届けしたい。BIOS設定をAutoにしていた先の記事では消費電力の異常な高さが目を惹いたが,定格のTDP 95W設定で動かした場合はどういう結果が得られるだろうか

[2018/12/19 00:00]

AMD,「Radeon Software」の大規模アップデート「Adrenalin 2019」を発表。PCゲームをスマートフォンでリモートプレイ可能に

AMD,「Radeon Software」の大規模アップデート「Adrenalin 2019」を発表。PCゲームをスマートフォンでリモートプレイ可能に

 AMDは,「Radeon Software」の新たな大規模アップデート「Radeon Software Adrenalin 2019 Edition」を発表した。Adrenalin 2019は,大型アップデートにふさわしく多彩な新機能が盛り込まれており,中でも,PC上のゲームをスマートフォンでプレイするリモートプレイ機能は大きな目玉だ。新機能の概要をまとめて紹介しよう。

[2018/12/13 23:00]

Samsung初のQLC採用SSD「SSD 860 QVO」レビュー。性能低下と大容量を秤にかけたSATA接続SSDはゲーマーが選ぶに値するのか

Samsung初のQLC採用SSD「SSD 860 QVO」レビュー。性能低下と大容量を秤にかけたSATA接続SSDはゲーマーが選ぶに値するのか

 2018年11月28日,Samsungは,同社初のQLC採用2.5インチHDD互換SSD「SSD 860 QVO」を発表した。大容量化に適する代わりに性能面でデメリットのあるQLC採用SSDは,はたしてゲーマーが選ぶべきストレージデバイスと言えるのだろうか。ベンチマークテストでその実態を検証してみた。

[2018/11/28 00:00]

Intel「SSD 660p」を試す。QLC NAND採用のNVMeモデルはゲーマーの選択肢になり得るのか

Intel「SSD 660p」を試す。QLC NAND採用のNVMeモデルはゲーマーの選択肢になり得るのか

 2018年9月に登場したIntelのNVMe/PCIe x4接続型M.2 SSD「SSD 660p」は,「QLC」という新しい世代のNAND型フラッシュメモリを採用し,従来よりも安価な市場を狙う存在だ。では,このSSDは,コストを重視するゲーマーがゲームアプリケーションをインストールする先として性能を期待できるのだろうか? テスト結果をお届けしたい。

[2018/11/17 00:00]

「PUBG」のテスト方法を再考した4Gamerベンチマークレギュレーション22.1公開

「PUBG」のテスト方法を再考した4Gamerベンチマークレギュレーション22.1公開

 GPUやCPU,ゲーマー向けPCのテストにあたって4Gamerが独自に用いるテストレギュレーションをバージョン22.1としたので,その内容をお伝えしたい。今回は「PUBG」のテスト方法を再考し,より安定してテストを行えるようにしているので,チェックしてもらえれば幸いだ。

[2018/11/07 14:49]

「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」レビュー。第2世代HEDT向けCPUの下位モデルは「ゲーマー向け」か?

「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」レビュー。第2世代HEDT向けCPUの下位モデルは「ゲーマー向け」か?

 2018年8月の正式発表時に10月中の市場投入が予告されていたAMD製CPU「Ryzen Threadripper 2970WX」「Ryzen Threadripper 2920X」がついに登場した。よりコア数が少なく,より安価な選択肢となるわけだが,その実力はゲーマーを満足させるものなのか。上位モデルと比較してみたので,レビュー前編として結果をお届けしたい。

[2018/10/29 22:00]

【PR】ゲーマーが選ぶべきM.2 SSDは「WD Black NVMe SSD」で決まり! 競合とのガチ比較で明らかにする圧倒的な使いやすさ

【PR】ゲーマーが選ぶべきM.2 SSDは「WD Black NVMe SSD」で決まり! 競合とのガチ比較で明らかにする圧倒的な使いやすさ

 Western Digital製SSD「WD Black NVMe SSD」について4Gamerでは発売に合わせたレビューを行い,置き換え対象となる従来製品と比べて性能が大幅に向上したことをお伝えしているが,競合製品と比べたらどうだろう? ガチ比較してみると非常に興味深いテスト結果が得られたので,お伝えしてみたい。

[2018/10/27 12:00]

