オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

米田 聡

このページの最終更新日:2020/09/30 19:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.9.2」が「STAR WARS: Squadrons」に対応

[2020/09/30 19:00]

NVIDIAの遅延計測ツール「LDAT」と消費電力計測ツール「PCAT」は,どんな仕組みでPCの遅延やGPUの消費電力を正確に測るのか?

NVIDIAの遅延計測ツール「LDAT」と消費電力計測ツール「PCAT」は,どんな仕組みでPCの遅延やGPUの消費電力を正確に測るのか?

 3週間ほど前になるが,NVIDIAは,「LDAT」「PCAT」という2つの測定機器を発表した。LDATはPCにおける遅延を,PCATはグラフィックスカード自体の消費電力を計測するものだ。今回,NVIDIAから両機材の貸し出しを受けたので,これらの仕組みから実際の測定結果までを紹介しよう。

[2020/09/30 19:00]

「GeForce 456.55 Driver」がリリース。「Call of Duty: Warzone」などの2タイトルが「NVIDIA Reflex」に対応

[2020/09/30 11:17]

GeForce RTX 3080/3090に対応した「GeForce 456.38 Driver」が登場。多数の新機能も実装

[2020/09/18 20:49]

複数の不具合を修正した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.9.1」が登場

[2020/09/17 18:49]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.3」が登場。「Project Cars 3」など新作タイトルに対応する

[2020/09/01 17:40]

2万円前後で買える4コアCPU「Ryzen 3 3300X/3100」のゲーム性能をチェック。「Core i3-10300」との対決結果はいかに?

2万円前後で買える4コアCPU「Ryzen 3 3300X/3100」のゲーム性能をチェック。「Core i3-10300」との対決結果はいかに?

 2万円前後で買える4コア8スレッド対応CPUとして人気の「Ryzen 3 3300X」「Ryzen 3 3100」は,ゲーム用PCのCPUとしてどの程度の実力を有するのだろうか。同等のスペックと価格帯にある「Core i3-10300」と比較して,ゲーマーに適したエントリー市場向けのCPUはどれかを探ってみたい。

[2020/08/27 18:00]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.2」が登場。「Microsoft Flight Simulator」に対応

[2020/08/18 13:37]

「Microsoft Flight Simulator」に最適化した「GeForce 452.06 Driver」が登場

[2020/08/18 13:33]

「4Gamerベンチマークレギュレーション23.2」を公開。DirectX 12対応計測ツールとして「CapFrameX」を導入

「4Gamerベンチマークレギュレーション23.2」を公開。DirectX 12対応計測ツールとして「CapFrameX」を導入

 4GamerがGPUやPCなどのテストを行うときに用いる独自の基準となる「4Gamerベンチマークレギュレーション」のバージョン23.2を公開した。本バージョンは,「バイオハザード RE:3」のテストシークエンス修正と,「OCAT」に変わるフレームレート計測ツール「CapFrameX」の導入を行ったマイナーアップデートである。

[2020/08/05 17:00]

「Grounded」への最適化を行った「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.1」がリリース

[2020/08/05 13:37]

AMDの新型CPU「Ryzen 9 3900XT,Ryzen 7 3800XT,Ryzen 5 3600XT」レビュー。「Comet Lake-S」に向けた刺客のゲーム性能はいかに

AMDの新型CPU「Ryzen 9 3900XT,Ryzen 7 3800XT,Ryzen 5 3600XT」レビュー。「Comet Lake-S」に向けた刺客のゲーム性能はいかに

 AMDは,デスクトップPC向けの新型CPU「Ryzen 3000XT」シリーズ計3製品を7月23日に発売する。同ナンバーのRyzen 3000よりも動作クロックを少し上げた高性能版で,Intelの第10世代Coreプロセッサに対抗するものだ。はたしてXTシリーズは,既存製品や競合と比べてゲーム性能や価格性能比に優れたCPUになっているのだろうか。

[2020/07/22 12:00]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.7.2」が登場。「DEATH STRANDING」や「F1 2020」に最適化

[2020/07/20 19:07]

PC版「DEATH STRANDING」などに最適化した「GeForce 451.67 Driver」が登場

[2020/07/10 19:28]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.7.1」が登場。Disintegrationへの対応とバグレポートツールの刷新がポイント

[2020/07/10 17:52]

