オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ドミネーションズ -文明創造-公式サイトへ
読者の評価
35
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】世界累計1000万DLを突破した「ドミネーションズ」がもうすぐ日本/韓国/台湾で同時ローンチ! ソワソワし始めた人のために情報をおさらい
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/08/24 12:00

広告企画

【PR】世界累計1000万DLを突破した「ドミネーションズ」がもうすぐ日本/韓国/台湾で同時ローンチ! ソワソワし始めた人のために情報をおさらい


 アジア地域での配信開始に向けて事前登録の受付が行われている,ネクソンのスマートフォン向け新作ストラテジーゲーム「ドミネーションズ -文明創造-」iOS / Android。以下,ドミネーションズ)。「Sid Meier’s Civilization II」(Civ II)や「Rise of Nations」(RoN)の開発に関わったブライアン・レイノルズ氏ティム・トレイン氏が率いるBig Huge Gamesの新作ということで,本作に期待している人は多いだろう。

開発スタッフには「Age of Empires」の制作メンバーもいるという。まさにRTSファン必見の作品である
ドミネーションズ -文明創造-

 気になる日本語版の配信は,iOS版とAndroid版共に近日中と予定されており,そろそろソワソワし始めてもいい頃である。ちなみに一部アジア地域を除く海外では,「DomiNations」というタイトルですでに配信されており,欧米を始めとした108か国におけるApp Storeの「ストラテジーゲーム」カテゴリでトップセールス10位以内にランクイン。累計ダウンロード数は1000万を達成している。そういった海外での現状からしても,間違いなしの期待作なのだ。

 そんなわけで本稿では,現時点で判明しているゲーム情報をざっとまとめておこうと思う。ドミネーションズについてあらためて確認しつつ,間近に迫る配信開始を待とうではないか,ということである。なお,本稿に掲載しているゲーム画面は,プロモーションムービーや開発画面をキャプチャしたものなので,正式版とは異なる場合がある。その点はご了承いただきたい。


「ドミネーションズ -文明創造-」公式サイト
(事前登録受付中)



“歴史”をテーマにした戦略ゲーム


 Civ IIやRoNを遊んだ経験がある人は「おっ!」と思わず言ってしまうこと請け合いだが,ゲームの見た目は完全にそれである。基本的なシステムは,「Clash of Clans」(通称クラクラ)を踏襲しているが,テーマは“歴史”となっており,人類を発展させ最強の文明を創ることがプレイヤーの目的となる。

ドミネーションズ -文明創造-

 プレイヤーは,拠点となる自分の国にさまざまな施設を建造し,民に資源を収集させたり,兵士を訓練させて屈強な軍隊に仕上げたりすることになる。軍隊は,敵(コンピュータまたは,ほかのプレイヤー)と戦って資源を強奪できるが,あなたが誰かの資源を狙っているのと同様に,ほかの誰かもあなたの資源を奪わんと狙っている。軍隊ばかりでなく,敵の侵攻を阻んでくれる防衛施設も充実させることが重要なのだ。

 さて,ここまではクラクラでおなじみのシステムだが,クラクラは魔法や架空生物が存在するファンタジーの世界観を題材としているのに対し,ドミネーションズは先述のとおり“歴史”がテーマとなっている。ゲームスタート時,自国は「黎明の時代」から始まり,民の生活は狩猟や採集が中心だ。農場や貯蔵庫を作ったり,道路を敷いたりして経済力を,それと並行して兵士や軍事施設も作りながら軍事力を高めて,黎明の時代から「石器時代」「青銅器時代」「鉄器時代」という流れで時代を進めると,自国の文明を選ぶことになる。

ドミネーションズ -文明創造-
 正式配信時点で選べる文明は,「中国」「イギリス」「フランス」「ドイツ」「ギリシャ」「日本」「韓国」「ローマ」の8種類が用意される。
 中国なら人口が増加したり,フランスなら兵士の訓練にかかる時間が短縮されたりといったように,選んだ文明によって異なる恩恵が得られるので,文明の選択は大きな悩みどころになるだろう。
 ちなみに,文明によって施設の見た目が変わるほか,生産できる兵士にも違いが出てくる。例を挙げると,「侍」は日本でしか生産できない兵士だ。こういった点はCiv IIやRoNに通じるところである。



