オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2014]「Kingdom Under Fire II」のPvPは2000体以上のキャラが戦ってもラグ無し! 兵士やモンスターが入り乱れる戦場を見せてもらった
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/22 16:13

イベント

[G-Star 2014]「Kingdom Under Fire II」のPvPは2000体以上のキャラが戦ってもラグ無し! 兵士やモンスターが入り乱れる戦場を見せてもらった

Kingdom Under Fire II
 G-Star 2014のB2B(企業向け)エリアにあるBLUESIDEブースにて,同社が開発中のオンラインアクションRPG「Kingdom Under Fire II」PC / PlayStation 4)の話を聞いた。

 BLUESIDEは今回のG-Starで,本作のPlayStation 4版を韓国で初披露し,ソニーブースで行われていたステージイベントも盛況ではあったのだが,基本的にその発表内容は東京ゲームショウ2014で聞いたものと同じ。しかし,せっかく韓国まで取材に来たのだからと「新情報をください」とゴネてみたところ,韓国メディアにも見せていないというPvPモードのデモプレイを紹介してもらうことができた。
 ただし,「戦闘フィールドの作りこみが終わっておらず,未完成の画面を出すわけにはいかない」と,撮影は一切禁止。筆者としては十分なクオリティに感じられ,BLUESIDEのスタッフが「まだまだだから!」と強く言い張るのに驚いたのだが,とにかくそういうわけで,見せてもらったPvPモードの様子をお伝えしていきたい。

ソニーブースで行われていたKingdom Under Fire IIのステージイベント。ソニーブースには数多くのPlayStation 4向けタイトルがプレイアブル出展されており,行列のできているタイトルもあった。韓国は据え置き型ゲーム機よりもPCオンラインゲームの印象が強いだけに,ちょっと意外だ
Kingdom Under Fire II

BLUESIDEのCEO/Producer Sang Youn Lee氏(右)と,Director/Business Development office Kima氏(左)
Kingdom Under Fire II

 本作のPvPは,専用マップを使い,4対4で行われる。プレイヤーの数を聞くと小規模に思えるかもしれないが,本作では1人のヒーロー(プレイヤーキャラクター)が大部隊を率いて戦えることを忘れてはいけない。ヒーローは同時に3つの部隊を率いることができ,ヒーローで雑兵を倒しまくる「アクションRPGモード」と,部隊に指示を出す「RTSモード」を切り替えながら戦うことになる。
 1部隊の人数は,種類にもよるが,通常の兵士系であれば100人ほどで構成される。つまり,3つの部隊を連れて出撃したら,1プレイヤーにつき301人のキャラクターが出撃することになり,これが8プレイヤーとなると,合計で2400人を超えるのだ。
 これ以上プレイヤー数を増やすと,収容人数の関係で,対戦をするにはマップが広大になりすぎてしまうので,あえて4vs4に抑えているそうだ。

 PvPは,敵が持つ本拠地を破壊できれば勝利,逆に自分の本拠地を破壊されたら敗北という,分かりやすいルールになっている。ヒーローが倒されてしまった場合でも,一定時間後にリスポーンして戦場に復帰可能で,率いている部隊が全滅してしまった場合も,戦闘中に敵を倒して入手したポイントを使って部隊を再雇用すればいい。
 また,フィールド中には近寄ってきた敵を自動で攻撃してくれる砲台のようなオブジェクトが存在し,これを破壊して進軍するのも重要とのことである。

 以上のような説明を受けながらデモプレイを見ていると,フィールドの中央あたり戦闘が始まった。数え切れないほどのキャラクターが入り乱れるわけで,その様子は圧巻だ。最前線には敵味方の兵士が溢れ,ヒーローがこれをバッタバッタとなぎ倒す。今回見せてもらったヒーローは銃を使うクラスで,無数の弾丸に吹き飛ばされていく敵兵を見るのは爽快だった。

 少し離れたところでは,高台に上った弓兵隊が遠距離攻撃で援護を行うシーンも。フィールドの高低差を利用して攻撃するのも,戦術として有効なようだ。
 また,巨人のようなキャラクターや,たった1匹で1部隊として扱われる超巨大サソリ(むちゃくちゃ強い),あるいは上空から攻撃を行う飛行船など,人間以外のモンスターや兵器も活用されており,部隊のバリエーションはかなり多いようだった。

 ちなみに,今回のPvPは,ブースにいたスタッフ1人と,BLUESIDE本社にいるスタッフ7人のオンライン対戦で行われたのだが,ラグや動作のカクつきは一切なかった。東京ゲームショウ2014で見せてもらったデモでも,四方八方を敵に囲まれた状況でスムーズに動いていたのに驚かされたが,今回はオンラインでのPvPという条件でまったく問題がなかったので,もう一度びっくりという感じだ。

 最終的には,サソリの圧倒的な力で敵を蹴散らし,順調に進軍していたブースのスタッフのチームが勝利という形でPvPは終了。ここまで大規模で楽しそうな戦闘の様子を見せられると,やはり気になるのはサービス時期である。
 BLUESIDEによれば,今のところ中国市場では12月にテストを実施する予定で,2015年夏にはPC版の正式サービスを行う予定だという。さらに,PS4版も,2015年夏に全世界でプレイの機会を設けることを目標に,開発を進めているそうだ。全世界ということで,もちろん日本語版の準備もしているとのこと。楽しみに待ちたいところだ。

PvPモードは撮影できなかったので,通常の戦闘シーン
Kingdom Under Fire II

4Gamer「G-Star 2014」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Kingdom Under Fire II

  • 関連タイトル:

    Kingdom Under Fire II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日