オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
蒼天公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:20
レビューを投稿する
準備中
蒼天
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CJ2007 #53]ブースがビーチに? 盛大ブースレポート,「DOA ONLINE」やディズニー関連作品も展示
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/07/18 22:30

ニュース

[CJ2007 #53]ブースがビーチに? 盛大ブースレポート,「DOA ONLINE」やディズニー関連作品も展示

 今月3日に「DOA ONLINE」を発表した盛大(以下,Shanda)は,DOA ONLINEは当然として,韓国Wemadeの三国志モノMMOアクションゲーム「蒼天」など4作品の展示を行っていた。昨年までのShandaブースを知っているので意表を突かれたのだが,例年は,カジュアル系など小物のオンラインゲームやオンラインサービスをたくさん集めており,トッププロバイダにしては地味な展示だった。それが,今回は4作品に絞った内容になっていた。

 蒼天は,韓国ではクローズドβテストも始まり,かなり完成度が高まってきているところで,中国でももうじきクローズドβテストを行う予定だという。会場内ではもちろんプレイアブル展示で,魏・呉・蜀の三国に分かれてゲームができるようになっていた。

 DOA ONLINEは,発表から間もないこともあり,とくに大きな追加情報はない。会場内では,ときおり大画面にムービーが流れていただけで,それ以外のゲーム画面は見られなかった。代わりにXbox版などのムービーを流したり,グッズを展示したりと原作のアピールが行われていた。「かがみポーズのかすみちゃんフィギュアはかなりレアです」と同行していた某氏が言っていたことから,ファンにとってはたまらない展示だった……のかもしれない。

 もちろん,それだけではない。残念ながら,多くの人が期待していたであろう「コスプレコンパニオンがたくさん……」というわけではなく,なぜかDEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyballのほうを意識したかのようなブースコンセプトとなっている。
 ブースに本物の砂と水を持ち込み,おかげで会場内が砂まみれで本格的なビーチを造り上げていた。ビーチには,もちろん水着ギャルが戯れているわけだ。あまり揺れていなかったような気はするが,気にしてはいけない。



 そのDOA ONLINEと,まったく違和感なく並んでいたのが,韓国Actoz Soft製のセクシー卓球ゲーム「X-Up」(原題:X-Spin)である。いや,基本的には普通の卓球ゲームなのだが,女性用コスチュームでなぜか露出の多いものも用意されているというだけの話。ここではコンパニオンもコスプレをしていた。ゲーム内で一番露出の多い衣装だ。
 中国では,やはり卓球の人気は高いのかと上海の若者に聞いてみたところ,中国人選手は強いのでそれなりに人気はあるという。会場内に置いてある卓球台を見ても,普通に卓球をプレイし始める人が次から次へと現れる。日本ではちょっとこうはいかないかもしれない。



 では,中国の人は日常的に卓球をしているのかと聞くと,やっぱり最近の人はどちらかというと野球やサッカーを好むそうだ。いずこも同じ傾向ではある。とはいえ,ブースのにぎわい具合を見る限り,卓球は中国では十分ポピュラーなスポーツであることは間違いないといえそうだ。
 開発元のActoz Softは「ミルの伝説」などで中国では有名な企業で,日本で馴染みのある作品としてはA3が挙げられる。実はActoz Softは,2004年にShandaに買収されており,韓国ではあまりウケそうにない競技をゲーム化したのも,最初から中国サービスしか考えていなかったからかもしれない。



 さて,最後に並んでいたのは,ディズニーキャラクターが登場するスケートボード風ゲーム「Disney Magicalboard Online」である。内容は,空中を浮遊するマジックボードに乗って,障害物競争っぽいレースを行うというもの。 最初見たとき,不謹慎ながらちょっとぎょっとしてしまったのは内緒である。ちゃんとディズニーのロゴも入っていたので,“耳の大きな猫”というわけではないらしい。確認すると,ディズニーと共同でShandaが制作しているとのこと。なぜだか一安心。

 聞くと,中国でもディズニーキャラクターの人気は非常に高いとのこと。カジュアルゲームを得意とするShandaではあるが,ブランド力のあるキャラクターとのコラボは魅力のようだ。
 内容的には,スピード感もあり,キャラクターの魅力と相まって世界にも通用する作品となりそうだが,まだ開発中で,今回が初のお披露目とのこと。とりあえず海外展開などについてはまだ未定だ。
 会場にはビデオ展示だけで,プレイアブル環境はなかったものの,プレイムービーを見ても,すでにかなりできあがってきていると思われる。年内にはクローズドβテストなどの動きがあるだろうとのことだった。



 また,Shandaブースのステージでは,テイルズランナーのプレイ大会などが行われていた。ステージ上に置かれた車(プジョー)はどうやらその賞品らしい。今年のShandaは,色々な意味でやることが派手であった。(aueki)

  • 関連タイトル:

    蒼天

  • 関連タイトル:

    X-SPIN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月