オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth公式サイトへ
読者の評価
52
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth」スパイ活動を紹介する最新ムービーが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/12 13:37

ニュース

「Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth」スパイ活動を紹介する最新ムービーが公開

 Firaxis Gamesは,2014年10月24日にリリースされる「Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth」の最新ムービーを公開した。映像には,スパイを使ったさまざまな工作活動の様子が収められている。


 「Beyond Earth」に登場するスパイは,「Computing」というテクノロジーを獲得するとアンロックされる国家遺産「Spy Agency」の建設によって生産可能になるほか,いくつかのクエストをこなすことでも作れるという。プレイヤー勢力のAPC(American Reclamation Corporation)には,スパイの生産スピードにボーナスが付いているほか,「Corporate Lodge」を建設することで,ユニットの能力を高めることができる。さらに,スパイ活動を補助するための衛星も存在するとのことだ。

Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth

 スパイ活動は,ゲームに勝つために必須というわけではないが,首都の強化や敵情視察,エネルギーの略奪や施設の破壊といった工作活動の部分は,これまでのシリーズ以上に練り込まれている様子がムービーからうかがえる。また,工作活動にはEasy,Moderate,Hardなど,難度に差があり,失敗するとスパイユニットを失う可能性があるという部分は前作と同じである。

Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth

 今回のムービーで明らかにされたスパイ活動の種類は,「Establish Network」(情報網の開設),「Siphon Energy」(エネルギーの搾取),「Steal Science」(科学奪取),「Recruit Defectors」(亡命者獲得),「Coup D'etat」(クーデター),「Hack Satellites」(衛星のハッキング),「Dirty Bomb」(核爆破工作),「Call Worm Strike」(巨大生物シージワームによる攻撃)となっており,特に「Dirty Bomb」や「Call Worm Strike」は,高い難度に設定されているようだ。

 まだまだ未発表の要素も多いので今後の情報に注目しておきたいところ。

「Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth

  • 関連タイトル:

    Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月