オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
龍が如く ONLINE公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2018/11/21
  • 価格:基本プレイ無料(アイテム課金あり)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/29 22:11

イベント

「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 セガは本日(2019年8月29日),同社が展開するスマートフォン向けアプリ「龍が如く ONLINE」iOS / Android / PC:以下,龍オン)のリアルイベント「龍が如く ONLINEファンミーティング」を都内で実施した。

画像(001)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 こちらのイベントは,シリーズ最新作「龍が如く7 光と闇の行方」の正式発表が行われたイベント「PlayStation 4『龍が如く最新作』記者発表会」の終了後に同じ場所で行われたものだ。参加は応募制で,参加者30名の中の15名は「龍オン」のプレイヤーから集められている。

関連記事

「龍が如く7 光と闇の行方」が正式発表,2020年1月16日発売へ。横浜を舞台に新主人公・春日一番の物語が展開。あのコマンド式RPG風バトルを採用

「龍が如く7 光と闇の行方」が正式発表,2020年1月16日発売へ。横浜を舞台に新主人公・春日一番の物語が展開。あのコマンド式RPG風バトルを採用

 セガゲームスは本日,秋葉原UDXで開催した「『龍が如く最新作』最新情報 記者発表会」にて,PS4用ソフト「龍が如く7 光と闇の行方」を2020年1月16日に発売すると発表した。本作は,新主人公・春日一番の物語を描き,戦闘システムにコマンド式RPG風バトルを採用した,シリーズの新機軸となるタイトルだ。

[2019/08/29 13:10]

 会場には「龍が如くスタジオ」ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔氏や,「REBORN PROJECT」の推進担当のドラゴンマスク1号氏に加え,ゲストとして『龍が如く』シリーズチーフプロデューサーの横山昌義氏が登場。本作の制作秘話や,今後のアップデート情報について語られた。

「龍が如く ONLINE」公式サイト


 会場には飲食物が用意され,来場者は食事と会話を楽しんでいる姿も見られた。各テーブルではそれぞれの使用しているキャラクターや,連合の状況といった情報交換が行われ,ときには新たなメンバーが生まれた連合もあるようだ。

 スクリーン前で語る開発者たちとの距離も非常に近く,実際に来場者と直接言葉を交わすシーンもしばしば。終始アットホームな雰囲気での進行となった。こうしたイベントの構造からは,REBORN PROJECT以降における本作の開発陣とプレイヤーの距離の近さを感じさせる。

飲食物は誰でも自由に取れるように並べられており,イベントの開始前には来場者同士が食事をしながら談笑していた
画像(002)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(003)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 最初に行われたのは,登壇者によるトークステージだ。テーマとなったのは「『龍オン』開発からREBORNまで」というもの。ここで言う“REBORN PROJECT”とは,以前に本作の公式生放送内で発表されたもので,ゲーム内で実施したアンケートをもとに本作のゲーム内容の調整を行う各種の施策を指す言葉だ。REBORN PROJECTの詳細については,以下の関連記事を参照していただきたい。

関連記事

重大発表は「龍が如く ONLINE REBORN PROJECT」の立ち上げ。春日一番のストーリー第一部完結も明らかにされた公式生放送をレポート

重大発表は「龍が如く ONLINE REBORN PROJECT」の立ち上げ。春日一番のストーリー第一部完結も明らかにされた公式生放送をレポート

 セガゲームスは本日(2019年7月19日),同社が運営する「龍が如く ONLINE」の公式生放送を実施した。番組では,本作の改善を図る「龍が如く ONLINE REBORN PROJECT」が立ち上げられることや,主人公・春日一番のストーリー第一部完結と,新主人公を起用した第二部の始動など,今後の展開に関する情報が一挙に明らかとなった。

[2019/07/19 22:32]
関連記事

“REBORN PROJECT”が始まった「龍が如く ONLINE」,佐藤後見人&ドラゴンマスク1号へのインタビューを掲載。「龍が如く」らしさとは?

“REBORN PROJECT”が始まった「龍が如く ONLINE」,佐藤後見人&ドラゴンマスク1号へのインタビューを掲載。「龍が如く」らしさとは?

 セガゲームスは2019年7月19日,同社が運営している「龍が如く ONLINE」の公式生放送にて,既存プレイヤーやシリーズファンの声に応えるための「REBORN PROJECT」を発表した。本稿では,本作の後見人である佐藤大輔氏と,同プロジェクトの責任者であるドラゴンマスク1号氏に行ったインタビューの様子をお届けする。

[2019/08/16 12:00]

 それによると,ドラゴンマスク1号氏が龍オンの開発に入ったのは6月のことで,REBORN PROJECTは同氏の意見を受けて始まったものだという。REBORN PROJECTが発表されたのが7月ということを考えれば,非常に手早い対応だと言えるだろう。

「REBORN PROJECT」推進担当のドラゴンマスク1号
画像(004)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 改修が行われるまでの経緯として,まずは本作の成り立ちから語られることになった。横山氏によると,ソーシャルゲームというスタイルで「龍が如く」シリーズを制作するにあたって,すでにソーシャルゲームで成功を収めているチームと龍が如くスタジオのチームから半分ずつメンバーを供出する形で制作体制を構築したのだという。

