オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
記念すべきシリーズ第1作を新エンジンでリメイク 「トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版」のレビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/06/03 13:02

レビュー

記念すべきシリーズ第1作を新エンジンで完全リメイク

トゥーム レイダー:アニバーサリー
日本語版

10周年を機にシリーズ1作目が装いも新たに再登場


1996年に発売された初代「トゥームレイダー」を,2006年の「トゥームレイダー:レジェンド」エンジンで美しくリメイク。それがこの「トゥーム レイダー:アニバーサリー」なのである
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 ズーから5月23日に発売された「トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版」(以下 TRA)は,シリーズ通算8作目となる作品だ。主人公のララ・クロフトが世界のゲーム界を代表するアイドル的存在なのはいうまでもないとして,アンジェリーナ・ジョリー主演の同名映画がそこそこのヒットとなったり,はたまた日本ではパチスロ機が登場したりと,「トゥームレイダー」は今やゲーマー以外にも広く認知された存在である。
 余談ではあるが,イギリスのテレビ局が2007年にインターネット投票で決定した「100Greatest sex symbols」では,1位がアンジェリーナ・ジョリーなのは分かるとして,なんと6位にララ・クロフトがランクインしている。発売元Eidosのお膝元イギリスでのアンケートとはいえ,ララがいかに欧米で一般に浸透したデジタル・アイドルであるかを物語る結果だ。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
こーんなところにも行けちゃうのである。高所恐怖症の人には向かないゲームかも?
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
ロープを使ってターザンのように離れた場所にジャンプする。こんなところから落ちたら即死

 そんな有名なシリーズでありながら,高すぎるゲーム難度や,あまり日本人好みではない初期作品のララの容姿からか,日本ではそれほど衝撃的なセールスを記録していない。また世界的に見ても,シリーズの過去を振り返ると,実は常に順風満帆だったわけでもないのである。大ヒットを飛ばした第1作から第3作頃までは順調だったものの,それ以降は徐々に人気も薄れ,6作目となる「Tomb Raider: Angel of Darkness」(邦題:トゥームレイダー 美しき逃亡者)では,従来とは異なった世界観やバグの多さ,アクションの動きの悪さなどから酷評を受け,同じ頃(どちらも2003年)に公開された映画の2作目も不振に終わる。

 かといって経営難に陥っていたEidosは,貴重な収入源を失うわけにもいかなかった。そこで傘下にあったCrystal Dynamics社と手を組み,新たに開発したのが2006年の「トゥームレイダー:レジェンド 日本語版」(以下レジェンド)だった。まずはグラフィックスを大幅にチューンナップし,複雑になりすぎていたストーリーの明快化,新しいアクションの追加と操作の簡便化および軽快化を図る。さらにシリーズ本来の単刀直入な冒険アクションへの懐古を目標とした。
 これが見事に功を奏し,レジェンドは古くからのファンに好意的に受け入れられたばかりではなく,新しいファンの獲得にも成功し,大ヒットを記録することとなった。その新生トゥームレイダーの流れに乗り,シリーズ10周年を記念して第1作をリメイクしたのが,この「アニバーサリー」というわけである。もっとも,TRAの制作が発表されたのが10周年(2006年)だったということであり,本稿を書いている時点ではシリーズ12周年に突入していることは付け加えておこう。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
休暇中のララのもとに突然依頼をよこしたジャクリーヌ・ナトラ。ストーリーに深く関わる人物だ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
体力の回復には,あちこちに落ちているメディパックを使用する。(大)ならば完全回復

 さてトゥームレイダーシリーズといえば,主人公ララの鍛え抜かれた身体能力を生かした,アクロバットアクションがウリ。飛んだり跳ねたり飛び移ったり,あるいは撃ったり泳いだり動かしたりと,とにかく多彩で派手なアクションがてんこもりである。一見すると解決不可能にも思える難関を,多彩なアクションと絞りに絞ったアイデアで切り抜け,目的を達成していく悦び。このスタイルは第1作から最新作まで一貫して変わりがない。


