オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
メタルマックスゼノ リボーン公式サイトへ
  • 角川ゲームス
  • 発売日:2020/09/10
  • 価格:通常版:7128円(税込)
    Limited Edition:1万978円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
26
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

メタルマックスゼノ リボーン

メタルマックスゼノ リボーン
公式サイト http://metalmaxxeno.com/
発売元・開発元
発売日 2020/09/10
価格 通常版:7128円(税込)
Limited Edition:1万978円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
26
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • むしろ前作の方が本作のリボーン(新生) 40
    • 投稿者:シズ(男性/30代)
    • 投稿日:2020/09/29
    良い点
    ○リアリティのあるシームレスバトル

    ○改造の自由度が高く発想次第で破茶滅茶な楽しみ方が可能

    ○待ちわびていた犬の登場
    悪い点
    ○完全にオミットされたシナリオ
    前作の不評を受けて、改善するのかと思えばシナリオを完全カット。大胆。

    ○バグの多さとロードの不便さ
    とにかく荒野を移動し続ける時間が多いが、随所にロードが挟まりテンポが劣悪。

    ○カットされた要素が多すぎてメタルマックスシリーズが本来持つ味わい深さが少ない。
    総評
    撃ち尽くす!駆り尽くす!のキャッチコピーに相応しく、湧いて出てくる敵をひたすらに倒し続ける内容。何も考えず戦車が出てくるRPGを遊びたいなら選択肢に入るか。その手のゲームでも面白いものは無数にあるが、本作はシナリオのオミットや職業の撤廃など様々な部分がカットされているため、「戦闘部分だけをRPGツクールで作り込んだ作品」のようなアンバランスなゲームに感じてしまう。原点回帰を謳っているが、シナリオが無い戦車のハクスラがメタルマックスの原点ではないのと思っているので開発陣に大いに異を唱えたい。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 1 3
  • リボーンできているとは言い難い。良い点よりも悪い点の方が多すぎます 20
    • 投稿者:pulse(男性/30代)
    • 投稿日:2020/09/23
    良い点
    グラフィックのクオリティはそれなりで、目を見張るほどではありませんが、戦車が動く様子はやはりワクワクするというか、良いものです。

    周回プレイになると、途中で「超改造」と言う、戦車装備の強化限界を超えた改造ができるようになりますが、この超改造の仕様が個人的には改善されています。 

    戦闘で、大量の砲弾やミサイルなどが飛び交うのは見ていて気持ちいいです。
    悪い点
    バグが多いです。
    文字化け、エラー発生して強制終了、フリーズ、場合によってはセーブすらできなくなります。
    発売を延期したとは思えないほど、バグが取れていません。

    操作性も悪いです。
    徒歩での移動は遅い上にダッシュも存在せず、仲間のキャラクターに当たり判定が存在するため狭い通路で引っかかってストレスが溜まります。
    戦車は地形に引っかかりまくりますし、場所によってはハマりみたいな事も平気で起こります。
    ハマった際に特定の場所に戻る処置とかは、勿論ありません。
    カメラ操作だけが可能でリセットするしかない状況も普通に起こります。
    クレーター周辺を戦車で走っていたら突然、戦車ごと空中に放り出されて延々と落下モーションを取り続けていたこともあります。
    放置していたら直りましたが…。

    アイテム一覧を開くときに毎回ロードが挟まりますし、所持アイテムが増えるとロード時間も比例して長くなります。
    どう言うプログラミングをしたら、こう言う作りになるんでしょうか…。
    メニューの作りも甘く、ページ送りのつもりで左右ボタンを押すとアイテムのジャンルが切り替わってしまいます。

    戦車や戦車装備の改造ですが、何段階も強化・重量変更出来る物も1段階ずつしか出来ません。
    2,3段階くらい改造するくらいなら別にいいのですが、周回プレイをすると超改造で何十回〜何百回以上の改造も可能になるので、いっぺんに指定した回数を改造出来るようにして欲しかったです。
    過去作品で出来ていたことを出来なくしている理由が分かりません。

    ゲーム終盤や周回プレイになるとHPや戦車の装甲が万〜数万単位になりますが、基本的な回復手段の回復量が1000とか2000止まりで、回復には大量のアイテムが必要になります。
    しかも、使うたびに無駄なアクションが入るためテンポがとても悪いです。
    割合回復や全快の手段もありますが、気軽に使えるスキルやアイテムでもないので結局ストレスが溜まります。

