オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
オンライン専用FPS「TakeDown」,本日5:00PMから2次クローズドβテスターの募集を開始,4Gamer枠は5000名
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/12/07 17:06

ニュース

オンライン専用FPS「TakeDown」,本日5:00PMから2次クローズドβテスターの募集を開始,4Gamer枠は5000名

TakeDown: the First Mission
 ハンビットユビキタスエンターテインメントは本日(12月7日),同社がサービス予定のオンライン専用FPS「TakeDown: the First Mission」の2次クローズドβテストを,12月20日5:00PMから12月25日9:00AMまでの期間実施することを発表した。また,これと併せて本日5:00PMに,テスター1万名の募集が開始された。4Gamer枠として,1万名の募集枠とは別に5000名分を用意してもらったので,ミリタリーFPSファンはさっそく応募してほしい。
 募集概要は以下のとおりだ。

■募集概要
募集期間:12月7日5:00PMから12月16日11:59PMまで
募集人数:4Gamer枠5000名
参加資格:倶楽部はんびっとの会員
当選者発表:12月18日(当選者のみにメールにて送信)
テスト期間:12月20日5:00PMから12月25日9:00AMまで

「TakeDown: the First Mission」2次クローズドβテストへ応募する


 募集概要にもあるとおり,βテスターへの応募には,倶楽部はんびっとの会員登録(無料)が必要となる。また,1次クローズドβテストに参加した人は,引き続き2次クローズドβテストに参加できるので,再度申し込む必要はない。なお,コールサイン(ニックネーム),フレンドリスト以外のすべてのゲームデータは,今後実施されるオープンβテスト時に削除されてしまうので注意してほしい。

 今回のテストでは,(1)プレイ環境の強化,(2)爆破ミッションの追加,(3)新アイテム,新キャラクターの追加が行われているほか,2次クローズドβテスト参加特典も贈られるので,以下に引用したリリース文で詳細を確認しておこう。

TakeDown: the First Mission TakeDown: the First Mission
TakeDown: the First Mission TakeDown: the First Mission

#####以下リリースより#####

< 二次クローズドベータテスト『 Offensive Test 』について >

■ 募集期間
2007 年12 月7 日 17:00 〜 12 月16 日 23:59

■ 募集人数
10,000 名

■ 参加資格
倶楽部はんびっとの会員様

■ 応募フォームURL
公式サイトにて募集

■ 当選者発表
2007 年12 月18 日 (当選者へはメールにてお知らせいたします)

■ テスト期間
2007 年12 月20 日 17:00 〜 12 月25 日 9:00

■ 二次CβT 期間のゲームプレイデータについて
コールサイン(ニックネーム)・フレンドリスト以外の全てのゲームデータをオープンベータテスト開始時に削除いたします。

■ 二次CβT 参加特典
(1) TakeDown Point : 20,071,220TP 支給
(TakeDown Point = ゲーム内アイテムが購入できるゲーム内ポイント)
(2) OβT にも継続して参加した方にはOβT 時に5000TP を支給
※一次CβT、今回の二次CβT 両方に参加された方には、OβT 時に、合計10000TP の支給となります。

< 『TakeDown : the First Mission』紹介 >

■ 背景
未だ戦争の傷跡が消えていない某国の小村ペックでは、反政府軍が今までにない大規模の兵力で独立を要求する軍事行動を敢行した。彼らテロ組職は某国独立軍を巻き込み、政府軍を追い出しペックを拠点にするテロ国家を作るという計画をいよいよ実行に移していた。アメリカを含むフランス・イギリス・日本・韓国政府は、独自に連合作戦を展開する事に同意し、小規模の対テロ傭兵部隊を設立した。作戦名は、テロ組職を完全に転覆させるという意味である “TakeDown”である。

■ ゲームモード
TakeDown では、3 種類のゲームモードを楽しむ事が可能。それぞれに特徴を持つ各ゲームモードにおいてユーザーは異なるそれぞれの戦略を立ててプレイする事を必要とされる。

1. 個人戦
参加プレイヤー同士が敵となり戦闘を行う。

2. チーム戦
参加プレイヤーは、2つのチームに分かれてチーム戦闘を行う。

3. ミッション
(1) 脱出
2つのチームの内、1つのチームは目標の座標まで移動することが目的、反対側は敵を阻止することが目的となる。
(2) 爆破
目標を爆破させるチームと、阻止するチームに分かれて行う。ただし、制限時間を過ぎた場合は、阻止チームの勝利となる。また、全滅した場合は、生存者のいるチームの勝利となる。
(3)殲滅
2つのチームに分かれて、敵チームが全滅するまで進行。制限時間が過ぎた場合、残った人数によって勝敗が決まる。

■ マップ
TakeDown の戦闘の舞台となるマップは、それぞれデザイン的にも構造的にも多彩で、ジャンプをすると高い位置まで上がることが可能。これらのマップは平面的な構造ではなく、地下や2 階といった立体構造が多く、マップごとに様々な戦略を立ててプレイする事ができる。

TakeDown: the First Mission TakeDown: the First Mission
TakeDown: the First Mission TakeDown: the First Mission

■ 特長紹介
TakeDown: the First Mission
1, ハートビートセンサー
壁や障害物の先にいる、敵部隊の位置が把握可能。

TakeDown: the First Mission
2, ジャマー
使用時には敵部隊のハートビートセンサーを無効にし、敵マップに反映されなくなる。

TakeDown: the First Mission
3, 武器改造システム(カスタマイズ)
TakeDown では、メインウェポン・サブウェポンに、『スコープ・ポインター・サイレンサー・サブマガジン』を装着して戦闘力を高めることができる。

・ ポインター
ポインターを装着すると、クロスヘアーの中央にドットが表示され、クロスヘアーの模様が変化。
・ スコープ
スコープを装着すると、装着した銃器は狙撃銃と同じくズームイン・ズームアウトが可能。
・ サイレンサー
サイレンサーの装着時、銃器の発射音が小さくなり、サイレンサーの種類によって発射音の減少量が変化する。

■推奨スペック
必要動作環境
CPU Pentium4 1.7G
MEMORY 256M 以上
VGA Geforce4 MX440 以上
O/S WindowsXP
DirectX 9.0c

推奨動作環境
CPU Pentium4 2.4G
MEMORY 512M 以上
VGA Geforce FX5500 以上
O/S WindowsXP
DirectX 9.0c


#####
  • 関連タイトル:

    TakeDown: the First Mission

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月08日〜12月09日