オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/12 12:46

ニュース

AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに

Live Streamer 311の製品ボックス。国内向けはAVerMediaのイメージキャラクターであるエレーナのイラストが描かれた外箱になっている
画像(002)AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに
 2019年7月12日,AVerMedia Technologies(以下,AVerMedia)の日本法人であるアバーメディア・テクノロジーズは,USB接続型のビデオキャプチャデバイスとUSB接続型マイク,およびWebカメラをセットにした実況配信初心者向けのセット商品「Live Streamer 311」(型番:BO311)を,7月19日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価は3万370円(税込3万2800円)前後となっている。

 AVerMediaが,2019年5月に行われたCOMPUTEX TAIPEI 2019で披露したLive Streamer 311は,以下に示す3つの製品が1パッケージに収めてある。

  • Live Gamer Mini GC311(以下,GC311):USB接続型ビデオキャプチャデバイス
  • USB Microphone AM310(以下,AM310):USB接続型コンデンサマイク
  • Live Streamer CAM 313(以下,CAM 313):USB接続型Webカメラ

関連記事

HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か

HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か

 COMPUTEX会場ではビデオキャプチャデバイスで有名な台湾AVerMedia Technologiesブースに,コストパフォーマンスの非常に高そうなデバイスが出展されていた。HWエンコードで1080p/60fps録画に対応する「GC311」だ。これにマイクとWebカメラをセットにした安価なゲーム実況配信者スターターキットも用意されるという。

[2019/05/31 18:40]

 それぞれ,単体でのメーカー想定売価は順に2万370円前後,1万2500円前後,7370円前後と,合計で4万円を超える製品がセットになっているので,かなりお買い得と言っていい。

 セットの中身を簡単に紹介しよう。
 まずGC311は,ハードウェアエンコーダを内蔵する外付けキャプチャデバイスで,仕様的にはAVerMediaの人気商品である「AVT-C875」からSDカードリーダーや単体録画モードを省略したような製品だ。

GC311
画像(003)AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに

GC311の背面。ビデオ入出力用のHDMI端子が2つと,PC接続用のUSB Micro-B端子を備える
画像(004)AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに
 最大で1920×1080ドット映像を60fpsで録画可能であり,ほぼ遅延のないHDMIパススルー出力機能も備える。実況配信入門者だけでなく,据え置き型ゲーム機の映像に自分の姿を重ねて録画,配信したいという人にも適した製品と言えよう。Windows 10からは,標準的なUSB Video Classデバイスとして認識されるので,特別なデバイスドライバが不要な点もポイントだ。
 ただし,4K映像やHDR映像の録画には対応していない。

 しっかりとしたスタンドのついたコンデンサマイクのAM310は,実況用途に適した単一指向性のマイクとなっている。Windows 10からはUSBサウンドデバイスとして認識されるので,マイクの側面にある3.5mmミニピンのヘッドフォン端子にヘッドフォンをつなげば,マイク経由でキャプチャ音声を聞くことも可能だ。
 最後のCAM 311は,ディスプレイの上にも設置できる小型スタンドの付いたWebカメラである。最大解像度は1920×1080ドットで,30fpsの映像をキャプチャできる。AVerMedia製のビデオキャプチャ・配信ソフトである「RECentral 4」を使えば,難しいことを考えなくても,GC311で取り込んだゲームの映像に,CAM 311で撮影した自分の姿を重ねて配信や録画することが可能だ。

画像(005)AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに
AM310
画像(006)AVerMedia,実況配信初心者向けセット「Live Streamer 311」を発売。USBキャプチャデバイスとマイク,Webカメラがセットに
CAM 311

 入門者向けとはいうものの,セットの内容は充実しており,幅広いユーザーに適した製品と言ってもよさそうだ。

AVerMediaの一般消費者向け製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    AVerMedia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日