CPU性能検証を追加した「4Gamerベンチマークレギュレーション23.1」を公開

CPU性能検証を追加した「4Gamerベンチマークレギュレーション23.1」を公開

 4GamerがGPUやPCなどのテストを行うときに用いる独自の基準となる「4Gamerベンチマークレギュレーション」のバージョン23.1を公開した。今回は,バージョン23をベースに,CPU性能検証を加えたのがポイントとなっている。これにより,GPUとCPUのテストレギュレーションが最新版で揃ったわけだ。

[2020/06/30 19:00]

【PR】Corsairのフルキーボード「K95 RGB PLATINUM XT SPEED」を試す。マクロキーで配信ソフトを操作する「Stream Deck」は思いのほか便利だ

【PR】Corsairのフルキーボード「K95 RGB PLATINUM XT SPEED」を試す。マクロキーで配信ソフトを操作する「Stream Deck」は思いのほか便利だ

 Corsairの「K95 RGB PLATINUM XT SPEED」は,2017年に登場した「K95 RGB PLATINUM」のリニューアルモデルだ。耐久性の向上したキースイッチの採用に加えて,Elgatoの「Stream Deck」ソフトを使ってマクロキーで配信ソフトの制御を行えるようになったのが特徴である。その魅力をチェックしていこう。

[2020/06/27 12:00]

DirectX 12 Ultimateに完全対応した「GeForce 451.48 Driver」が登場

[2020/06/25 16:54]

NVIDIA,「A100」搭載のPCI Express拡張カード型アクセラレータ「A100 PCIe」を発表

NVIDIA,「A100」搭載のPCI Express拡張カード型アクセラレータ「A100 PCIe」を発表

 2020年6月22日,NVIDIAは、High Performance Computing用途やAIサーバ向けGPUコア「A100」を搭載したPCI Express Gen.4 x16接続対応型拡張カード「NVIDIA A100 PCIe」を発表した。2020年5月に登場したSMX版からTDPを大きく引き下げた一方で,性能の低下を10%程度に収めたのが特徴だ。

[2020/06/22 16:32]

「Windows 10 May 2020 Update」に対応した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1」が公開に

[2020/05/28 19:00]

「GeForce 446.14 Driver」が登場。「VALORANT」や「Minecraft Dungeons」に対応

[2020/05/28 17:16]

【PR】MSIのゲームノートPC「GS66 Stealth」の魅力とは? 硬派なデザインの薄型軽量ボディと現状最高クラスの性能が融合する

【PR】MSIのゲームノートPC「GS66 Stealth」の魅力とは? 硬派なデザインの薄型軽量ボディと現状最高クラスの性能が融合する

 高性能ノートPC向けCPUの第10世代Coreプロセッサと,薄型ノートPC向けでは最速のGPUであるGeForce RTX 2080 SUPER Max-Qを搭載し,300Hz表示対応の液晶パネルも備えるスタイリッシュなゲーマー向けノートPCが,MSIの「GS66 Stealth」だ。現状で手に入る最高の性能を詰め込んだ本製品の魅力と実力を検証してみよう。

[2020/05/23 12:00]

Intelの新型CPU「Core i9-10900K,Core i7-10700,Core i5-10600K」レビュー。Comet Lake-Sのゲーム性能はRyzen 3000を超えたのか?

Intelの新型CPU「Core i9-10900K,Core i7-10700,Core i5-10600K」レビュー。Comet Lake-Sのゲーム性能はRyzen 3000を超えたのか?

 Intelが「世界最強のゲーム用CPU」と謳うデスクトップPC向けの第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake-S)が発売となった。とくに,Core i9シリーズが10C20T対応となり,最大クロックを引き上げる「Thermal Velocity Boost」を備えるなど,注目すべき点も多い。Intelの新CPUは,Ryzen 3000シリーズから優位を奪い返せたのだろうか?