「Core i9-9900K」レビュー。デスクトップPC向け初の8コア16スレッド対応CPUは何もかも強烈だった

「Core i9-9900K」レビュー。デスクトップPC向け初の8コア16スレッド対応CPUは何もかも強烈だった

 2018年10月19日22:00,「Coffee Lake-S Refresh」ことデスクトップPC向け第9世代Coreプロセッサのレビューと販売が解禁となった。それに合わせて4Gamerではシリーズ最上位モデルとなる8コア16スレッド対応製品「Core i9-9900K」を入手できたので,さっそくテストにかけてみよう。その実力はいろいろな意味で強烈だ。

[2018/10/19 22:00]

「Razer Phone 2」発表。性能向上とIP67防塵防水仕様が目玉のゲーマー向けスマートフォン第2世代モデル

「Razer Phone 2」発表。性能向上とIP67防塵防水仕様が目玉のゲーマー向けスマートフォン第2世代モデル

 北米時間2018年10月10日,Razerは,ゲーマー向けスマートフォンの第2世代モデル「Razer Phone 2」を発表した。価格は799ドル(税別)からで,世界市場では2018年第4四半期中に発売予定だが,「現時点では,日本市場への投入は未定」とのことである。【※16:30頃詳細版へ更新】

[2018/10/11 10:58]

統合型GPU向けのDirectX 12ベンチマーク「Night Raid」が「3DMark」に加わる

統合型GPU向けのDirectX 12ベンチマーク「Night Raid」が「3DMark」に加わる

 「3DMark」がメジャーアップデートを果たし,DirectX 12世代の新しいテスト「Night Raid」が追加となった。GPU統合型のCPUやAPU,そしてARMベースのWindows 10マシンに対応するというNight Raidテストの概要をまとめてみよう。

[2018/10/09 20:14]

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

 デスクトップPC向けAPU「Ryzen Desktop Processors with Radeon Vega Graphics」(Ryzen 2000G)の発売から約8か月が経った。当初3か月に一度のリリースだったドライバはRadeon Softwareの公開タイミングに合わせたリリースに変わったりしたが,果たして性能の最適化はどれだけ進んだのか。テスト結果をレポートしたい。

[2018/10/09 12:47]

写真で見る「ROG MAXIMUS XI FORMULA」。ASUSのゲーマー向けハイエンドZ390マザーボード

写真で見る「ROG MAXIMUS XI FORMULA」。ASUSのゲーマー向けハイエンドZ390マザーボード

 マザーボードメーカー各社がZ390マザーボードを発表したタイミングで,4GamerではASUS製のゲーマー向けモデル「ROG MAXIMUS XI FORMULA」を入手できた。8C16T時代に向けた製品の特徴はどこにあるのか,写真とスクリーンショットを中心に,実機を紹介してみよう。

[2018/10/09 01:01]

次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に。Wi-Fi AllianceがWi-Fi技術の名称を刷新

次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に。Wi-Fi AllianceがWi-Fi技術の名称を刷新

 北米時間2018年10月3日,無線LAN技術の標準を策定している業界団体,Wi-Fi Allianceは,「IEEE 802.11ax」として知られてきた次世代Wi-Fi技術の名称を「Wi-Fi 6」にすると発表した。合わせてこの新しい名称を過去2世代に遡(さかのぼ)って適用することも明らかにしている。

[2018/10/04 12:16]

Windows 10がついに「DirectX Raytracing」(DXR)をサポート――本日公開の「October 2018 Update」で

Windows 10がついに「DirectX Raytracing」(DXR)をサポート――本日公開の「October 2018 Update」で

 日本時間2018年10月3日,「DirectX Raytracing」の新規サポートを含むWindows 10大型アップデート「October 2018 Update」の配信が始まった。つまり,Windows 10がリアルタイムレイトレーシングに対応したわけだが,それが何を意味するのかまとめてみたい。

[2018/10/03 12:41]

「XL2720」レビュー。BenQ ZOWIEの144Hz対応27インチディスプレイは他社製品と何が違うのか

「XL2720」レビュー。BenQ ZOWIEの144Hz対応27インチディスプレイは他社製品と何が違うのか

 BenQ ZOWIEの「XL2720」は,27インチでフルHD,非光沢,垂直リフレッシュレート144Hz対応のTN型液晶パネルを採用するという,ぱっと見ただけでは「よくある」ゲーマー向けディスプレイだ。その割に実勢価格は高めなのだが,果たして他社製品とは何が違うのだろう? じっくりテストしたので,その結果をお伝えしたい。

[2018/09/18 00:00]

