オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Fable II公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
90
Powered by metacritic
Fable II
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2009#33]広大で美しいアルビオン大陸を作り上げる,「Fable II」のマップデザインを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/28 21:59

イベント

[GDC 2009#33]広大で美しいアルビオン大陸を作り上げる,「Fable II」のマップデザインを紹介

 カリスマプロデューサーとして知られるピーター・モリニュー氏が制作した,Xbox 360用RPG「Fable II」。前作である「Fable」は,欧米で300万本近い売り上げを誇る人気作であるだけに,続編である本作もなかなかのヒット作となっているようだ。
 そのFable IIのグラフィックスの秘密に迫ろうというのが,GDCのレクチャー「The World of Fable II」(Fable IIの世界)である。スピーカーは,Lionhead StudiosのLead Environment ArtistであるMark Smart氏と,Franchise Art DirectorのIan Lovett氏だ。
 本作は広大なアルビオン大陸を自由に旅して,正義に生きるのも,悪の道に走るのもプレイヤー次第という自由度の高いRPGであり,背景となる世界のトーンや構造が,ゲームの中で大きな位置を占めている。今回のレクチャーでは,そんなマップ作りについて説明された。

(写真左から)Lionhead Studios Lead Environment Artist Mark Smart氏,同Franchise Art Director Ian Lovett氏


 Smart氏によると,前作Fableのマップ制作では作業上の制約は少なかったものの,多くの無駄が生じる結果になってしまったという。これは,グラフィックス関連のデータとゲームエンジンの制作を同時に進めていたためで,結果として,当初考えていたことが実現できなかったり,せっかく作ったアセット(建物やアイテムなどのオブジェクト)が無駄になったりするケースが多かったそうだ。
 管理体制も不十分で,デザイナーが好き勝手にいろいろなものをマップ上に置いたため,あとで修正しようとしたとき,それをどこに置いたのか分からないなどということも起きたそうである。

 というわけで,今回のFable IIの制作にあたってはまず,「すべて計画的に行う」ことが重視されたという。なんとなくウソみたいな話だが,前作では結局,せっかく作られたアセットのうちの40%近くが破棄されたというから,事態は深刻だったようだ。

 マップはまず,レベルデザイナーがデザインするという。そこで使われたのが「White-Box」と呼ばれるシステムだ。これは,マップ上に低ポリゴン数のオブジェクトを作成するもので,これにより,位置や大きさなどを決めることになる。テクスチャも貼られていないごくシンプルなものだが,これを元にコンセプトアートが描かれるのだ。

Fable II Fable II
Fable II Fable II


Fable II
 信じがたい話だが,前作にはコンセプトアーティストがおらず,Smart氏らが空いた時間に描いていたというのだ。Fable IIでは,数名のコンセプトアーティストがすべてのイラストを描いたことで,マップの視覚的な統一感が図れたという。

 続いて,コンセプトアートに沿って,必要なアセットの洗い出しが行われる。広大な世界が舞台となるだけに,その数は膨大だ。また,すべてのアセットについて,リードデザイナーとプロデューサーが最終的なゴーサインを出すため,アセットに関するデータはプロデューサーチームが管理することになる。ここで,ピーター・モリニュー氏の話が出る。


 Smart氏によると,モリニュー氏はもちろんきわめて優秀なプロデューサーだが,前作ではミーティングの時間が少なく,十分な意思の疎通が図れなかったとのこと。まあ忙しそうな人ではあるので仕方ないのかも知れない。
 またモリニュー氏は,自分自身でマップ上を歩き回らなければ判断を下さないため,前作では,制作がかなり進んだ状態でダメが出ることもあったそうだ。Fable IIではそういう事態を避けるため,連絡をより密に取ったという。カリスマの下で働くのは名誉なことだが,やはりそれなりに大変なのだろう。

Fable II
 話を元に戻すと,アセットに関するデータは,数々の付帯情報と共に内部/外部のデザイナーに送られ,それを元に,Autodeskのグラフィックスツール「SOFTIMAGE XSI」でモデリングされる。SOFTIMAGE XSIのシェーダーは,ゲームエンジンと同様に描画するようにチューンされており,ゲームとまったく同じ状態でプレビューできるようになっているとのことだ。

 このように書くと,すべてがスムースに進んだように思えるが,実際は,こうなるまでやはり試行錯誤の繰り返しだったそうだ。ゲームの規模がずっと大きくなっているだけに,大変なことも数々あったという。だが,「良いものを生み出すときには痛みを伴うものです」とSmart氏は述べていた。
 十分にプランニングを行い,じっくり計画を練ったおかげで,「みんなは末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし」と相成ったそうである。

Fable II Fable II
  • 関連タイトル:

    Fable II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月