「龍が如くスタジオ」ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔氏
画像(005)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

先に行われた記者発表会に登壇した『龍が如く』シリーズチーフプロデューサーの横山昌義氏
画像(006)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 この結果として“ソーシャルゲームとしての考え方”と“龍が如くとしての考え方”が混線したのが,混乱の原因だったと語られた。REBORN PROJECT以降は方針を明確に“龍が如くファン向け”にシフトしていくとのことだ。

 同時に,ドラゴンマスク1号氏は「現状では何も変わってないということは認識している」とコメント。スケジュール上の問題ですでに決まっている内容は調整が利かず,改善を即座に反映するのが難しいというのが実情のようだ。今後は少しずつプレイヤーの意見が反映されていくとのことなので,ぜひ期待しておこう。

REBORN PROJECT関連のトーク後には,龍オンのキャラクターに関する設定資料も公開され,ビジュアルのデザインに関する裏話も語られた
画像(007)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(008)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

「瀬戸真弓」については,実用的で動きやすいファッションと,可愛らしさのバランスを求めるデザインに苦労したようだ
画像(009)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(010)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(011)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

極道組織とは異なる切り口から登場するキャラクターとしてデザインされた「辻隼人」。謎めいた印象を意識してデザインされたとのこと
画像(012)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(013)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

「北村義一」は服装でなく顔に特徴を集約したキャラクターで,デザイナーとしてはシンプルすぎて不安な部分もあったようだ。しかし,横山氏は逆に「それこそが龍が如くらしさなのではないか」と評していた
画像(014)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(015)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 こうしたトーク後には,佐藤氏が事前にプレイヤーから募集していた質問に答える「スペシャルFAQ」のコーナーも行われた。こちらでは,受け付けた質問を5つのテーマに分けて箱に入れ,そこから質問を引く形で回答が行われることに。

 本当に“ガチ”で質問をランダムに引いているようで,答えにくい直球の質問にも真摯に真正面から答えていた。最後の1問に関しては来場者から直接質問を受け付け,プレイヤーとの距離の近さをアピールした。

龍オンの作中でのIF展開に関しては,横山氏が“ない”と断言。あくまで龍オンは正史だと捉え「そこで過去の展開を否定するのはファンを裏切ることになってしまう」と語った
画像(016)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

バグの頻出に関しても正面から回答しており,ドンパチの際に動作が重くなる問題についても現在調査を進めているそうだ
画像(017)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

画像(018)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

FAQの後には「佐藤後見人・横山Pの近況報告コーナー」が実施。各人の端末を用意して,当日に行われていたレジェンドフェスに挑戦することになった。その内容は「[プリンセスの覚醒]澤村 遥」が登場するまでガチャを引き続けるという過酷なもの。事前に課金マネーが用意されているような生易しい企画ではなく,現場ではスタッフに現金を渡して追加課金をする場面も
画像(019)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング 画像(020)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(021)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング 画像(022)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング


「1日1回10連ガチャ無料」

9月30日まで延長決定


 これらのトークが落ち着いたところで,最後には龍オンに関する最新情報の発表が行われることに。まずは,今後行われるイベントのストーリー映像がスクリーンで上映された。それによると,次回のイベントでは「龍が如く4」のキャラクターたちが活躍する内容になるという。

画像(023)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 さらに,ストーリー第2部からは新主人公が登場することが予告されていたが,会場ではその“ヒント”として1台のバイクの写真が公開された。この詳細については東京ゲームショウ 2019で発表を予定しているとのことなので,今後の情報発表に要注目だ。

画像(024)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(025)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 続いては,現在展開されている「REBORN PROJECTキャンペーン」の第3弾についての情報だ。こちらでは,実施中のキャンペーン「1日1回10連ガチャ無料」が9月30日まで延長されることが明らかにされたほか,「SSR確定ガチャ券」の配布や,1度しか達成できない累計課題「プレイヤーレベル到達」のリセット&グレードアップと,新規の課題「累計ログインボーナス」の追加が行われることが発表された。

画像(026)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング
画像(027)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 また,現在ゲーム内では本イベントの開催を記念した「お祝いキャンペーン」として,全プレイヤーにゲーム内アイテムが配布されている。誰でもすぐに獲得できるので,本作のプレイヤーは忘れずに受け取っておこう。

画像(028)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

 イベントレポートは以上となる。REBORN PROJECTが発表されてから大きく動き始めた龍オンだが,今後は大きな調整や改修が行われる予定だ。その内容は随時発表されるとのことなので,公式Twitterや公式生放送を定期的にチェックしておこう。

画像(029)「龍オン」はREBORN PROJECTで“龍が如くファン向け”の作品へと生まれ変わる。「龍が如く ONLINE」ファンミーティング

「龍が如く ONLINE」公式サイト

「龍が如く ONLINE」公式Twitter

  • 関連タイトル:

    龍が如く ONLINE

  • 関連タイトル:

    龍が如く ONLINE

  • 関連タイトル:

    龍が如く ONLINE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月