パッケージ
Bombshell公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Duke Nukem」シリーズの版権に絡む厄介な訴訟が円満解決。Interceptor Entertainmentの新作「Bombshell」も問題なくリリースへ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/08/20 16:40

ニュース

「Duke Nukem」シリーズの版権に絡む厄介な訴訟が円満解決。Interceptor Entertainmentの新作「Bombshell」も問題なくリリースへ

 Gearbox Softwareは,1年以上も続けられていた「Duke Nukem」シリーズの版権訴訟に関して,当事者であるInterceptor Entertainmentや3D Realmsとの合同声明をリリースし,この問題が各メーカーの協議によって円満に解決したことをアナウンスした。

画像集#003のサムネイル/「Duke Nukem」シリーズの版権に絡む厄介な訴訟が円満解決。Interceptor Entertainmentの新作「Bombshell」も問題なくリリースへ

 これは,2014年4月に掲載した「奥谷海人のAccess Accepted第419回:またかよデューク〜再び起きたDuke Nukemの権利問題」でも解説したとおり,2011年にGearbox Softwareの制作により「Duke Nukem Forever」がリリースされたのちに,版権の所有を主張する3D Realmsが,Interceptor Entertainmentに「Duke Nukem」シリーズの新作の開発を委託したことで発生した問題()だ。結局,Interceptor Entertainmentはゲームの開発を断念したものの,代わりに同じ世界観を利用したアクションRPG「Bombshell」PC / PS4)の制作を発表するなど挑発とも思える行為を行っていたのだが,ここしばらくは訴訟の進展が報告されていなかった。

※Gearbox Softwareの主張は,3D Realmsは「Duke Nukem」シリーズすべての知的財産権を失っており,Interceptorに新作開発をライセンスすることはできないというもの

 今回リリースされた声明によると,Gearbox Softwareは訴訟の取り下げと引き換えに,同社が「Duke Nukem」シリーズの版権の正当な所有者であることを明確にし,シリーズ新作の開発も自由に行えることになるとのこと。3D Realmsは,過去に行った版権売買に関して,その権利遂行や派生した利益を損なうことはなく,Interceptor Entertainmentも「Bombshell」の開発を継続し,3D Realmsをパブリッシャとして年内にリリースできる見込みが高くなった。

Bombshell
画像集#002のサムネイル/「Duke Nukem」シリーズの版権に絡む厄介な訴訟が円満解決。Interceptor Entertainmentの新作「Bombshell」も問題なくリリースへ

 ちなみに「Bombshell」は,片腕がロボットアームになったGlobal Defense Forceの戦士で,“ボムシェル”というコールサインを持つシェリー・ハリソン軍曹を主人公に,地球に侵略したエイリアンを粉砕していくというストーリーで,Unreal Engine 3を使ったシングルプレイヤー専用のアクションRPGになるという。

 今回の円満解決により,Gearbox Softwareも,以前から意欲を見せていた「Duke Nukem Forever」続編の開発を行うことができるようになったわけで,新作発表に期待したいところだ。

「Bombshell」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Bombshell

  • 関連タイトル:

    Bombshell

  • 関連タイトル:

    Duke Nukem Forever

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月12日〜08月13日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
61
54
ELDEN RING (PC)
53
48
2022年02月〜2022年08月