パッケージ
Guns Undarkness公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/10 01:00

ニュース

元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

 「ペルソナ」シリーズや「真・女神転生」シリーズの作曲家として知られる目黒将司氏は本日(2022年9月10日),自身のオリジナルRPG「Guns Undarkness」(ガンズ・アンダークネス)のクラウドファンディングキャンペーンを,Kickstarter(※外部リンク)で9月12日に開始すると発表した。キャンペーンは10月15日まで。イニシャルゴールは3万ドル(約429万円※1ドル=143円換算)となっており,本作は同ゴールの達成でPC向けに,ストレッチゴールの達成で“Nintendo、PlayStation、Xbox向け”(プレスリリースママ)にリリースされる。現時点でのリリース日は2023年12月となっている。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

Kickstarterの「Guns Undarkness」キャンペーンプレローンチページ


 Guns Undarknessは,アトラスを離れてフリーランスのゲーム開発者となった目黒氏が正式に手がける初のプロジェクト。その舞台は破滅の危機に陥った未来の世界で,本作はステルス要素と激しいターン制コマンドバトルを組み合わせた“戦略JRPG”(バトルの詳細は,本稿末尾リリースを参照)。プレイヤーは2045年の民間軍事会社の社員となり,核戦争後の荒廃した世界で,人類の革新のために戦う。真実の愛を探す登場人物達にフォーカスしたストーリーが展開するという。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

関連記事

目黒将司×マフィア梶田。メガテンやペルソナのサウンドを生み出してきたクリエイターの独立と新たなる挑戦を独占インタビュー

目黒将司×マフィア梶田。メガテンやペルソナのサウンドを生み出してきたクリエイターの独立と新たなる挑戦を独占インタビュー

 アトラスで「真・女神転生」や「ペルソナ」のサウンドを長年にわたって手がけてきた目黒将司氏の独立について,マフィア梶田が独占インタビュー。それは16年越しの執念からくる人生の転機。知られざるゲームクリエイターとしての素顔に迫った。

[2021/11/06 17:00]
関連記事

「INDIE Live Expo Winter 2021」視聴レポート。約6時間にわたって500本以上の作品が紹介された,インディーズゲーム番組の情報まとめ

「INDIE Live Expo Winter 2021」視聴レポート。約6時間にわたって500本以上の作品が紹介された,インディーズゲーム番組の情報まとめ

 2021年11月6日,INDIE Live Expo実行委員会は,国内外のインディーズゲームのオンライン情報番組「INDIE Live Expo Winter 2021」を配信した。本稿では,500本以上のタイトル情報やライブパフォーマンス,海外のインディーズゲーム事情などが,約6時間にわたって紹介された番組の様子をレポートする。

[2021/11/08 19:54]


 目黒氏はGuns Undarknessのゲームデザインだけではなく,ゲームに使用される全楽曲を制作する。キャラクターデザインをイリヤ・クブシノブ氏(「攻殻機動隊 SAC_2045」),作詞を,目黒氏と2006年に「ペルソナ3」でタッグを組んだ作詞家のロータス・ジュース氏(「ペルソナ」シリーズ)が担当するなど,目黒氏のほかにも著名クリエイターが参加する。

 目黒氏は今回のクラウドファンディングキャンペーンについて,「キックスターターを通して、ファンの方から支援と早期のフィードバックを頂いて『Guns Undarkness』をより良いゲームにしたいと思っています」,そして「支援してくださる方の力を借りてヴィジュアル面の問題を解決し、細部まで磨き上げたいので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします!」とコメントしている。本作に注目している人は目黒氏のTwitterアカウント( @s_megarock )をフォローするなどしつつ,キャンペーンの開始を待とう。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.007のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.008のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.009のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.010のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.011のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”
画像集 No.012のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

Kickstarterの「Guns Undarkness」キャンペーンプレローンチページ


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



『ペルソナ』や『真・女神転生』シリーズの作曲家として知られる目黒将司氏が2022年9月12日、キックスターターにて自身のオリジナルゲームプロジェクトである『Guns Undarkness(ガンズ・アンダークネス)』を開始することをお知らせいたします。このキャンペーンは2022年10月15日まで継続され、イニシャルゴールは$30,000になっています。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

『Guns Undarkness』は未来の世界を舞台にしたSFで、ステルス要素と激しいターン制コマンドバトルを組み合わせた戦略JRPGです。プレイヤーは2045年の民間軍事会社(PMC)の社員となり、核戦争後の荒廃した世界で仲間と共に任務をこなしていきます。人類の革新のために戦い、真実の愛を探す登場人物たちにフォーカスを当てたゲームストーリーになっています。

