オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Fallout 76公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Bethesdaがアナウンスした「Fallout 76」。主人公が旅立つことになる「Vault 76」を考察した
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/31 13:05

ニュース

Bethesdaがアナウンスした「Fallout 76」。主人公が旅立つことになる「Vault 76」を考察した

 Bethesda Softworksが人気シリーズの最新作となる「Fallout 76」を発表し,ティザートレイラーを,公開した。名曲「カントリーロード」に乗せた短い映像からは,主人公らしき人物が「Vault 76」の出身であること,そしてゲームの開始日が「2102年10月27日」になりそうなことぐらいしか分からないが,過去に発表されている情報などから,「Fallout 76」の背景について想像をたくましくしてみたい。

「Fallout 76」公式サイト


 新作を考えるうえでカギとなるのは,「Vault 76」だろう。ご存じのように,Vaultとは迫り来る核戦争に備えてVault-Tecが作ったシェルターのことで,「Fallout 4」ではアメリカ建国300周年(つまり2076年)を記念して,「Vault 76」が一足早く公開されたことがニュースとして報じられた。
 公開対象になったのは,所在地が首都であるワシントンDCに近かったからで,そのために,「Almost Heaven,West Virginia」(本当に天国のようだ。ウェストバージニアよ)という歌詞を持つ「カントリーロード」がティザートレイラーのバックに流れた可能性がある。ウェストバージニア州は,ワシントンDCのすぐ西に位置しているのだ。

「Fallout 76」の舞台となる「Vault 76」については,シリーズ従来作にいくつかの言及がある。「Fallout 3」のDLC第5弾「Mothership Zeta」に残されていた,Vault-Tecの元CEOのログによると,彼がエイリアンに誘拐されたのも「Vault 76」の近くだった
Fallout 76

 「Fallout 3」では,この「Vault 76」についてさらに詳しく紹介されており,首都付近にあったのは間違いない。Brotherhood of Steel(ブラザーフッド・オブ・スティール)の基地だったシタデルには,核シェルターの開発会社であるVault-Tecが所持していたというコンピュータ端末が存在し,そこで閲覧できる「DC地区Vault一覧」という項目に「Vault 76」の情報が記載されていた。それによると,このシェルターには「500人が収容でき,240か月にわたって存続できる」という。

Fallout 76

 気になるのが,その記載の「特殊備品」が「なし」とされていたことだ。Vault-Tecは,作り上げた122のVaultのほとんどで,細菌をばらまくとか,男性を1人だけにするとか,あるいは収容者にバーチャル・リアリティデバイスを与えて生活させるなど,さまざまな非人道的実験を行っており,それがゲームの設定やストーリーに関わってきた。
 端末の情報には「目的概要」という項目もあり,そこには「居住者の期待に完全に沿う形で運営される」17のVaultのうちの1つであることが書かれていた。したがってVault 76の居住者には,ほかのシェルターのような生活に対する不満,精神や身体への異常などは見られなかったはずだ。
 同時に「Vault 76」は,核戦争からわずか20年後,ほかのシェルターとの比較のため強制的に扉が開く予定になっていたことも書かれており,それが実験であると見ることもできる。

Fallout 76

 そこで,Falloutシリーズとしては早すぎる時間軸「2102年」が大きな意味を持ってくる。1998年にリリースされた「Fallout」は,2161年,「Fallout 3」や「Fallout 4」では,さらにその約100年後,つまり核戦争から約200年が経過した世界が舞台だ。「Fallout 3」では,ワシントンDC一帯の広大な領域は「キャピタル・ウェイストランド」と呼ばれる不毛の地に変貌している。2102年は,人間が外へ出るには早すぎるのだ。

Fallout 76

 公開されたトレイラーからは,戦争前に「Vault 76から我々の未来が始まる」と宣伝されていたことが分かるが,「Fallout 3」と「Fallout 4」に登場する人々の記憶に残らないほど,「Fallout 76」の試みが失敗してしまったことを我々は知っている。トレイラーにあるパーティ終了後という風情からは,シェルターの扉が開き,人々が「Reclamation Day」(再生の日)を祝っていたことが窺えるが,パーティ途中で何かが起こり,居住者が消えてしまったような雰囲気も漂っている。

 そもそも,なぜ予定されていた20年後(2097年)ではなく,Vaultとしての機能を失っているはずの25年後(2102年)なのかも不思議だ。主人公が生活していたと思われる部屋にはぬいぐるみなど子供のおもちゃも置かれており,主人公は「地上を知らないままVaultで育った第1世代」だろう。そんな人々が,核戦争からわずか20数年後に地上に出て,どんな未来を築き上げることができるというのだろうか。

公開されたトレイラーには,ギターとハーモニカが置かれた2つのパイプ椅子やダイニングテーブルなど,「2人の生活」を匂わせるものが多い。トロフィーが並べられた棚なども意味深だが,シングルプレイ専用RPGというジャンルを守ってほしいという声も多いが,MMORPGやCo-op,バトルロイヤル,果ては文明構築シムまで,ファンの間ではさまざまな憶測が流れている
Fallout 76

 Bethesda Softworksのゲーム開発部門であるBethesda Game Studiosはこれまで,「The Elder Scrolls」シリーズと「Fallout」シリーズを交互にリリースしてきた。2015年に「Fallout 4」をリリースしているので,前例に従えば彼らは「The Elder Scrolls」シリーズの新作を手がけているはずだ。そのため,Falloutの新プロジェクトについては,第1弾の「Fallout」を開発したスタッフが在籍し,「Fallout: New Vegas」を開発したObsidian Entertainmentが絡んでいるという予想も根強くあったが,ObsidianはTwitterで一応,それを否定している

 また,2017年の夏には,Bethesda Softworksのモントリオールスタジオが,未発表の大作を制作するための人材募集を行っていたこともある。タイミング的に,そのプロジェクトが公開されるのは少し早すぎるが,このあたりにも「なぜ正規のナンバリングタイトル,つまりFallout 5ではないのか?」という疑問に対するヒントが隠されているのかもしれない。

手の皺や衣服の素材感,細かいアイテムのデザインなどから,Bethesda Softworksの誇る「Creation Engine」の性能が分かる。Pip-Boyは,旧式の「2000」であるらしい
Fallout 76

 果たして,「Fallout 76」は,どんな作品になるのだろうか。およそ10日後の6月10日18:30(日本時間6月11日10:30)に開催される予定の「Bethesda E3 2018 Showcase」に期待したい。
  • 関連タイトル:

    Fallout 76

  • 関連タイトル:

    Fallout 76

  • 関連タイトル:

    Fallout 76

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日