[2020/05/20 22:00]

AMD,Zen 2コア採用のビジネスノートPC向けAPU「Ryzen PRO 4000」シリーズを発表

AMD,Zen 2コア採用のビジネスノートPC向けAPU「Ryzen PRO 4000」シリーズを発表

 2020年5月7日22:00,AMDは,Zen 2アーキテクチャを採用するビジネスPC向けプロセッサ「Ryzen PRO 4000」シリーズ計3製品を発表した。いずれも薄型ノートPCへの搭載も可能なTDP 15Wの製品で,前世代製品よりもマルチスレッド性能が大幅に向上したのが特徴だという。

[2020/05/07 22:00]

AMD,エントリー向けCPU「Ryzen 3 3000」シリーズと「B550」チップセットの概要を公開

AMD,エントリー向けCPU「Ryzen 3 3000」シリーズと「B550」チップセットの概要を公開

 2020年5月7日,AMDは,第3世代Ryzenのエントリー市場向けCPU「Ryzen 3 3300X」「Ryzen 3 3100」と,「B550」チップセットの詳細や国内向け価格を明らかにした。4コア8スレッド対応の新しいRyzen 3シリーズにおける税込の予想実売価格は順に,1万5400円前後,1万3200円前後となっている。各製品の特徴を簡単にまとめてみよう。

[2020/05/07 22:00]

Intel,デスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサを発表。Core i9は10C20T対応で最大クロック5.3GHzを実現

Intel,デスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサを発表。Core i9は10C20T対応で最大クロック5.3GHzを実現

 2020年4月30日,Intelは,デスクトップPC向けでは初となる第10世代Coreプロセッサを発表した。開発コードネーム「Comet Lake-S」と呼ばれていたプロセッサで,従来よりも高クロックでの動作を可能にしたのが特徴だ。ハイエンドのCore i9シリーズは10コア20スレッド対応で,最上位モデルはシングルコアでの最大クロックが5.3GHzとなっている。

[2020/04/30 22:00]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.2」がリリース。「Gears Tactics」や「Predator: Hunting Grounds」に対応

[2020/04/24 13:36]

「Minecraft with RTX Beta」に対応した「GeForce 445.87 Driver」が登場

[2020/04/16 18:38]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.1」が「バイオハザード RE:3」に対応

[2020/04/03 14:33]

Intel,8C16T対応で最大5.3GHz駆動の「Comet Lake-H」ことノートPC向け第10世代Coreプロセッサを発表

Intel,8C16T対応で最大5.3GHz駆動の「Comet Lake-H」ことノートPC向け第10世代Coreプロセッサを発表

 2020年4月2日,Intelは「Comet Lake-H」ことノートPC向け第10世代Coreプロセッサ計6製品を発表した。今回発表となったのは,ゲーマー向けを含む高性能ノートPC向けに位置付けられるCPUで,8コア16スレッド対応で,最大動作クロック5GHzを超える製品が複数ラインナップされているのが見どころだ。

[2020/04/02 16:01]

「DLSS 2.0」を実装した「GeForce 445.75 Driver」が登場。VR FPS「Half-Life: Alyx」への最適化も行う

[2020/03/24 19:12]

NVIDIAが「DLSS 2.0」を発表。AI活用の高精細化技術が画質と描画性能を大幅に向上する

NVIDIAが「DLSS 2.0」を発表。AI活用の高精細化技術が画質と描画性能を大幅に向上する

 3月23日22:00,NVIDIAは,AIを応用したアンチエイリアシング&超解像技術の最新バージョン「DLSS 2.0」を発表した。NVIDIAによると,DLSS 2.0は初代DLSSに比べて高画質を実現でき,描画性能が最大2倍に向上しているという。また,ゲームへの実装も従来のDLSSに比べて容易になっているそうだ。

[2020/03/23 22:00]

「GeForce 442.74 Driver」がリリース。「DOOM Eternal」に最適化

[2020/03/23 21:33]

「DOOM Eternal」への最適化を行った「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.3.1」が登場

[2020/03/23 20:34]

NVIDIAが「DirectX 12 Ultimate」の概要とGeForce RTXでの対応を明らかに。Windows 10の次期大型アップデートで導入

NVIDIAが「DirectX 12 Ultimate」の概要とGeForce RTXでの対応を明らかに。Windows 10の次期大型アップデートで導入

 北米時間2020年3月19日,NVIDIAは,DirectXの最新拡張となる「DirectX 12 Ultimate」に向けた同社の対応について発表した。MicrosoftのDirectXに関する最新情報を,NVIDIAが説明するというのは珍しいが,次世代ゲーム機「Xbox Series X」も対応する技術をNVIDIAもサポートしていることをアピールする意図があるようだ。

[2020/03/20 02:00]

