オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Tom Clancy's Splinter Cell Essentials公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
58
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
連載「PCゲームを持ち出そう!」。第15回はPSP用スニークアクション「Tom Clancy's Splinter Cell Essentials」を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/10/17 20:35

連載

連載「PCゲームを持ち出そう!」。第15回はPSP用スニークアクション「Tom Clancy's Splinter Cell Essentials」を紹介

Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
 PCゲームと関連のあるNintendo DS/PlayStation Portable用タイトルを紹介していく連載「PCゲームを持ち出そう!」。15回めとなる今回紹介するのは,PlayStation Portable(以下,PSP)用スニークアクション「Tom Clancy's Splinter Cell Essentials」(以下,Essentials)だ。

 なおEssentialsは日本国内では正規に販売されていないため,入手するには,海外ゲームを取り扱う販売店で並行輸入品を購入する必要がある。
 編集部で試した限りでは,Essentialsは国内版のPSPでも動作したが,4Gamer編集部およびソニー・コンピュータエンタテインメントでは国内版PSPでの動作を保証しかねるので,あらかじめご了承を。また本作は英語版のソフトであり,ゲーム画面や各種メッセージ,マニュアルなどは英語なので,注意してほしい。

サムおじさんの活躍っぷりを外出先でも楽しめる


Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
 Essentialsは,特殊工作員サム・フィッシャーの活躍を描くスニークアクションの人気シリーズをベースとする作品。ストーリーはシリーズ第4作「Tom Clancy's Splinter Cell: Double Agent」の続きとなっているが,サムの過去の活躍を振り返る筋書きが織り込まれており,1〜4作めまでのステージの一部もほぼそのままの形で登場する。これまでのシリーズ作品をプレイした人は,懐かしさを覚えることだろう。
 Splinter Cellシリーズについてより詳しく知りたい人は,第3作「Tom Clancy's Splinter Cell: Chaos Theory」レビュー記事が参考になるので,ぜひご一読を。

 グラフィックスのクオリティはなかなか高く,海上のパイプラインや輸送船などのロケーションが緻密に表現されている。……とは書いたものの,画面は全般的にとても暗く,プレイ中の大半の時間は暗視ゴーグルを通じて周囲の状況を確認することになる。
 せっかく綺麗そうなのだから,通常の画面をじっくりと観察できるよう,もう少し明るくしてくれてもいいのにと思う場面が多々あった。とはいえ,敵の目に触れないように闇の中を進んでいくゲームだし,あまり明るいと雰囲気が損なわれてしまうのだろう。
 画面クオリティは十分高く感じられるが,画面の暗さによって,テクスチャやオブジェクトの細部がごまかされているところが多そうだ。どのあたりまで“狙った”ものかは分からないが,ある意味うまいやり方といえるかもしれない。

Tom Clancy's Splinter Cell Essentials Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
Tom Clancy's Splinter Cell Essentials Tom Clancy's Splinter Cell Essentials

銃を構えると操作方法が大きく変化
サムのアクションやガジェットの再現性は良好


Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
 通常本作では,本体左側のアナログスティックで左右回転と前後への移動を行い,○ボタンを押しながらアナログスティックを動かすことで,360度好きな方向を見回せる。この方式では,移動しながら視点を動かせないのが残念だが,テンポの速いアクションゲームではないので,さほど不便さは感じられなかった。
 方向キーの右を押して武器を構えると,アナログスティックを照準(視点)の移動,本体右側の△○×□ボタンを前後左右への移動に用いる操作方法に変化する。つまり,通常時と戦闘時で,移動の操作を行う場所が左右逆になるわけだ。これに慣れるまで,たびたび混乱してしまった。

 プレイ感覚については,EssentialsとPC版Splinter Cellシリーズは,かなり近いものがある。同シリーズのエッセンスは,敵に気づかれないように闇に潜みつつ,さまざまなミッションをこなしていくことだ。しゃがんだままゆっくりと進んだり,背後から敵を倒したりといったアクションが受け継がれているほか,ドアの鍵や爆弾を解除するギミックや,暗視スコープ,サーモグラフィなどのガジェットも用意されている。
 Splinter Cellシリーズをプレイしたことのある人なら,(操作方法は別として)ゲームの流れが分からずに困ることはないだろう。

Tom Clancy's Splinter Cell Essentials Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
Tom Clancy's Splinter Cell Essentials Tom Clancy's Splinter Cell Essentials
Tom Clancy's Splinter Cell Essentials Tom Clancy's Splinter Cell Essentials

Essentialsの「再現度」は?


 今回紹介したEssentialsの再現度は,70%とする。サムおじさんの孤独な戦いを描いたSplinter Cellシリーズの魅力はEssentialsにしっかりと継承されており,同シリーズやスニークアクションのファンならば十分に楽しめるだろう。

Tom Clancy's Splinter Cell Essentials


再現度:70%


「再現度」とは……紹介するNintendo DS/PSP用ゲームが,ベースとするPCゲームをいかに忠実に再現したものであるかを独断で判定したもの。この数字が100%であれば,PC版となんら変わらない完璧な移植であることを意味し,逆に0%であれば,PC版との共通点が一切見出せないほど異なるゲームにアレンジされていることを意味している。そのゲームの面白さ,ゲームとしての出来を示すものではないので注意してほしい。

対応機種:PlayStation Portable
メーカー:Ubisoft Entertainment
発売日:2006年3月21日
価格:39.99ドル
公式サイト:http://splintercellessentials.uk.ubi.com/

  • 関連タイトル:

    Tom Clancy's Splinter Cell Essentials

  • 関連タイトル:

    Tom Clancy's Splinter Cell: Double Agent 日本語マニュアル付英語版

  • 関連タイトル:

    トム・クランシーシリーズ スプリンターセル カオスセオリー

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル パンドラトゥモロー 完全日本語版

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル 完全日本語版

  • 関連タイトル:

    Tom Clancy's Splinter Cell(Macintosh)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月