AI推論向けGPU「Tesla T4」や「Xavier」ベースの開発環境など,新発表が相次いだ「GTC Japan 2018」基調講演レポート

AI推論向けGPU「Tesla T4」や「Xavier」ベースの開発環境など,新発表が相次いだ「GTC Japan 2018」基調講演レポート

 2018年9月13日と14日,NVIDIAは,AI関連開発者向けイベント「GTC Japan 2018」を開催した。初日の13日には,NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が基調講演に登壇し,複数の日本企業との協業や,新製品の発表を行った。日本で開かれたGTCとしては異例なほど多くの新製品が発表となったので,簡単に概要をまとめてみたい。

[2018/09/15 00:00]

NVIDIA,AI推論用GPU「Tesla T4」を発表。Turingアーキテクチャ採用でTDP 75W

NVIDIA,AI推論用GPU「Tesla T4」を発表。Turingアーキテクチャ採用でTDP 75W

 2018年9月13日,NVIDIAは,同社主催のAI関連イベント「GTC Japan 2018」で,「Tesla T4」を発表した。Turingアーキテクチャを採用しつつ,TDPを75Wに抑えてある新製品は,ビデオや音声,検索エンジン,画像処理といったニューラルネットワークのAI推論ワークロード用という位置づけになっている。

[2018/09/13 12:19]

ついに「Kaby Lake離れ」? Intel,薄型ノートPC向けの第8世代Coreプロセッサ「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を発表

ついに「Kaby Lake離れ」? Intel,薄型ノートPC向けの第8世代Coreプロセッサ「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を発表

 2018年8月29日5:00,Intelは,ノートPC向け第8世代Coreプロセッサのラインナップを拡充する新型CPUとして,薄型ノートPC向けの「Whiskey Lake-U」と,2-in-1型PCやタブレット端末向け「Amber Lake-Y」の計6製品を発表した。詳細が明らかになっていない点もあるのだが,新CPUの概要を紹介したい。

[2018/08/29 05:00]

Samsung「Portable SSD X5」を試す。Thunderbolt 3接続のSSDはノートPCを使うゲーマーのベストチョイスか?

Samsung「Portable SSD X5」を試す。Thunderbolt 3接続のSSDはノートPCを使うゲーマーのベストチョイスか?

 2018年8月29日,Samsungは,同社初のThunderbolt 3接続型SSD「Portable SSD X5」を発表した。Portable SSD X5は,USB 3.1 Gen.2接続型を超える圧倒的な速度性能を外付けSSDの世界にもたらす存在だが,それはゲーマーにとっていかなる意味を持つのか。容量1TBモデルを入手したので,テスト結果をお届けしたい。

[2018/08/29 00:00]

4Gamerベンチマークレギュレーション22.0は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を採用して刷新

4Gamerベンチマークレギュレーション22.0は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を採用して刷新

 GPUやCPU,ゲームPCなどの評価にあたって4Gamerが用いているベンチマークレギュレーションをバージョン22.0へ引き上げたのでお伝えしたい。今回は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を新規に採用し,また「Overwatch」のテスト方法を若干見直している。

[2018/08/22 10:46]

[gamescom]ALIENWARE 15&17が「キーごとの個別LED」を搭載してリニューアル

[gamescom]ALIENWARE 15&17が「キーごとの個別LED」を搭載してリニューアル

 ドイツ時間2018年8月20日,AlienwareはノートPC「ALIENWARE 15 R4」「ALIENWARE 17 R5」のキーボードでキーごとのLED設定を可能するというマイナーアップデートを発表した。合わせて,「Command Center」と,ゲームトレーニングプログラム「Academy」のアップデートも明らかにしているので,まとめてお伝えしたい。

[2018/08/21 03:01]

[gamescom]Dell,垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のゲーマー向けディスプレイを発表

[gamescom]Dell,垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のゲーマー向けディスプレイを発表

 ドイツ時間2018年8月20日,Dellは,ゲーマー向けディスプレイの新製品「S2419HGF」「S2719DGF」をgamescom 2018に合わせて発表した。24インチ,解像度1920×1080ドットで垂直リフレッシュレート最大144Hz対応のモデルと,27インチ,解像度2560×1440ドットで垂直リフレッシュレート最大155Hz対応のモデルだ。

[2018/08/21 03:01]

NVIDIA,「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」を発表。Turingコアがゲームにもレイトレーシングをもたらす

NVIDIA,「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」を発表。Turingコアがゲームにもレイトレーシングをもたらす

 2018年8月21日,NVIDIAは,ゲーマー向けGPUの新世代モデルとなる「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」を発表した。先に発表となったQuadro RTXと同じ「Turing」コアを採用採用したGeForce RTX 20シリーズは,PCゲームの世界へリアルタイムレイトレーシングをもたらす存在となる。