【PR】GIGABYTE製PCパーツで固めたゲームPC「AORUS GPC-01V」を試す。性能や使い勝手,拡張性も良好な1台だ

【PR】GIGABYTE製PCパーツで固めたゲームPC「AORUS GPC-01V」を試す。性能や使い勝手,拡張性も良好な1台だ

 CFD販売の「AORUS GAMING PC」シリーズは,PCパーツやノートPCなどでお馴染み「GIGABYTE」製のマザーボードやグラフィックスカード,PCケースなどで固めたゲーマー向けPCだ。今回は,そのエントリー市場向けモデル「AORUS GPC-01V」をテストして,使い勝手や拡張性からゲームにおける性能までをじっくりと検証してみた。

[2020/03/14 12:00]

NVIDIA,「GeForce 442.59 Drver」で「CoD: Warzone」への最適化を実施

[2020/03/11 13:16]

AMD,「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.2.2」で多数の不具合を修正

[2020/03/02 13:52]

「The Division 2」や「ARK」の新DLCに向けた最適化を行った「GeForce 442.50 Driver」が登場。GeForce MX 300シリーズにも対応

[2020/02/28 21:03]

【PR】“究極の静音PC”「Silent-Master NEO B450A」を試す。高級静音パーツとRyzenで静かさと高性能を両立したその実力は?

【PR】“究極の静音PC”「Silent-Master NEO B450A」を試す。高級静音パーツとRyzenで静かさと高性能を両立したその実力は?

 ゲーマー向けBTO PCの「G-Master」でお馴染みのサイコムは,「究極の静音PC」を謳う「Silent-Master NEO B450A」を販売中だ。AMDのRyzen 3000シリーズをCPUに採用する本製品は,ゲーマーが選ぶに値する性能と,謳い文句どおりの静かさを備えているのか。静音性テストとベンチマークで明らかにしてみた。

[2020/02/08 12:00]

AMD,1パッケージで64コア128スレッドを実現したCPU「Ryzen Threadripper 3990X」を2月8日発売。価格は約50万円

AMD,1パッケージで64コア128スレッドを実現したCPU「Ryzen Threadripper 3990X」を2月8日発売。価格は約50万円

 2020年2月7日,AMDは,Zen 2ベースのHEDT向けCPUの最上位モデル「Ryzen Threadripper 3990X」を発売した。HEDT向けCPUとしては初めて,64基ものCPUコアを搭載したプロセッサだ。税込の予想実売価格は約50万円となっている。本稿では,新CPUの特徴と性能に関する情報をまとめてみよう。

[2020/02/07 23:00]

「GeForce 442.19 Driver」がリリース。「Zombie Army 4: Dead War」や「Apex Legends」シーズン4への最適化版

[2020/02/04 16:36]

「Zombie Army 4」に対応した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.2.1」が登場

[2020/02/04 13:14]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4」が登場。「Warcraft III: Reforged」への最適化版

[2020/01/28 19:43]

「Radeon RX 5600 XT」に対応した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.3」が登場

[2020/01/22 15:53]

Vulkan 1.2に対応した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.2」が登場

[2020/01/16 16:09]

いくつかの新機能を追加した「GeForce 441.87 Driver」が登場。レイトレ対応版「Wolfenstein: Youngblood」への最適化も

[2020/01/14 19:57]

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.1」が登場。残された不具合を修正して「MHW:ICEBORNE」にも対応

[2020/01/14 18:18]

【PR】Ryzen 7&Radeon RX 5500M搭載のノートPC「Alpha 15」は,「初めてのゲームPC」を求める人にお勧めのゲームPCだ

【PR】Ryzen 7&Radeon RX 5500M搭載のノートPC「Alpha 15」は,「初めてのゲームPC」を求める人にお勧めのゲームPCだ

 持ち運んでどこでもPCゲームをプレイできるゲームノートPCに魅力を感じる人は少なくないが,ネックになるのが価格。そんなときにお勧めしたいのが,MSIの新型ノートPC「Alpha 15」だ。最新GPUの「Radeon RX 5500M」や120Hz対応の液晶パネル,容量512GBのSSDなどを詰め込みながら14万円前後で買える本製品の魅力を紹介しよう。

[2019/12/28 12:00]

数多くの不具合を修正した「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3」が登場

[2019/12/19 21:04]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月01日〜10月02日
タイトル評価ランキング
93
68
55
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
2020年04月〜2020年10月