オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/13 02:55

イベント

[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 幕張メッセで2019年9月12日に開幕した東京ゲームショウ2019にて,アクティブゲーミングメディアが運営するインディーズゲームプラットフォーム「PLAYISM」がブース出展を行っている。同ブースでは,先日行われた新作発表会(関連記事)で取り上げられたものを含め,多数のゲームが展示されていた。本稿では,そのタイトルの中から3本を紹介しよう。

画像(001)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示


時間停止や斬撃,さまざまなスキルを駆使してカッコよく戦うFPS「Bright Memory」


画像(002)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 「Bright Memory」は,中国のFYQD-Studioが1人で開発しているPC向けのFPSだ。現在,Steamでアーリーアクセスが実施されている(関連リンク)。

 物語は,2020年。自然科学研究機関・SROが,死んだ生物を再生できる遺物を発見したことから始まる。主人公のシアは,遺物を奪取しようと目論む正体不明の軍事勢力との戦いの最中,転送装置を作動させてしまい,古代の生物がはびこる北極圏の浮遊大陸に放り込まれてしまう。

画像(003)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 シアは,基本的な攻撃手段として銃を使った射撃のほかに,光刃と呼ばれる刀を駆使した近接攻撃,電磁パルスを使って敵を宙に浮き上がらせる攻撃などを持っており,これらを組み合わせることでバリエーション豊かな攻めを展開できる。
 とくに電磁パルスで吹き飛ばされた敵は,ゆっくりとスローモーションで落ちてくるので,これを中心に連係を組み立てると非常に気持ち良い。本作の敵はかなり強めで油断しているとあっという間にやられてしまうのだが,慣れてくると「いかにカッコよく戦うか」というのを頭の中で考えながらバシバシと敵を倒していける。

画像(004)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

近接攻撃は補助的に使うのかと思いきやかなり強い。電磁パルスで吹き飛ばす→落ちてくる敵に銃撃を叩き込みつつ,敵の高度が下がってきたら苛烈な斬撃をお見舞いといった具合に,スピーディで爽快なアクションが楽しめる
画像(005)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
画像(006)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 メニューからはポイントを使ってアクティブスキルやパッシブスキルを取得でき,電撃を纏って敵を攻撃する「光刃斬」や,量子フィールドを展開し一時的に敵の動きを止める「時間停止」などが用意されている。これらを活用すると,攻めのバリエーションがさらに増えそうだ。

メニューから取得できるさまざまなスキル。それぞれにクールタイムが設けられている
画像(007)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

浮遊大陸には古代文明の遺産と思しき遺構が残っており,それを動かして謎を解くパズル要素も
画像(008)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 「たった1人で作った」というキャッチーなフレーズに引っ張られてしまいがちだが,それを抜きにしてもしっかりと遊びごたえのあるものに仕上がっていると感じた。発売は2020年を予定しており,本作を発展させた「Bright Memory: Infinite」の開発もすでに進んでいるとのことなので,今後の動向に注目しておきたいタイトルだ


今度は“普通のシカ”になれる? シカになって街を駆け巡る「DEEEER Simulator」


画像(009)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 「DEEEER Simulator」は,NASPAPA GAMESが手掛けるシカを主人公に据えたPC向けのシミュレーションゲームだ。ブースやSteamのストアページでは“ごく普通のシカのゲーム”という触れ込みで紹介されている本作だが,以下のPVを見てもらえれば「どこが普通じゃ!」と突っ込みを入れたくなるだろう。


 「何かになりきれる」という奇抜なシミュレーションゲームは過去に「Goat Simulator」や「I am Bread」などがリリースされているが,本作も負けず劣らずインパクトがある仕上がりになっていた。
 シカの首をゴムのようにニューッと伸ばして,ビルや飛んでいる飛行機に頭をひっかけ,まるでどこかのクモ男のような華麗なワイヤーアクションで街を駆け回れたり,何の説明もないまま二足歩行で走るシカを操って街を破壊しまくったりと傍若無人に振舞える。

画像(010)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
どういう理屈かは知らないがめちゃくちゃ伸びるシカの首
画像(011)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
シカは道行くバイクやトラックなどに乗れる。そのまま建造物に突っ込んで街をぶっ壊したり,通行人をひいたりとやりたい放題である
画像(012)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
デモ版ということで移動範囲はかなり制限されていたが,首を伸ばして高層ビルなどをひたすらよじ登ることができた。写真はそこから落下している様子