3つのポイントでドミネーションズの輪郭を把握しよう


 ドミネーションズというゲームを概観するうえで重要だと思われるポイントを,3つに絞ってまとめておこう。

(1)特性がある8つの文明

 先述のとおり,鉄器時代までゲームを進めると,「中国」「イギリス」「フランス」「ドイツ」「ギリシャ」「日本」「韓国」「ローマ」という8種類の文明の中から1つを選ぶことになる。各文明にはアドバンテージ(特性)が用意されており,選んだ文明によって,少なくとも経済面と軍事面のどちらが優遇されるのかは変わってくる。
 8つの文明それぞれのアドバンテージを紹介するので,ゲームプレイ前に文明を決めておきたい人は参考にしてほしい。

ドミネーションズ -文明創造-
日本
ドミネーションズ -文明創造-
ローマ
ドミネーションズ -文明創造-
フランス

【中国】
アドバンテージ:民と防衛用兵士が増加。後者は時代に応じて変化。

ドミネーションズ -文明創造-

 広大な領土と圧倒的な人口を誇る中国。アドバンテージはその特徴が反映されている。

【イギリス】
アドバンテージ:他国から略奪できる資源が10%増加。

ドミネーションズ -文明創造-

 歴史上,もっとも早く資本主義を発達させたイギリス。強力な軍隊で多くの植民地を得たことに由来するアドバンテージとなっている。開発チームインタビュー動画では,近距離ユニットの射程距離が長いという点も紹介されていた。

【フランス】
アドバンテージ:軍隊の訓練時間が20%短縮され,同盟(ギルド)に支援してもらえる兵力が増加。後者は時代に応じて変化。

ドミネーションズ -文明創造-

 新時代の開拓に向けて闘争を繰り返してきたフランスは,軍事関係に強いアドバンテージが用意されている。芸術の歴史を持つ国でもあるため,施設の外見も見どころになりそうだ。

【ドイツ】
アドバンテージ:戦闘時のターゲット継続時間が2倍になり,再使用までの時間が5秒短縮。ほかのプレイヤーとの戦闘に勝利すると,兵力ダメージに10%ボーナス。

ドミネーションズ -文明創造-

 ビスマルクによる統一以来,強大な軍事国家となったドイツらしく戦闘に特化したアドバンテージだ。ボーナスの詳細が不明だが,攻撃面でなにかお得な効果であることに違いはないだろう。

【ギリシャ】
アドバンテージ:アップグレード後,かかった費用の5%が返還。アップグレードの残り時間が15分未満の場合は無料で即完了が可能(時代が進むごとに+5分)。

ドミネーションズ -文明創造-

 文化や芸術,哲学の都として知られ,西洋文明の根幹を成したギリシャ。かつて神殿の建築などが盛んだったため,それを反映したアドバンテージなのだろう。開発チームインタビュー動画では,ゲーム序盤で有利な国だと紹介されていた。

【日本】
アドバンテージ:タウンセンター(本拠地)が侵入者を遠距離攻撃するようになる。平和条約時間が25%増加。

ドミネーションズ -文明創造-

 西洋諸国から見ると,長い間謎に包まれまま独自の文化を形成していった島国,日本。ドイツと同様に,実際にゲームをプレイしてみないと分かりづらいが,アドバンテージは防衛時に有利なものということだろう。

【韓国】
アドバンテージ:敵に奪われた資源の10%が返還される。戦術最大値が+1。

ドミネーションズ -文明創造-

 かつて朝鮮戦争で壊滅的な打撃を受けたが,後に急速な復興と経済成長を成し遂げた韓国。アドバンテージはその「漢江の奇跡」をモチーフとしたものになっている。戦いに持ち込める「戦術」(戦闘中に敵に直接ダメージを与えたり,仲間ユニットを回復したりするスキルのようなもの)の最大値が引き上げられるので,戦いの幅も広がるはずだ。

