※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ストリートファイターV アーケードエディション公式サイトへ
  • カプコン
  • カプコン
  • 発売日:2018/01/17
  • 価格:4620円(+税)
    ※ダウンロード版のみ
    デラックス:7398円(+税)
読者の評価
40
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
関根 勤さんや,みやぞんさんが参加する「浅井企画ゲーム部」発足会見をレポート。サードウェーブとWalkerGamingがサポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/12 21:27

イベント

関根 勤さんや,みやぞんさんが参加する「浅井企画ゲーム部」発足会見をレポート。サードウェーブとWalkerGamingがサポート

 芸能事務所の浅井企画は本日(2018年7月12日),「浅井企画ゲーム部」の発足会見を,LFS池袋にて開催した。
 ここでは浅井企画ゲーム部の活動の内容が紹介されたほか,所属タレントによるゲームのデモンストレーションなどが行われた。本稿ではその模様をお届けする。

ストリートファイターV アーケードエディション

 会見には浅井企画常務取締役の浅井良一氏と,サードウェーブ常務取締役の榎本一郎氏が登壇。浅井氏は「昨今のeスポーツを日本に広げていこう」という目的のもと,今回の企画を提案。それに対し榎本氏は,「おめでとうございます,というよりは,ありがとうございますという気持ちが強い」と感謝の言葉を述べ,ともにeスポーツの文化を広めるために,浅井企画ゲーム部をサポートすることを宣言した。

浅井企画常務取締役の浅井良一氏(左)と,サードウェーブ常務取締役の榎本一郎氏(右)
ストリートファイターV アーケードエディション

 浅井企画ゲーム部の発足は,タレントがゲームを楽しむ様子を積極的に発信することで,そこからeスポーツを観戦を見る環境を育てていくことを目的としている。ステージには浅井企画ゲーム部に参加するタレント陣がステージに登場した。参加部員は以下の通り(敬称略)。

  • 関根 勤(浅井企画ゲーム部名誉会長)
  • 瀧上伸一郎(流れ星・浅井企画ゲーム部部長)
  • ちゅうえい(流れ星),みやぞん(ANZEN漫才),あらぽん(ANZEN漫才・浅井企画ゲーム部副部長),しゅくはじめ,森田 悟(スパローズ),大和一孝(スパローズ),阿見201,上仲誠彦(横浜ヨコハマ),もりせいじゅ,ちばけん(マジメニマフィン),石本ショーキ(ペッパーボーイズ),関口真貴(アモーン),スーミーマン(がじゅまる),松下秀司(百楽門),畑,橋本真帆,奥村茉実

ストリートファイターV アーケードエディション

 浅井企画ゲーム部の発足にあたり,YouTubeチャンネル「channel ASAIKIKAKU」にて,毎週月曜日にオリジナル番組「浅井企画ゲーム部Report」を配信する。部員によるゲームプレイや大会への参加,未経験者による上達企画,最新ゲームのチャレンジなどを行う予定で,初回となる2018年7月16日の配信では,部員による企画会議が行われるとのことだ。
 また部長の瀧上伸一郎さんをはじめとする一部の部員は,eスポーツ種目のタイトルにも通じていて,関連大会への出場やMC,解説者などの業務派遣などを行っていく。さらにはプロゲーマーの育成やマネジメント,大会の運営なども行う予定となっている。

YouTubeチャンネル「channel ASAIKIKAKU」


みやぞんさん(右)は,まだ一度も経験したことがない,パソコン制作の企画にかり出されることを聞かされ,驚きの声を上げた
ストリートファイターV アーケードエディション

 浅井企画ゲーム部の活動タイトルで現在決定しているのは「ストリートファイターV アーケードエディション」「ウイニングイレブン2019」「ぷよぷよ」「鉄拳7」「ロケットリーグ」の5タイトル(これに加えて「New みんなのGOLF」も検討中)。

ストリートファイターV アーケードエディション

 会場では瀧上さんとあらぽんさんによる「ストリートファイターV アーケードエディション」,上仲誠彦さん阿見201さん奥村茉実さんによる「ぷよぷよ」のエキシビションマッチも行われた。部長の瀧上さんはかつてエドモンド本田使いで,本田使いの全国ランキングで11位になった腕前の持ち主とのこと。ストリートファイターVになってからは使用キャラをバーディに変更しており,エキシビションではあらぽんさんのケンをストレートで破った。

あらぽんさんのケンに押される場面もあったが,結果は瀧上さん(写真2枚目プレイヤー席右)のバーディが勝利
ストリートファイターV アーケードエディション ストリートファイターV アーケードエディション

 また上仲さんは,過去に全国大会に出場した経験もあるぷよぷよプレイヤーで,8月に開催される「ぷよぷよカップ」に出場し,芸能人第1号となるプロライセンス取得を目指している。エキシビションでは,緊張からか最高9連鎖止まりで仲間からさんざんヤジられ連鎖を組むことにこだわった結果,ほぼ初心者の奥村さんに1本取られてしまう始末。それでも阿見201さんと奥村さんを続けて破り,何とかメンツを保った。

仲間に煽られて,連鎖にこだわるあまり,奥村(写真2枚目左)さんに一本取られる上仲さん(写真2枚目右)
ストリートファイターV アーケードエディション ストリートファイターV アーケードエディション

 今回の浅井企画ゲーム部発足にあたり,サードウェーブはPCの提供や,活動場所としてLFS池袋を提供するなどのサポートを提示。またプロゲーマーチーム「WalkerGaming」との業務協力により,技術指導やメディア対応などを互いにサポートすることも発表され,これからの幅広いeスポーツの活性化活動を約束した。
  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン 2019

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ 日本語版

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ コレクターズ・エディション

  • 関連タイトル:

    Rocket League

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ コレクターズ・エディション

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月