 しかし,あまりにやりたい放題しているとGTAシリーズのように危険度レベルが上がっていき,恐ろしい羊の警察に追い回されることになる。羊たちに捕まると,群れに囲まれて,容赦なくボコボコにされるため,首を使ったパルクールで華麗に逃げ去ってしまおう。

 また,今回のデモ版では確認できなかったが,Steamのストアページではカバとウシが合体したロボット(?)のようなものに乗り込んでいるシカの姿なども確認できるなど,完成版では,より本作のバカっぷりが強化されることを示唆する画像も見られる。このまま我が道を突き進んで,ぜひとも誰も見たことのない“普通のシカ”を描き切ってほしいところだ。


体験版も鋭意開発中。新しいデモ版が出展されたカクテルADV「N1RV Ann-A」


 ベネズエラのインディーズゲームスタジオSukeban Gamesが開発している「N1RV Ann-A」(ニルヴァーナ,PC / PS4 / Nintendo Switch)の最新デモ版が出展されていた。

画像(013)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 2016年に配信され,高い評価を得た「VA-11 Hall-A」(ヴァルハラ)の続編となるタイトルということで大いに注目が集まっている本作。東京ゲームショウ2018では,漫画家の女性パルカとのやり取りがプレイできたが(関連記事),今回のデモ版ではオリヴィアという新しいキャラクターとの会話が楽しめた。

新キャラクターのオリヴィア。今回のデモ版は8月30日から9月2日に行われたPAX West 2019で出展されたもので,日本で遊べる機会はこれが初とのこと
画像(014)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 バーテンダーのサマンサとして訪れるお客さんに飲み物を提供しながら,さまざま話を聞いていくという部分は「VA-11 Hall-A」と変わらない。ただ,前作では素材の種類と配合比率がピッタリと合わないとカクテル作りに失敗していたが,本作はお酒をデタラメに混ぜても何かしらのカクテルができあがるようになっている。レシピ通りに作ってもいいが,いろいろと試してみるのもアリかもしれない。

素材となるお酒にはステータスが割り振られている。提供するカクテルによって会話が分岐していくので,甘いものが欲しい,強いお酒が欲しいなど,お客さんの要望に応えるもよし,別の飲み物を提供してあげるもよしだ
画像(015)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 また,客のオーダーのままにカクテルを提供するのではなく,会話の節々から客の気持ちを汲み取り「口ではそう言ってるけど,ホントはこういうのが飲みたいんでしょ?」といった具合にちょっと変わった飲み物を提供してあげると,意外な反応が返ってきて,会話が思わぬ方向に進展していくことがあるかもしれない。

昨年出展していたデモ版は,一時的にPLAYISM内製でローカライズをしたものだったそうだが,今回の最新版は「VA-11 Hall-A」でもローカライズを担当した武藤陽生氏が手掛けたテキストが使われている(関連記事)。そのほかにも細やかな部分に手が入れられており,より完成版に近づいているものになっているそうだ
画像(016)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 ブースで応対してくれた開発者のフェルナンド・ダーマス氏によると,イベントでの出展だけでなく,パルカとオリヴィアとの会話が楽しめる体験版を現在制作中とのこと。配信時期や対応言語については未定だが,これまではイベントでしか試遊できなかった「N1RV Ann-A」を,家庭でも体験できる日が近いうちに来そうだ。

ブースで応対してくれたSukeban Gamesのフェルナンド・ダーマス氏
画像(017)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

 以上3タイトルを紹介してきたが,このほかにもPLAYISMブースにはさまざまなタイトルが出展されている。現地に行く予定の人は,先日行われた発表会の記事も併せて確認しつつ参考にしてほしい。

画像(018)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
壁によって2つに分断された,とある国を舞台にした2Dアクションゲーム「Ministry of Broadcast」
画像(019)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
OMOCATが手がける期待の新作RPG「OMORI」は映像のみの出展。PLAYISMの担当者曰く「いろいろな意味でかなり『心にくる』ゲーム」だそうで,「精神的に弱っている人はプレイしないで」という注意書きを入れようか悩んでいるくらい陰鬱な雰囲気だという

BitSummitで出展されていた「Necrobarista」(PC),「OUTRIDER MAKO〜露払いマコの見習い帖〜」(PC),「オレンジブラッド」も新しいデモ版が展示されていた
画像(022)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
画像(020)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示
画像(021)[TGS 2019]PLAYISMのブース出展タイトルを紹介。時間停止やスキルを駆使してカッコよく戦うFPSや「N1RV Ann-A」の最新デモが展示

4Gamerの東京ゲームショウ2019特設サイト

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    Bright Memory

  • 関連タイトル:

    ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日
タイトル評価ランキング
88
78
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
2019年11月〜2020年05月