オリジナルのプレイ経験があっても一筋縄にはいかない


なぜこんなところにティラノザウルスが? 遺跡なんかよりも,よっぽど歴史的大発見な気が
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 1945年,ニューメキシコ州で行われた核実験により,古代のクリスタルのようなものが地下から露呈。そこから1匹の魔物が現代に解き放たれてしまう,という短いオープニングムービーから物語は始まる。
 時は流れ,現代のイギリス。すでにいくつもの冒険を成功させ,トレジャーハンターとしての地位と名声を得たララ。しばし休息中の彼女のもとへ,一件の依頼が舞い込む。依頼主は世界有数のエレクトロニクス会社であるナトラ・テクノロジー社の創設者でありCEOの,ジャクリーヌ・ナトラだった。ほとんどメディアに出ることもなく,謎の多い人物である彼女は,ララが亡き父・リチャードと共に追い求めて発見できなかったインカ帝国の都市「ビルカバンバ」を特定したという。話の信憑性に疑問を感じつつも,父との思い出と,トレジャーハンターとしてのプライドにかけ,ララは南米ペルーへと旅立つ……というストーリーだ。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
水中だからといって安心できない。息の問題もあるが,ちゃんと(?)敵も存在するのだ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
うーん,どこかで見たようなシーン。まさかスローモーションで銃弾避けたりしませんよね?

 TRAが第1作のリメイクであることはすでに述べたとおりだが,新エンジンで旧作を作り直しただけではなく,随所に新しい要素がちりばめられている。レベル構成や仕掛けなどは基本的に同じだが,攻略にはレジェンドから登場したアイテムが必要になるなど,1作目をプレイした古くからのファンでも一筋縄ではクリアできないようになっている。

 定評のあるレジェンドのエンジンをさらに改良したものが使われているだけに,ゲームの動作は実に軽快だ。ララのアクションはキビキビとしていて気持ちいいし,やや癖のある操作も,いったん慣れてしまえば華麗なアクションを連続でばんばん出せるようになる。またチェックポイントが要所要所に設定されているうえ,ロード時間も非常に短いので,安心して何度も死ねる。なにせよく死ぬゲームで,とくに難関では数十回はトライするようなゲームなのである。ロード時間が長ければウンザリするはずだが,本作は実に快適だ。

とあるレベルのボスなのだが,非常に強力。倒し方がなかなか分からず,何度死んだことやら
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 グラフィックス面では,最新FPSのように唸るほどの環境描写がなされているわけではないものの,遺跡やジャングルの雰囲気などがかなり緻密に表現されている。ただし人体モデルは正直,いっそ日本のゲーム会社に委託してほしい……と思わないでもない(かといって萌え系ララは勘弁だが)。もっとも,旧作の人体モデルなど,今となってはLEGOブロックで作ったのかと思うほどカクカクであり,その当時と比べるとTRAの美しさは比較にならないほどなのだが。パッケージや公式ページ,壁紙などのイメージイラストを飾るララは文句なく美しいものの,ゲーム内のララは一世代前のレベルに留まっている。

 アイテム/ガジェット面では,前作レジェンドで初登場したアイテム,グラップルを多用することになる。レジェンドでのグラップルは,高いところに引っかけて離れた場所に飛び移ったり,アイテムに投げつけてたぐり寄せたりといった使われ方をしていた。TRAではそれらに加え,ウォールウォーク(壁走り)という新しいアクションができるようになった。これは高所に引っかけたグラップルに体重を預け,振り子のように垂直の壁を走るというもの。これが初めて成功したとき,思わず「おおっ!」と声を上げてしまったほどの,ダイナミックなアクションである。ぜひ体験してほしい。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
ジャングルの表現も,なかなかのクオリティを持っている。やはり滝が気になるところだ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
古代遺跡になぜかこのような装置が。うかつに近づけば容赦なく電撃が襲ってくることだろう


難解なパズルは相変わらずなのだ


これが新アクション,ウォール・ウォークである。グラップルを引っかけるところがなければできない芸当だ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 トゥームレイダーシリーズの特徴は,やはり難解なパズルである。バイオハザード系のアクションアドベンチャーゲームでよくある,「あそこでアレを拾ってきて先へ進み,さらにその先で見つけたアレを……」ではなく,難関がボンとあって「さぁこれをどうにか突破してみなさい」といった感じである。手掛かりといえるものは基本ほとんどないので,どこでどういったアクションを組み合わせて先に進むかを考えるのが難しく,なおかつ楽しいのである。
 レジェンドでは無線でアドバイスを受けるといったことも可能だったが,今回はそれがなく,代わり(?)に「日記」というものがある。しかしこの日記,試しに覗いてみると「ふーん,面白いわね」とか「この遺跡の状態はかなりいいほうね」とか,まぁ使えないものばかり。要するにヒントはないと思ったほうがいいだろう。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
お馴染みのクロフト邸。ホールには荷物が積み上げられ,プールとトレーニングルームは工事中である
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
巨大なティラノザウルスに拳銃で立ち向かえるのか…? レイジ・モードを有効に活用しよう

