オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アスキーアートな3D世界でダンジョンに潜入するローグライクアクション「Brut@l」が発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/07 21:58

イベント

アスキーアートな3D世界でダンジョンに潜入するローグライクアクション「Brut@l」が発表

 サンフランシスコで開催されたPlayStation Experience 2015にて,スコットランドで設立されたStormcloud Gamesが新作アクション「Brut@l」を発表した。PlayStation 4向けに2016年初頭のリリースが予定されており,会場ではプレイアブルデモが出展されていた。

Brut@l

「Brut@l」公式サイト


 まだPCゲームに「グラフィックス」というコンセプトが導入されていなかった時代に,文字や記号を組み合わせる「アスキーアート」と呼ばれる技法を駆使して,壁や通路,キャラクターまでも表現していたダンジョン探索RPG「Rogue」。その名作をオマージュしているタイトルが「Brut@l」である。
 ちなみに「Rogue」はカリフォルニアの学生によって1980年に開発されたのだが,その後もさまざまなバリエーションが生み出されている。「1回死ぬとゲームの開始地点に戻る」とか「ダンジョンを潜り続ける」といったゲームには,今でも「ローグライク」という言葉で形容されるほどだ。

Brut@l

 PS4向けの「Brut@l」は,もちろん最新技術によって開発が進められている3Dグラフィックスのゲームだが,背景はほぼ真っ黒。そこにドットや記号でフィールドが表現され,さらにキャラクターやオブジェクトが白やネオン色の文字と記号で象形化されている。「ここまでアスキーアートに敬意を払っています」という主張が伝わってきそうなアートデザインは極めてユニークだ。

Brut@l
Brut@l

 ゲームシステムも「ローグライク」と呼ぶのがピッタリで,プレイヤーはレンジャー/ウォーリアー/メイジ/アマゾンの4種類のキャラクターの中から選んで,26階層のダンジョンに潜入する。その最下層に巣食うダンジョンの主から,王冠を奪い取るのが目的だ。
 もちろん道中に立ちはだかるオークやトロールといったモンスターは,下層に潜るほど強力になっていくので,まさしく残忍な(Brutal)戦いがプレイヤーを待っている。

Brut@l

 ダンジョンのマップ構成は,ゲームをプレイするたびに自動生成され,モンスターや宝箱,エンチャントの位置なども一定ではない。宝箱からは,よく分からないポーションが手に入ることもあれば,アルファベット文字が出てくることもある。このアルファベットをいくつか組み合わせることによって,武器を製作できるようになるというのも面白いアイデアだ。なお,26階層にそれぞれ1つずつアルファベットが散らばっているのではなく,1つの階層で3つ見つけられることもあるとのこと。もちろん,すべてのアルファベットを集めなくても,ダンジョンの主と対峙することはできるという。

Brut@l Brut@l

 「Brut@l」はローカルで最大4人の協力プレイをサポートしており,スプリットスクリーン(分割画面)ではなく1つの画面でプレイ可能。さらにマップエディタ機能の搭載も予定しているとのことで,長く遊べるゲームになりそうだ。


「Brut@l」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Brut@l

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日