オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]ASRockはAMDの未発表チップセット「B450」搭載マザーボードを披露。Vega 56搭載のグラフィックスカードは7月発売に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/08 16:24

イベント

[COMPUTEX]ASRockはAMDの未発表チップセット「B450」搭載マザーボードを披露。Vega 56搭載のグラフィックスカードは7月発売に

ASRockブース
Phantom Gaming
 マザーボードベンダーのASRockは,COMPUTEX TAIPEI 2018の主会場である南港展覧館(Taipei Nangang Exhibition Center)に設けた同社ブースで,マザーボードやグラフィックスカードの新製品多数を展示している。とくに今回は,AMDプラットフォームの製品を集中投入してきたのが特徴だ。ゲーマー向けではない製品もあるのだが,まとめて紹介したい。

 展示されていたマザーボードは,現行のSocket AM4向けミドルクラス市場向けチップセットである「B350」の後継となる未発表チップセット「B450」を採用する製品群で,いずれも第1世代および第2世代のRyzenに対応する。ラインナップは表1にまとめたとおりだが,いずれも発売日や価格は未定とのことだった。

表1 ASRockのAMD B450搭載マザーボードのラインナップ
製品名 フォームファクタ メーカー想定売価
B450 GAMING K4 ATX 未定
B450 PRO4 ATX 未定
B450M PRO4 microATX 未定
B450M-HDV microATX 未定
B450 GAMING-ITX/ac Mini-ITX 未定

 B450 GAMING K4は,Falal1tyの名が基板上に描かれたゲーマー向けのATXマザーボードである。拡張スロットは,PCI Express(以下,PCIe) 3.0 x16を2基と,PCIe 2.0 x1を4基装備。M.2スロットは2基で,うち1基はPCIe x4接続とSerial ATA 6Gbps両対応の「Ultra M.2」となっている

B450 GAMING K4
Phantom Gaming

 一般向けに位置付けられるB450搭載のATXマザーボードがB450 PRO4だ。拡張スロット周りの仕様は,B450 GAMING K4と同じであるようで,ゲーム用という位置付けにこだわらないなら,こちらを選択するのもありではないだろうか。

B450 PRO4
Phantom Gaming

B450M PRO4(左):一般向けのmicroATXマザーボード。拡張スロットはPCIe 3.0 x16×1とPCIe 2.0 x16×1,PCIe 2.0 x1×1,M.2スロット×2となっている。ビデオ出力インタフェースとして,HDMI,DVI-D,アナログRGB(D-sub 15ピン)の3系統を備えるとのこと
B450M-HDV(右):microATXマザーボードのエントリー市場向けモデル。PCIe x16スロットとM.2スロットがそれぞれ1基に減っている
Phantom Gaming Phantom Gaming

 B450 GAMING-ITX/acは,Falal1tyブランドのゲーマー向けMini-ITXマザーボードだ。写真では見えないが,Ultra M.2スロットを1基,裏面側に備えている。

B450 GAMING-ITX/ac
Phantom Gaming


Phantom GamingにVega 56搭載カードが登場


 ASRockは2018年4月からRadeon搭載のグラフィックスカード「Phantom Gaming」(ファントムゲーミング)を展開しているが(関連記事),同社ブースではPhantom Gamingの新製品として,「Radeon RX Vega 56」を搭載する「Phantom Gaming X Radeon RX Vega 56 8G」を披露していた。

Phantom Gaming X Radeon RX Vega 56 8G。見た目はリファレンスカードと変わらないように見える
Phantom Gaming

 ベースクロックは1156MHz,ブーストクロックは1471MHzと定格動作のままのようだ。グラフィックスメモリは容量8GBのHBM2だ。ビデオ出力インタフェースは,DiplayPort×3とHDMI×1を装備。価格は未定だが,2018年7月発売の予定とのことだった。

 さらに,日本では販売されていなかったラインナップとして,

  • Phantom Gaming X Radeon RX570 4G OC
  • Phantom Gaming D Radeon RX570 4G
  • Phantom Gaming Radeon RX560 4G

の3製品が,2018年7月に国内発売の予定であるという。いずれも価格は未定だが,価格対性能比に優れた,ユーザーが満足できる価格になるとのことだった。

Phantom Gaming X Radeon RX570 4G OC(写真上)とPhantom Gaming D Radeon RX570 4G(写真下)。メモリ容量を8GBから4GBに減らした下位モデルという位置付けのようだ
Phantom Gaming

Phantom Gaming Radeon RX560 4G。既存製品である「Phantom Gaming Radeon RX560 2G」のグラフィックスメモリ容量を増やした上位モデルといったところか
Phantom Gaming

ASRockのPhantom Gaming特設Webページ(英語)


COMPUTEX TAIPEI 2018取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Phantom Gaming

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月