    戦車スキルや人間スキルの中に、非常にショボい物が混ざっています。
    例として、戦車の修理スキルはアイテムの下位互換のクセに移動中にしか使えず、数百ゴールドの節約程度の価値しかありません。
    戦闘中に使えたならまだ意味があったと思うのですが、フィールド移動中にしか使えないため本当にただの無駄スキルになっています。その辺のテストプレイと言うか、作り込みが本当に出来ていません。
    スキルツリーも、スキルにポイントを注ぎ込むまでスキルツリーの先の部分が非表示のため、攻略サイトを見ないと適正なスキル取得ができません。

    オート戦闘モードがありますが、オートに切り替える直前の行動をひたすら繰り返すだけで、回復アイテムやスキルは一切使ってくれません。
    最近のゲームなら、オート戦闘の際にその辺は細かく指定できるくらいの事はやって欲しいです。
    (ドラクエで言う所の、ガンガン行こうぜ的な物)
    また、オートにしていても何故か時折マニュアル操作になることがあります。
    条件は不明です。

    戦闘のテンポも悪いです。
    装備にもよりますが、連射型の大砲を連射スキルなどを使って発射すると、行動ゲージが貯まりきっているのに、もう倒した敵のところに向かって延々と射撃を繰り返したりします。

    ストーリーも殆ど存在せず、前作をプレイしていなければ最初から最後まで何が何だか分からないと思います。
    街と言うか拠点も1つしかなく、キャラも総勢で10人くらいしかいないので、その辺のボリュームの薄さが非常に目立ちます。
    エンディング後は周回プレイが可能になりますが、その辺の説明も一切ないです。
    あと、周回プレイを前提とした作りになっているのに、2周回目以降でエンディングがスキップできないのも、普通にテストしていたら不便だと気付くと思うのですが…。

    賞金首と呼ばれるボスも、結局拠点が1つしかなく人が極端に少ないため、旧来の作品と比べると戦う動機づけや背景などが全くなく、ただ単にフィールドにいる強いモンスターと化しています。
    世界を救うとか街を救うとか人を救うとか、そう言う感覚は得られません。
    賞金首の数も前作とあまり変わらず、周回プレイをしても
    薄味というかボリューム不足な印象です。
    総評
    前作「メタルマックス ゼノ」からの新生(リボーン)との事ですが、見事にリボーンし損なっています。
    発生してすぐ、ゲームの修正を行うことを公式がアナウンスしていますが、そもそもこのクオリティでリリースしていることが大きな問題です。

    ゲーム全般が大好きですし、自分の性格的には悪い所よりも良い所を見つけて褒めたい方なのですが、この作品に関しては良い所が殆ど見当たりません。
    メタルマックスはシリーズ通して全てプレイしていて大好きなのですが、前作と今作には心の底から失望しました。
    次回作は、いくら開発者側が何をアピールしても、発売日に定価では買わないと思います。
    悲しいですがもう、基本的にメタルマックスシリーズには期待しない事にします。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 1 2 1
  • メタルマックスゼノ リボーン 20
    • 投稿者:ひよっこ(男性/40代)
    • 投稿日:2020/09/14
    良い点
    ・戦闘がシームレスに移行する。
    ・射程外から一方的に攻撃できる(場合がある)。交戦場所にも依るがラスボスですら無抵抗のままKO可。
    ・改造の幅が大きく広がった。
    ・戦車のデカさが見た目で判るようになった。
    悪い点
    ・「余計な物を削ぎ落とす」というコンセプトが余計なものの最たるもの。
    削ぎ落としすぎて中身がスカスカ、没入感皆無。初代FFでもコレよりは大分マシだろう。

    ・一部大砲・特性を入手するとそれ以外はゴミ化する。ラッシュすら不要。

    ・リメインズの数が少ない上に、zenoにはあった全体MAPが消えている。ワープはあるのに、オートマッピングもMAPもないという違和感が最後まで消えなかった。

    総評
    グラは綺麗だけど中身はスカスカ。今時にありがちなパターンでがっかり感が半端無い。次回以降もこれなら購入は考慮の必要があるだろうか。
    Limited版を買ってしまって非常に後悔した。

    これをやるなら、zenoやってたほうがまだ面白い。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月24日〜10月25日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月