【ローマ】
アドバンテージ:最大兵力が10%増加。

ドミネーションズ -文明創造-

 紀元前から強力な軍隊を持っていたローマは,やはり軍事関係を大きく強化するアドバンテージが用意されている。常に兵士数で他国を圧倒できそうである。

施設や兵士の見た目は文明と時代によって変わるので,それらのビジュアルにも期待したいところである
ドミネーションズ -文明創造- ドミネーションズ -文明創造-

(2)NPCが相手になる「シングルプレイ」と,世界中のプレイヤーがライバルの「マルチプレイ」

 ドミネーションズには,ペロポネソス戦争や三国志時代の戦いなど人類史上でマイルストーンとなった戦いを体験できる「シングルプレイ」と,世界中のプレイヤーと資源を奪い合う「マルチプレイ」が用意されている。ほかのプレイヤーと同盟を組んで互いに軍隊を貸し借りして協力することも可能だ。

ドミネーションズ -文明創造- ドミネーションズ -文明創造-

(3)「英雄」「不思議」といった,Civの偉人/遺産に相当する(?)要素あり

 「Civilization」シリーズには,特殊なユニットとして「偉人」や,文明にさまざまなメリットをもたらす「遺産」という要素が存在するが,ドミネーションズにもそれに相当すると思われる「英雄」「不思議」が実装されている。

 英雄は,アレキサンダー大王織田信長クレオパトラ,そしてナポレオンといった歴史上の偉人達をモチーフとした特殊なユニットで,それぞれ異なる特徴を持っている。彼らは戦力であると同時に,軍隊に恩恵を与える存在らしい。

ドミネーションズ -文明創造-
アレキサンダー大王
ドミネーションズ -文明創造-
織田信長

ドミネーションズ -文明創造-
クレオパトラ
ドミネーションズ -文明創造-
ナポレオン

 一方の不思議は,ランドマーク的なものとなる。こちらも文明にさまざまなボーナスを与えるようだ。コロセウムアンコール・ワットピラミッド,そしてタージ・マハルなど,豊富な種類が用意されている。

 なお,英雄と不思議は,自国の文明によって使用が制限されることはないようだ。例えばフランスで織田信長を使いつつ,ピラミッドを建ててもいいというわけである。

コロセウム:「グラディエーター訓練」を1日1回できる。この訓練を行うと,軍隊の攻撃力が大幅に増加し,攻撃時に防御兵力による支援が発生
アンコール・ワット:防御時に周辺の兵士を治療する効果がある。貿易品が1日1回得られる
ピラミッド:周辺にある農場の生産効率を上昇させる
タージ・マハル:傭兵を1日1回無料で獲得できる。略奪時に戦利品が増加
ドミネーションズ -文明創造-


日本,韓国,台湾で事前登録者が計30万人を突破

やはりその注目度は極めて高い


 冒頭でお伝えしたとおり,本作は事前登録受付中だ。なお,その登録者数は日本,韓国,台湾の3か国で行われており,8月17日時点で計30万人を突破しているという(関連記事)。事前登録をすると,ゲーム内通貨「クラウン」(500個)がプレゼントされるので,本作を遊ぼうと思っているのならば必ず登録を済ませておくべきだろう。

 また,(気の早いことに)本作では事前登録受付に合わせて,“日本一のストラテジーゲーマーを決める”「GOD決定戦」の参加者が募集中だ。これは正式配信後,連日の成績に応じて上位入賞者に電子マネーがプレゼントされるという企画となっている。ドミネーションズをやり込む準備万全という人は,こちらのエントリーも忘れずに行っておこう。


「ドミネーションズ -文明創造-」公式サイト
(事前登録受付中)

  • 関連タイトル:

    ドミネーションズ -文明創造-

  • 関連タイトル:

    ドミネーションズ -文明創造-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日