オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Out of the World公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/07/16 21:08

プレイレポート

[プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 「BitSummit Let's Go!!」には,国内外の開発者が手がけた多数のインディーゲームが出展されていた。数が多いので,似ている作品があって当然なのだが,筆者が会場でプレイしたいくつかのゲームの中に,非常によく似たテーマを掲げながら,見た目もプレイフィールもまったく異なる2つのタイトルがあったことに気づいたのだ。

個人から企業まで,幅広いクリエイターが参加した「BitSummit Let's Go!!」会場
画像集 No.002のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 そのタイトルは,Toyota Ryuto氏「Out of the World」と,Wonderland Kazakiriの「CASSETTE BOY」だ。「Out of the World」は「この世界は“目に見えているモノ”だけが真実」,また「CASSETTE BOY」は「見えていないモノは存在しない……」というキャッチコピーを掲げており,実際にプレイしてみると,開発者がゲームに込めたテーマを感じることができた。
 せっかくの機会なので,本稿でこの2タイトルのプレイレポートをお届けしよう。

今回紹介する「Out of the World」と「CASSETTE BOY」の試遊ブース
画像集 No.003のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介 画像集 No.004のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 「Out of the World」は,真っ黒い画面がインパクトの強いパズルアクションだ。プレイヤーは頭が目玉のキャラクターで,頭からは視界を表す扇形の赤い光が見えている。ゲームを始めると,真っ黒なステージに自分と足元,そして出口となる明かりが見える。

「Out of the World」は,2023年9月発売予定
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 キャッチコピーの「この世界は“目に見えているモノ”だけが真実」に則り,彼(?)が視線を向ける(=赤い光を当てる)ことで,ステージに用意された足場が現れる仕組みだ。この足場を移動して出口に向かうことになるのだが,すべてに視線を向けて出現させてしまうと,ゴールへのルートが閉ざされてしまうことがある。

赤い光がプレイヤーの視界。光が当たるところに足場があれば,出現する
画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 そのためプレイヤーには,「目を閉じる」というアクションがあり,これを行うと,出現していた足場が消えてしまうのだ。消えた足場は再び視線を向ければ現れるので,この法則を駆使して,ステージに足場を出したり消したりしながらゴールを目指すのが,このゲームの基本になる。

目を閉じた瞬間から,出ている足場が消え始める。また目を閉じている間は,出口となる扉の場所も見えない
画像集 No.007のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 プレイをしてみると,初回プレイ時に足場がどこにあるのか,キョロキョロして(視線は右スティックで全方向に動かせる)全体の形状を把握し,障害物になりそうな足場があるときは,目を閉じて消していく。

画面下に落ちたり,トゲのある床に触れるとミス
画像集 No.009のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

ステージにあるハートは収集アイテムで,取ろうとするとクリアが難しくなることも
画像集 No.010のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 ステージによっては,乗るだけでミスになるトゲトゲの足場が出現する場合もあるが,ミスをしても最初からやり直しになるだけなので,トライ&エラーを繰り返して正しいルートを模索していくという,パズルゲームの面白さもしっかりと備えた内容だった。
 なお,本作は現在Steamで体験版を配信中だ。体験版で,この独特な手触りを確認してほしい。

画像集 No.011のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介


 一方の「CASSETTE BOY」は,ボクセルテイストのグラフィックスと,液晶画面を思わせるモノクロの色使いという,こちらも見た目が特徴的なアクションRPGだ。
 フィールドは斜め見下ろし型の箱庭のような雰囲気で,特定の場所で隣のエリアに切り替わる仕組み。序盤でプレイヤーは「ヘッドホン」を手に入れ,その力でカメラを左右に回転させられるようになる。実はこれが,本作の真骨頂ともいえる大きなポイントなのだ。

「CASSETTE BOY」。2024年発売予定
画像集 No.012のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

「CASSETTE BOY」公式サイト


中央に見える白いキャラクターが主人公。箱庭の中でちまちまと動き回る様子がとても可愛い
画像集 No.013のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

ヘッドホンを手に入れた主人公。ここから本作の面白さが始まる
画像集 No.014のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 仕組み自体は,単純にカメラ視点を変えるだけなのだが,フィールドは3Dで構築されているので,角度によって見えなくなるところが出てくる。
 そこで,例えば通路で通せんぼをしているキャラクターがいた場合,カメラを回転させ,そのキャラクターを壁の背後に隠して見えなくしたとたん,“存在しない”ことになり,通路を通れるようになるのだ。

 あるいは,プレイヤーが乗るとスイッチを押したことになるギミックを作動させたとき,通常は降りるとギミックが解除されてしまうのだが,カメラを回してそのスイッチを見えなくすることで,スイッチが“存在しない”ことになり,降りてもギミックが解除されないといった具合だ。
 これが「見えていないモノは存在しない」というコピーをゲームに落とし込んだもので,開発者はこれを「シュレディンガーシステム」と名付けている。

主人公が対峙している黒いキャラクターは,カメラの角度を変えると壁に隠れて見えなくなる。見えていないものは存在しないので,通れるようになるのだ
画像集 No.015のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介
画像集 No.016のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 フィールドを回転させるシステムは,だまし絵のように重なったフィールドを確認するためにも使える。また,カメラをグルグル回転させることで,特定の場所に粒子が飛び交い,ギミックが発動するといった仕掛けも用意されていた。

カメラをボタンを押し続けてフィールドをグルグル回すと宝箱が出てきた。これまで体験したことのないギミックだ
画像集 No.017のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 やがてプレイヤーは,剣や弓を手に入れて攻撃ができるようになり,強敵の大型のボスが登場するなど,アクションRPGの様相も見せてくれるが,ゲーム全体の仕様については,現在検討中とのことだった。

ボスも登場。先ほどの回転ギミックを使ってダメージを与えるらしい
画像集 No.018のサムネイル画像 / [プレイレポ]BitSummitに出展された“目に見えるもの/見えないもの”をテーマにしたアイデアあふれる2つのタイトルを紹介

 偶然にも似たテーマを掲げつつ,それをまったく違うゲームへと昇華している2タイトルだが,どちらもしっかり作り込まれた,面白い作品だった。こうしたインディーらしい個性的なタイトルに出会えるのもBitSummitならでは。今回紹介した2タイトルを含め,いろいろなゲームとの出会いを楽しんでほしい。

「BitSummit Let’s Go!!」特設サイト

4Gamerの「BitSummit Let’s Go!!」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Out of the World

  • 関連タイトル:

    CASSETTE BOY

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月25日〜02月26日