オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GGXrdR攻略]そろそろ始めるキャラ対策。第3弾は,機動力に優れるディズィーをクラッシュ。フレーム表も合わせて公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/01 18:14

攻略

[GGXrdR攻略]そろそろ始めるキャラ対策。第3弾は,機動力に優れるディズィーをクラッシュ。フレーム表も合わせて公開

 アークシステムワークスの対戦格闘ゲーム「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」PS4 / PS3 / AC)の攻略情報をお届けする。今回は新キャラ対策として,アップデートで復活を果たしたディズィーをピックアップ。遠距離戦や起き攻めに苦戦している人は参考にしてほしい。また,合わせてディズィーのフレームデータも公開しているので,こちらもチェックしてみよう。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」公式攻略サイト

キャラクター攻略「ディズィー」



強力な飛び道具にリスクを背負わせるーーディズィー対策


■逃げるディズィーを捕まえろ


 ディズィーは一度のジャンプ中に空中ダッシュを2回まで出せるため,機動力が高いのが特徴だ。距離を離されてしまうと「よく話し相手になってくれました」(以下,話し相手)や「木の実をとる時に使ってたんです」(以下,木の実)といった,強力な遠距離攻撃を出されてしまうので,不利な状況になりがちだ。
 ただし,これらディズィーの遠距離技はどれもスキが大きめなので,発動を確認してからでも,リーチの長い技で邪魔することができる。そのためには,ディズィーに技が届く距離を維持しておくことが重要になる。的確に技を差し込み,「話し相手」や「木の実」の発動にリスクを与えていこう。

ディズィー戦の基本となる間合いは,飛び道具の発動を見てから攻撃を当てられる位置。自キャラのリーチにもよるが,基本はつかず離れずの距離をキープしたい
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-


■「話し相手」と「喧嘩相手」への対処方法


 ガードした相手を長時間拘束できる「話し相手」および「よく喧嘩相手になってくれました」(以下,喧嘩相手)は,ディズィー側にとって多用したい強力な技だ。それだけに,これらにどう対処するかは,ディズィー対策において非常に重要となる。

 対策としては,まず「話し相手」や「喧嘩相手」によって生成されたオブジェクトに攻撃を当て,早々に壊してしまうのが一つの手だ。このとき,オブジェクトの破壊に用いる攻撃は,なるべく発生が早く,かつ攻撃レベルの低い(スキの小さい)通常技がオススメだ。またジャンプキャンセルが可能な技も,その後のスキをジャンプでフォローできるため,反撃を受けづらくなる。
 別の対策として,低姿勢になる技を使い,飛び道具の下を潜ってディズィー本体を攻撃する手もある。いずれも対策に適した技を,キャラクターごとにピックアップしてみたので,ぜひ参考にしてほしい。

キャラクターごとの「話し相手」&「喧嘩相手」に有効な技
キャラクター 「話し相手」を壊す技 ディズィー本体に当てる技
ソル 立ちK[JC] ダッシュ〜立ちHS
カイ 立ちP[JC] スタンディッパー
メイ 立ちP[JC] ダッシュ〜3+K
ミリア 立ちK[JC] ダッシュ〜前転〜ディジタリス
ザトー 立ちP[JC] HSインヴァイトヘル
ポチョムキン 立ちK[JC] スライドヘッド
チップ 立ちK[JC] 低空αブレード
ファウスト 立ちK[JC] レレレの突き / しゃがみHS
アクセル 立ちP 鎌閃撃
ヴェノム 6+P[JC] HSスティンガーエイム
スレイヤー 立ちP[JC] Kマッパハンチ
イノ 立ちP[JC] ケミカル愛情
ベッドマン 立ちP[JC] 3+HS
ラムレザル 遠距離立ちS[JC] ダウロ
シン 6+P[JC] エルクハント
エルフェルト 立ちP[JC] ダッシュ〜立ちHS
レオ 6+P[JC] カルタスゲシュトゥーバー・ツヴァイト
ジョニー 6+P[JC] ミストファイナー・中段レベル3
ジャック・オー 立ちK[JC] ダッシュ〜3+HS
ジャム 立ちP[JC] 該当なし
琴(クム) 立ちP[JC] 該当なし
レイヴン 立ちK[JC] 前ダッシュ
ディズィー 立ちK[JC] ダッシュ〜足払い

「話し相手」を出されてしまったら,落ち着いてダッシュから立ちPなどの通常技を出してオブジェクトを破壊しつつ,ジャンプキャンセル(〜空中ガード)でスキをフォローする。写真のように「魚を捕る時に使ってたんです」で邪魔をされても,ガードできるケースが多い
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-


■画面端での起き攻めを凌ぐ


 ディズィーに負けるパターンで最も多いのが,画面端に追い詰められてループ性の高い起き攻めに持ち込まれてしまうというもの。「話し相手」を起点として始まる起き攻めは,無敵技などのリバーサル行動にも強く,ブリッツシールドの当身判定が届かない位置から始動するため,非常に強力だ。
 対策として挙げられるのは,起き攻めを空中食らい(〜空中受け身)するという方法。「話し相手」を重ねられたら,ソルのライオットスタンプやイノのケミカル愛情といった1F目から空中判定になる技を起き上がりに出すことで,この状態を作れる。ダメージは受けてしまうが,ディズィー側は空中食らいの相手から,再度ダウンを奪うことが難しいため,起き攻めループから脱出できるだろう。

起き攻めは写真のように空中食らいするのがオススメ。起き攻めに限らず,ディズィーは相手が空中の状態から大ダメージを奪うのが苦手なので,距離が離れたらジャンプして空中に逃げてしまうのがいい
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

 空中食らい状態を作るのに適した技を持たないキャラは,「話し相手」からの中下段択をフォルトレスディフェンスで凌ぎつつ,距離が離れたところでジャンプによる脱出を試みよう。ディズィーは,ジャンプによる逃げに対する抑止力に乏しく,空対空ではジャンプP連打で地上に引きずり下ろすことぐらいしかできない。なお,ディズィーのジャンプP連打は,直前ガードすれば空中投げで割り込める。覚えておけば,きっと役立つはずだ。

ディズィーのジャンプPは硬直が短く連打可能だが,攻撃レベルが低い(ガード硬直が短い)ため,直前ガードしてしまえば空中投げが確定する。練習あるのみだ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-


■ディズィー戦における,そのほかの有用な小ネタ


 リバーサルで出されることの多いディズィーの切り返し技「過保護で困ります」は,密着していれば暗転後に地上投げで割り込むことができる。距離が少し離れている場合でも,直前ガードを仕込んでおけば,技の硬直に発生10F以内でリーチが長めの技(カイの立ちHSなど)がカウンターヒットするため,見逃さないようにしたい。

相手が起き上がりに「過保護で困ります」を出してきても,慌てずに投げを入力しよう
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

 またディズィーにゲージがある場合,安定行動として多用される連係に,「木の実」→インペリアルレイがある。これは暗転中に「木の実」が飛んでくるため,ガードできた場合でもインペリアルレイで押し込まれて状況が悪くなりやすい。
 だが,「木の実」に対してガードが成立していた場合には,暗転中にレバーを入れ直すことで,直前ガードを上書きできる。「木の実」空中直前ガード→2段ジャンプでインペリアルレイを回避すれば,相手に無駄なゲージを使わせられる。

ディズィーにゲージを使わせつつ,削りダメージも受けないので,オススメの回避方法だ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

キャラクター攻略「ディズィー」



「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」公式攻略サイト

「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」公式サイト

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月23日〜08月24日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月