主な特徴

  • 『メタルギアソリッド』や『ペルソナ』にインスパイアされたターン制戦略RPG
  • チームメイトと親しくなることで主人公に力を与える人間関係システム
  • 舞台は破滅の危機に陥った未来の世界
  • 目黒将司氏(『ペルソナ』、『真・女神転生』)、イリヤ・クブシノブ氏(『攻殻機動隊 SAC_2045』、『バースデー・ワンダーランド』)ロータス・ジュース氏(『ペルソナ3』)が結集

画像集 No.003のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

ゲームプレイ

フィールドでは、プレイヤーは主人公を操作し、最大3人の仲間を率いて攻略します。ハンドシグナルボタンで仲間が身を隠すことのできるカバーポイントを指定し、GOボタンで仲間をカバーさせます。

敵シンボルを発見したら構えて射撃することができます。プレイヤーのチームが完全にカバー状態で敵を撃つと総攻撃ボーナスチャンスです。この時間内に連射した分、バトルが始まる前に敵のヒットポイントを削ることができます。カバー状態じゃなくても、敵シンボルを射撃するとターン制バトルへと移行します。

バトルには通常攻撃(ATTACK)や、SPを消費して強力な攻撃を繰り出すスキル(SKILL)といった幅広いコマンドが用意されています。また、ガード(GUARD)、ムーブ(MOVE)、武器(WEAPON)、アイテム(ITEM)、エスケープ(ESCAPE)、キャラクターの防御スーツであるTAGSについてのコマンドも用意されています。

カバー状態から攻撃する場合のSP消費はありません。この時にスキルを解き放つことで戦略的ゲームプレイが可能となります。敵の弱点を突くことで大ダメージを与え、カバーに移行できます。

攻撃側の銃と、ターゲットのTAGSとの相性によってダメージが左右されます。敵の相性が防御(DEFENCE)だった場合ダメージが減少することもあります。強力なスキルに加えて、特殊なバフやデバフを付与できる銃も存在します。

バトルに勝利することでプレイヤーのチームはキャラクター経験値と銃経験値の2種類の経験値を取得できます。レベルアップによりキャラクターのステータスパラメーターが上昇し、銃の使用可能スキルも解放されます。また、パーツを追加することで銃の性能を強化することができます。シナリオが進むと設計図が手に入り、素材を集めて新しい銃の作成も可能となります。

ミッションが無い時にはプレイヤーはアジトである強襲揚陸潜水艦『マルーン号』で過ごします。クエストパネルよりクエストを受注したり、ワールドマップから上陸地点を指定してショップなどの様々な場所に行くことができます。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

ストーリー

2045年、近代技術の力強い発展の恩恵を受け人類はしばしの小康状態を味わっていた。しかしそれと同時に持つ者と持たざる者との社会格差が深刻な問題となり、持たざる者の中に原始主義を掲げたグレートリセットを目論む者が現れた。

「千のプラトー」。彼らの持つ2発の核ミサイルを引き金に世界は大規模な核戦争となる。
そしてグレートリセットは完遂されたのだった。

主人公は民間軍事会社の一員としてこの難局を仲間とともに乗り越えていきます。

そしてこの荒廃した世界で真実の愛を見つけ出し、人類を革新させることができるかはあなたの行動にかかっています。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 元アトラスの目黒将司氏,「Guns Undarkness」のクラウドファンディングを9月12日より実施。ステルス+ターン制コマンドバトルの“戦略JRPG”

2021年11月に初めて公開された『Guns Undarkness』は、株式会社アトラスから離れてフリーランスのゲーム開発者となった目黒氏が正式に手掛ける初のプロジェクトです。『ペルソナ』や『真・女神転生』シリーズの作曲家として知られる同氏はPSP向けの『ペルソナ』シリーズのクリエイティブディレクターも務めた上、何年もインディーのRPGを自身で開発してきました。

目黒氏はゲームデザインだけではなく、『Guns Undarkness』に使用される全楽曲を制作します。このプロジェクトではキャラクターデザインにイリヤ・クブシノブ氏(『攻殻機動隊 SAC_2045』)と、目黒氏と2006年に『ペルソナ3』にてタッグを組んだ作詞家のロータス・ジュース氏(『ペルソナ』シリーズ)が結集します。

「キックスターターを通して、ファンの方から支援と早期のフィードバックを頂いて『Guns Undarkness』をより良いゲームにしたいと思っています」と目黒氏は話します。「支援してくださる方の力を借りてヴィジュアル面の問題を解決し、細部まで磨き上げたいので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします!」

このキックスターターキャンペーンはプロジェクトの支援者に多くのリワードティア、コミュニティゲーム、ストレッチゴールを用意しています。現時点でのリリース日は2023年12月です。目標達成の際には『Guns Undarkness』がPC向けに、そしてストレッチゴール達成の際にはNintendo、PlayStation、Xbox向けにリリースされます。

https://www.kickstarter.com/projects/meguroshoji/guns-undarkness
  • 関連タイトル:

    Guns Undarkness

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日
タイトル評価ランキング
71
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
30
地球防衛軍6 (PS4)
2022年03月〜2022年09月