オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ARK: Survival Evolved公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ARK: Survival Evolved」の拡張パック「ARK: Scorched Earth」がリリース。より過酷な砂漠でサバイバルを繰り広げよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/02 12:45

ニュース

「ARK: Survival Evolved」の拡張パック「ARK: Scorched Earth」がリリース。より過酷な砂漠でサバイバルを繰り広げよう

 Studio Wildcardが開発中の「ARK: Survival Evolved」の拡張パック「ARK: Scorched Earth」が北米時間の2016年9月1日にリリースされた。対応機種は,PCおよびXbox One

「ARK: Survival Evolved」公式サイト


 「ARK: Scorched Earth」では,新しいエリアというより,まったく別の次元にある異世界が舞台となる。そこは,荒涼とした岩山や砂丘,渓谷,オアシスなど,7つの特徴的な自然環境を持つ灼熱の砂漠地帯で,ラクダのように高温に耐性のあるモレラトプスや,炎や毒を吐くワイヴァ―ン,地中を掘り進むデスワームといったファンタジー風のクリーチャーが多く存在している。きわめつけはボスキャラのマンティコアで,ライオンに翼がついたような姿で,砂漠の神殿に住むという。

ARK: Survival Evolved

 こうしたクリーチャーばかりでなく自然環境も過酷であり,熱中症や脱水症状などを起こすほか,砂嵐や電磁嵐などが発生してプレイヤーを脅かす。そのため,持ち運び可能なテントといったアイテムを使って過酷な環境で生き延びるためのシェルターを作ったり,洞窟や遺跡などを利用しながら,開拓していくことになるようだ。

ARK: Survival Evolved
ARK: Survival Evolved

 すでに50種以上のアイテムも用意されており,武器としては火炎放射器などが登場しており,ブーメランも使用可能になるという。そのほか,風力発電用のタービンや井戸,さらに新資源である原油を精製するための施設なども建設できるようになった。
 「ARK: Scorched Earth」と「ARK: Survival Evolved」は,「ゲートウェイ」と呼ばれる新機能によって自由に移動でき,それぞれの地域で獲得したアイテムやクリーチャーを移動させることも可能とのこと。

ARK: Survival Evolved

 この拡張パックの導入に合わせて行われたアップデート「v739」では,ファンMODの「Primitive +」が正式に導入され,より原始的な生活を求める人のために100種類以上のアイテムを詰め込んだパックが使用できるほか,新たに解像度720pのゲーム画面と1080pのユーザーインタフェースが併用できるオプションも登場した。釣りのシステムも,改良が行われているという。

ARK: Survival Evolved

 PC版「ARK: Survival Evolved」は,Steamの専用ページですでに販売が始まっており,価格は1980円。また,シアトルで開催されるゲームイベントPAX Westに合わせて,「ARK: Survival Evolved」本編が40%オフのセール価格になっている。もちろん,「ARK: Scorched Earth」のプレイには本編が必要なので,まだ未購入というゲーマーは,これを機会に2つ合わせてゲットするのも良いのではないだろうか。
  • 関連タイトル:

    ARK: Survival Evolved

  • 関連タイトル:

    ARK: Survival Evolved

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日