オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/02 18:07

ニュース

リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

 2019年10月1日,東京の渋谷にあるトークライブハウス「LOFT9 Shibuya」にて,「メタルマックス」30周年に向けたトークイベント「METAL MAX 2021 Road to 30th Anniversary 〜賞金稼ぎの集い 2019 Autumn KICK OFF〜」が開催された。

会場前の店内の様子。有料のイベントであったが開場後はほぼ満席の状態に
画像(001)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(002)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

 プロデューサーの河野 順太郎氏やシリーズ原作を手掛ける宮岡 寛氏ら開発陣と,「METAL MAX Xeno」PS4 / PS Vita)のヒロイン・トニを演じた声優の石飛 恵里花さん,プロレスラーでライターでもある男色ディーノさんが登壇し,「メタルマックス」シリーズに関するトークや最新作の発表などを行った。

画像(003)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
左から河野 順太郎氏(プロデューサー),石飛 恵里花さん(声優),門倉 聡氏(シリーズ音楽),友野祐介氏(ディレクター),宮岡 寛氏(シリーズ原作),男色ディーノさん(プロレスラー / 俳優 / ライター)。MCである男色ディーノさんは4Gamerにて連載を持ち,過去には「METAL MAX Xeno」の“ゲイムヒヒョー”を行ったこともある

会場となったLOFT9 Shibuyaでは,シリーズにちなんだオリジナルメニューも提供されていた。どれも人気が高く,早々に売り切れたものも
画像(004)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(005)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

画像(006)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
河野氏と石飛さんが着ていた「おかえりポチ!Tシャツ」は来場者にも配布。色は黒のピンクの2色が用意されていた

戦闘犬ポチの復活に沸く会場では「メタルマックス」シリーズのリメイク・続編・完全新作が発表


 イベントでは,既報の通り「メタルマックス ゼノ リボーン」PS4 / Switch)と「メタルマックス ゼノ リボーン2」PS4 / Switch),そして「コードゼロ(仮称)」の発売と製作が発表された。未定の内容もあったが,タイトルごとの説明もあったので紹介していこう。

画像(007)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
イベント開始時には,会場のファンとも“乾杯”が行われた。また,シリーズファンにはお馴染みの「お大尽」として,参加者全員にドリンク1杯を奢るサービスも

●「メタルマックス ゼノ リボーン」(今冬発売予定)
 2018年4月19日に発売された「METAL MAX Xeno」を原作とし,新たなエンジンとシステムで再構築するという本作。PBR(Physically based rendering:物理ベースレンダリング)を利用したグラフィックスの向上はもちろんなのだが,登場するモンスターのデザインやサイズ,戦闘システム,物語の展開・分岐なども大きく変更,もとい新規作成を行うようだ。

画像(029)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
「メタルマックス」といえば犬。「METAL MAX Xeno」では登場しなかった戦闘犬が堂々の復活。拠点となるアイアンベースではコミュニケーションもとれる
画像(031)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(030)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

画像(034)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(032)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
画像(033)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
映像や動画では,砂にまみれた大蟻や,人間では太刀打ちできなそうな超巨大なスナザメが紹介された

画像(036)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
戦車は見た目だけでなく挙動もリアルに。戦闘システムについては触れていなかったが「戦車の意義・強さ」を感じられるものになるとのこと
画像(037)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(038)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

 物語については,基本的に「METAL MAX Xeno」と同じだが,“特定の行動をしないと先に進めない”といった部分をどうするか考えていると話していた。

 友野氏の中には,「昔の『メタルマックス』であれば,仲間を助けずとも先に進めたはず」との思いもあるようで,「例えばヒロインのトニを見殺しにするルートがあってもいいと思う」との意見も出ていた。
 トニ役の石飛さんからは猛反対されていたが,友野氏の決意は固いようだ。

画像(035)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

●「メタルマックス ゼノ リボーン2」(2020年発売予定)
 予定では「メタルマックス ゼノ リボーン」後の世界を描く本作。これまた予定ではあるが,主人公は前作に続きタリスで,トニを含む3人で新たな地“京都”に到着したところから物語は始まるようだ。

 “予定”と何度もくどく書いたのは,宮岡氏によるシナリオ案に対し,友野氏のオーケーが出ていないからであり,場合によっては,トニを含む3人は死んでいて別の主人公の物語になる可能性もあるとのこと。
 この友野氏の発言に対して,石飛さんからは絶句とも言える声にならない声が。

画像(019)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
山本貴嗣氏によるモンスターのコンセプトアートも公開された。過去作に登場した恐竜と戦車を融合したようなデザインに,会場からは多くの歓声が上がっていた

画像(018)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

●「コードゼロ(仮称)」(発売日未定)
 2021年に迎える「メタルマックス」シリーズの30周年を記念すべき作品として制作を進めるようだ。シリーズが進むにつれ整合性の取れなくなってきた世界を見直し,原点から再構築を目指していくとのこと。プラットフォームを含め構想段階であるようだが,宮岡氏は“大破壊”か,その直後を描いてみたいと話していた。
 「METAL MAX Xeno」には“最後のモンスターハンター”というクエストが登場するが,この作品では“最初のモンスターハンター”に触れてみたいそうだ。

河野氏によって,本作に登場させたい過去キャラクターのアンケートも実施された。今後も,さまざまなイベントや企画と通してユーザーの声を拾っていきたいとも話していた
画像(020)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(021)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

画像(023)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催
イベントでは,「METAL MAX Xeno」のエンディング曲を担当したELFI(エルフィ)によるミニライブも行われた。「メタルマックス ゼノ リボーン」に向けて再集録も行ったそうだが,音楽を担当する門倉氏は「とても素晴らしかったがために,女の子(トニ)をイメージした形で録り直しを考えている」と話していた。壇上でのいきなりの報告に,初耳であった河野氏は困惑の表情に
画像(025)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(024)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催 画像(022)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

 3タイトルの発表という大ボリュームの内容で,あっという間に終了時間を迎えた本イベント。最後には,発表された3タイトルすべてのディレクターを務める友野氏から,閉会の挨拶とともにシリーズ開発に対する決意表明が行われた。

 小学生の時に「メタルマックス」に出会い,その個性ある世界観に魅入られ,影響を受け育ってきたと話す友野氏。シリーズに対する思いは非常に強く,本シリーズを日本の三大RPGタイトルに数えられるまで成長させていきたいと考えているそうだ。

 そして,それには開発者だけでなく,これまで支えてきてくれた多くのファンと,これからプレイしてくれるユーザーの力が必要であると述べ,感謝気持ちを伝えるとともに今後の応援をお願いしていた。

画像(026)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

 1991年5月24日にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売した「メタルマックス」のキャッチコピーにあった「戦車と人間のRPG」。それに“犬”が加わり「戦車と犬と人間のRPG」といったジャンルで開発が進む今後の作品がどのような進化を遂げるのか。まずは,リメイクの概念を超えるであろう「メタルマックス ゼノ リボーン」の発売を待ち,この目で確認したい。

イベント終了後には,参加者も撮影可能な「登壇者フォトセッション」が行われた
画像(027)リメイク・続編・完全新作の発表もあった「メタルマックス」シリーズのトークイベントが開催

「メタルマックス ゼノ リボーン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    メタルマックス ゼノ リボーン

  • 関連タイトル:

    メタルマックス ゼノ リボーン

  • 関連タイトル:

    メタルマックス ゼノ リボーン2

  • 関連タイトル:

    メタルマックス ゼノ リボーン2

  • 関連タイトル:

    コードゼロ(仮称)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月18日〜02月19日
タイトル評価ランキング
89
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年08月〜2020年02月