オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/30 15:45

ニュース

Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売

 2019年7月30日,Sennheiser Communications(以下,Sennheiser)の日本法人であるゼンハイザージャパンは,同社初となる独自方式ワイヤレスとBluetooth,およびワイヤード接続両対応のゲーマー向けヘッドセット「GSP 670 Wireless Gaming Headset」(以下,GSP 670)を8月1日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価は4万2000円(税込4万5360円)前後となっている。

GSP 670
画像(002)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売

 GSP 670は,既存のアナログ接続型ヘッドセット「GSP 600」のデザインを踏襲しつつ,ワイヤレス接続機能などを組み込んだ製品だ。スペックからすると,スピーカードライバーも異なるようだが,詳細は明らかになっていない。
 GSP 600が備えていた大きめのマイクブームや,側圧を調整可能なヘッドバンド,右エンクロージャ側面にある大きな音量調整ダイヤルといった外観的な特徴もそのまま継承している。

一般的なゲーマー向けヘッドセットのマイクよりも大きめなGSP 670のブームマイク(左)。跳ね上げるとミュートになる仕組みだ。頑丈そうなヘッドバンドには,左右に動くスライダーがあり,これを外側に動かすと側圧が緩くなる(右)
画像(004)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売 画像(006)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売

左エンクロージャには,ペアリング用のスイッチと有線接続用のUSB Micro-Bポートが,右エンクロージャにはマイク入力音量調整ダイヤルと,機能割り当てを変更可能な「Programmable smart button」,大きなヘッドフォン出力音量調整ダイヤルがある
画像(007)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売


独自方式のワイヤレス接続で利用するUSBレシーバーのGSA 70
画像(003)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売
 GSP 670における大きな特徴は,独自方式「low-latency technology」による低遅延のワイヤレス接続にある。この独自技術により,ゼロに近いワイヤレス通信部分の遅延を実現できたとSennheiserはアピールしている。
 専用のドングル型USBレシーバー「GSA 70」を使ったワイヤレス接続は,PCとMac,およびPlayStation 4に対応しているが,Windows 10搭載PCで利用する場合は,7.1chのバーチャルサラウンドサウンド再生機能も利用できるという。
 また,ワイヤレスまたはUSB接続でゲームサウンドを聞いている途中でも,Bluetooth接続したスマートフォン側に通話の着信があると,ワンボタンで通話に切り替えられるのもポイントである。

 Sennheiser製品らしいアピールポイントの1つがマイクだ。放送局品質を謳うGSP 670のマイクは双指向性で,アクティブノイズキャンセリング機能も有する。それに加えて,設定ソフトウェアの「Sennheiser Gaming Suite」を利用すれば,高音域や低音域のノイズを低減したり,マイクの音声から特定の音域を強調したりすることも可能だ。

GSP 670のマイク。左は口元側で,右は外側だ。アクティブノイズキャンセリング機能も有する
画像(005)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売 画像(008)Sennheiser初のワイヤレス&ワイヤード両対応ゲーマー向けヘッドセット「GSP 670」が8月1日国内発売

 実勢価格が2万5000円台後半から3万円近くというGSP 600のワイヤレス対応版といった製品だけに,4万5000円近い価格設定となっているのはハードルとなるだろう。しかし,4Gamerのレビューで高評価を得たGSP 600の音質も受け継いでいるのであれば,魅力的なヘッドセットとなりそうだ。

●GSP 670の主なスペック
  • 基本仕様:独自ワイヤレス,Bluetooth,ワイヤード対応タイプ,密閉型エンクロージャ採用
  • サラウンド:7.1chバーチャルサラウンドサウンド再生対応
  • 接続インタフェース:USB Micro-B×1
  • 搭載ボタン/スイッチ:ヘッドフォン音量調整ダイヤル,マイク音量調整ダイヤル,Programmable smart button
  • 主な付属品:GSA 70,USB Micro-B to USB Type-Aケーブル
  • バッテリー駆動時間:16〜20時間
  • 対応ハードウェア:PC,PlayStation 4,スマートフォンなど
  • 公称本体サイズ:未公開
  • 公称本体重量:約398g
  • 公称ケーブル長:約1.5m
  • 保証期間:2年間
  • 販売代理店想定売価:4万2000円前後(税別)
ヘッドフォン部
  • 周波数特性:10Hz〜23kHz
  • インピーダンス:未公開
  • 出力音圧レベル:112dB
  • スピーカードライバー:ダイナミック型
マイク部
  • 方式:未公開
  • 周波数特性:10Hz〜7.3kHz
  • 感度:未公開
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:未公開
  • 指向性:双指向性
  • ノイズキャンセリング機能:あり

SennheiserのGSP 670製品情報ページ(英語)

Sennheiser日本語公式Webサイト


  • 関連タイトル:

    Sennheiser

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日