[2018/08/21 02:30]

NVIDIA,「Quadro RTX」を発表。「世界初のレイトレーシングGPU」

NVIDIA,「Quadro RTX」を発表。「世界初のレイトレーシングGPU」

 北米時間2018年8月13日,SIGGRAPH 2018においてNVIDIAは,「Quadro RTX」シリーズを発表した。186億トランジスタを754mm2という巨大なシリコンダイに統合する新世代のGPUコア「Turing」を採用する新世代Quadroは,最大で10G Rays/sのレイ処理能力を持つ,「史上初のレイトレーシングGPU」となる。

[2018/08/14 08:33]

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

 第2世代Ryzen Threadripperが正式発表となったタイミングで,AMDが「PCマニアとゲーマー向け」と位置づける16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 2950X」を入手することができた。果たして第1世代からは何が変わり,競合製品との力関係はどう変化したのか。テスト結果をお届けしたい。

[2018/08/13 22:00]

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

 AMDは2018年07月31日22:00,AM4プラットフォーム向けのチップセット新製品「B450」を発表した。「X470」の下位モデルかつ「B350」の後継という位置づけの新チップセットは,ミドルクラス以下の市場へストレージの高速化機能である「StoreMI」をもたらす存在だ。

[2018/07/31 22:00]

MSI「Optix MAG27CQ」レビュー。27インチ湾曲,解像度2560×1440ドット,垂直144Hz対応ディスプレイはゲーマーの選択肢となるか?

MSI「Optix MAG27CQ」レビュー。27インチ湾曲,解像度2560×1440ドット,垂直144Hz対応ディスプレイはゲーマーの選択肢となるか?

 2017年7月に日本のゲーマー向けディスプレイ市場へ参入したMSI。今回取り上げるのは,そんな同社から登場した,27インチ湾曲パネル採用で,解像度2560×1440ドット,垂直リフレッシュレート144Hz対応となる「Optix MAG27CQ」だ。先行するメーカーの多い市場にあって,MSIの製品はゲーマーの選択肢となるのだろうか。

[2018/07/31 00:00]

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの特徴を掘り下げる記事の後編だ。前編で予告したとおり,本稿では「Precision Boost 2」「XFR2」といった自動クロックアップ周り,そしてストレージ高速化の新機能である「StoreMI」の実態と使い方についてじっくり考えていきたい。

[2018/07/28 00:00]

2018年中に「第5世代V-NAND」や「QLC NAND」を投入するSamsungのフラッシュメモリ戦略とは

2018年中に「第5世代V-NAND」や「QLC NAND」を投入するSamsungのフラッシュメモリ戦略とは

 去る2018年7月12日,Samsungは,東京都内で「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」という独自イベントを開催した。Samsung製SSDをメインテーマとした業界関係者向けのイベントだが,同社が年内に投入予定の「第5世代V-NAND」や「QLC NAND」といった,将来のSSDで使われる技術が垣間見えた内容だったので,簡単にレポートしたい。

[2018/07/25 12:46]

Intel「NUC8I7HVK」レビュー。Radeon RX Vega搭載のCPU「Kaby Lake-G」はどの程度までゲームを快適にプレイできるのか

Intel「NUC8I7HVK」レビュー。Radeon RX Vega搭載のCPU「Kaby Lake-G」はどの程度までゲームを快適にプレイできるのか

 4C8T対応の第8世代Coreプロセッサと,AMD製のセミカスタム版GPU「Radeon RX Vega」をワンパッケージ化して話題を呼んだ「Kaby Lake-G」。そんなKaby Lake-Gを採用する超小型ベアボーンキット「NUC8i7HVK」を評価したい。「Intel+AMD」のプロセッサは,ゲームを実用的な性能でプレイできるのだろうか。

[2018/07/04 00:00]

Ryzen 2000搭載の新型デスクトップPCやヘッドセット,「CS:GO」のオンライントレーニングが発表となったDellのイベントレポート

Ryzen 2000搭載の新型デスクトップPCやヘッドセット,「CS:GO」のオンライントレーニングが発表となったDellのイベントレポート

 既報のとおり,北米時間2018年6月6日,Dellは,Webカンファレンスを行い,6月12日に開幕するE3 2018に関連して,デスクトップPCや周辺機器の新製品と,eスポーツ関連の新しい取り組み「Alienware Academy」について発表した。本稿では,それら新製品や取り組みの概要をまとめてみたい。

[2018/06/07 21:34]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月20日〜03月21日