 レジェンドでは難度が低めに設定されていたというのもあって,一本道のルートをガンガン進めていくという感じだったが,TRAはもっと回りくどい方法で仕掛けをクリアするものが多い。例えば一つの扉を開けるにも,あっち行ったりこっち行ったりという感じで,このあたりは初期シリーズの難度が高かった理由でもあるだろう。とにかく三次元的な思考をしなければ,とても解けないようなパズルが多いのである。難度が高いだけあって解決したときの喜びも半端ではない。ただし攻略の自由度というものはないと思ったほうがいい。あらかじめ一つの解があり,それをいかに導き出すかという感じである。

あるマップのある場所では,なんでも金に変えてしまえる。もちろんここに乗ればララも例外ではない
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 さて,このシリーズはパズルだけでなくシューティングの要素も含んでいる。ステージには各所に配置された雑魚キャラのほかにボスが存在し,これとの戦闘もなかなかの醍醐味である。戦闘シーンは,TRAで新たに「レイジ・モード」というものが加わっている。これは戦闘中にある条件を満たすことによって,敵の突進をスローモーションでかわしつつ急所を狙い撃てるというもの。これを有効活用しなければ倒せないボスもいるほどなのだが,なかなかタイミングが難しく,的確にレイジ・モードで敵を倒すには慣れが必要だ。

 このように新要素も加わって,単なるオリジナル版のリファインというに留まらない進化を遂げたTRAだが,難点を挙げるとすればカメラワークの悪さだろうか。三人称視点のため,ララの移動に合わせて自動でカメラ位置が移動するのだが,これによって周囲を見渡せなくなる場面があった。またカメラ移動により方向キーの基準が変化し,思わぬ方向にジャンプしてしまって墜落死ということもたびたびあった。こうしたカメラワークに関する部分は,次回作ではぜひとも改善されていることを望みたい。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
ムービー中にもアクションを求められることがある。矢印に合わせた方向キーを押せばいいだけだ
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
使用できる武器は4種類。ショットガンは威力が強いが連射性が弱く,SMGは連射に向くが1発ごとのダメージが弱い


リメイクとしての完成度は高い。軽快なアクションを楽しもう


ララのライバル,ピエール・デュポン。金と名声のために動くエセ考古学者であり,ララの邪魔をする
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
 全体的に見て,いくつかの難点は散見されるものの,リメイクとしての完成度は総じて高いといっていいだろう。これはレジェンド以降の新エンジンによるところが大きい。シリーズ中でも人気の高い第1作のリメイクとあって,レベル構成はもちろん秀逸であり,さらにグラップルを効果的に使用させることによって,ますますダイナミックなプレイが堪能できるようになっている。

 またパズルの難度はさておき,動作が軽快で,かつアクション操作も簡便である点は非常に優れている。この出来ならば最後までモチベーションを削がれることもないだろう。お馴染みの「クロフト邸」やリワード収集によって得られるスペシャルボーナス,さらにタイムトライアルなどもあり,リプレイ性も十分に高い。ちなみに,レジェンドの連載「着せ替えララちゃん」でも好評だった着せ替えコスチュームは,TRAでは10種類用意されている。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
ララが見ているのは夢なのか現実なのか,そしてこの神々のような存在は何なのか……?
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
一見ただのオブジェクトも,あることをすればパズルを解く重要なアイテムに。試行錯誤の連続なのだ

 古くからのファンにも新しいファンにも楽しめる作品となっており,いまプレイしてこれだけ面白い作品の原型が,十数年前に登場していたことに驚かされる。TRAではさらに磨きがかかっているわけで,面白くないはずがない。惜しむらくは,以前の作品のように追加マップやレベルエディタといったサービスに欠けることだが,こちらは今後の展開に期待したいところである。グラフィックスにさらに磨きのかかった次回作,「Tomb Raider: Underworld」の発売は年内に予定されており,これからのララの冒険にも目が離せない。ぜひとも軽快でダイナミックなパズルアクションを楽しんでもらいたい。

トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
今回の着せ替えコスチュームは10種類が用意されている。これはドッペルゲンガーと呼ばれるもの。見えすぎちゃってセクシーじゃない?
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版
さらに「クラシック」として,オリジナル版のララになれるコスチュームも。こりゃ笑えるけどきつい……。今回はネタっぽいものが多い
  • 関連タイトル:

    トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語版

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2012/06/09)
トゥーム レイダー:アニバーサリー 日本語吹替版
Software
発売日:2008-05-23
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日