オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Warships公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:33
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】独特のテンポで展開される「World of Warships」のバトルで,敵の裏の裏を突け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/02/28 12:00

広告企画

【PR】独特のテンポで展開される「World of Warships」のバトルで,敵の裏の裏を突け


 「World of Warships」で楽しめるのは,大海原を舞台にした艦隊戦。プレイヤーはアメリカ,ソ連,ドイツ,イギリス,そして日本といった国ごとに多数用意されている「駆逐艦」「巡洋艦」「戦艦」「航空母艦」から1隻を選んで,仲間とともに相手チームへ挑む。さまざまな国の軍艦が入り乱れて真剣勝負を繰り広げる,夢のようなバトルを美しいグラフィックスで体験できるのだ。

World of Warships

 戦闘はリアルタイムで展開される。アクション要素が大きい一方で,常に戦況を確認しつつ,敵の魚雷軌道や,島などの障害物を計算して船のルートを決めるといったことも大切だ。特に島の“使い方”は重要。島の陰に隠れて攻撃を回避したり,小回りがきかない戦艦を島が密集しているところに誘い込んで急襲したりといったことができる。
 海戦ということで,「高低差がないということは,どこでの戦いになろうが同じなのでは?」と思うかもしれないが,マップごとの特徴も多彩なのだ。

World of Warships

 一般的なFPSなどと比べると,ゆったりめの独特なテンポになっているが,マップの把握や魚雷の探索,索敵といった仕事があるため,決して退屈はしない。むしろ「反射神経より思考力で勝負したい」というプレイヤーには歓迎されるシステムだろう。

 ゲームモードには,ほかのプレイヤーと協力してCPUに挑む「Co-op戦」や,プレイヤー同士のチームバトル「ランダム戦」などがあり,いずれも1ゲームあたり10分前後で決着がつくので,ちょっとした空き時間にもプレイできるはずだ。

 積極的にアップデートが行われているのも,本作の特徴の1つ。ウォーゲーミングジャパンは,3週間ごとにゲーム内コンテンツのアップデートを実施する方針を発表しており,もちろんそれ以外にも細かなバグの修正などは随時行われている。

World of Warships

 ちなみに本作では,戦闘後に得られる経験値やクレジットが1.5倍になる,有効期限付き「プレミアムアカウント」(有料)を,World of Tanksと共有できる。2つのタイトルを遊ぶプレイヤーなら,こちらを購入してプレイするのもいいだろう。

 世界中に愛されているWargamingの海戦バトル,提督ならずとも,ぜひ大海原を駆けてみてはいかがだろうか。



「World of Warships」の

オススメポイントはここ!


●海戦の迫力が伝わってくるリアルなグラフィックスとサウンド
 「World of Warships」では,軍艦のディテールや,爆発の炎といったグラフィックスが見事に表現されており,そこに迫力のあるサウンドが加わって,戦闘の緊張感を高めてくれる。
 戦闘開始後,しばらくは敵艦とのバトルはない(索敵を行う)ため,広大なマップを進む間,波が揺れる海面や,夕日に照らされた甲板などを,うっとりと眺めてしまうほどだ。

World of Warships

●海戦ならではの独特の駆け引き
 バトルの基本となるのが,「駆逐艦は戦艦に強く,巡洋艦は駆逐艦に強く,戦艦は巡洋艦に強い」という“三すくみ”の関係。たとえば,戦艦は強力な主砲を備えているが,その照準合わせや装填までにかかる時間が長く,旋回にも時間がかかるため,航行速度が速く,強力な魚雷を持つ駆逐艦の格好の標的になる,という感じだ。
 そして,三すくみに入らない航空母艦の存在が,戦闘をさらに面白くしている。中隊を組み高速で移動できる艦載機で,索敵や戦闘支援ができるのだ。こうした駆け引きやプレイの幅の広さが,本作の魅力となっている。

●実在の軍艦を操り,艦長気分を満喫
 本作に登場するのは,主に第二次世界大戦で活躍した名だたる軍艦だ。現在は9か国以上の艦船が使用可能で,主要国には「技術ツリー」と呼ばれる開発目標があり,ツリーの研究を進めていくと新しい軍艦が使用可能になる。日本の戦艦なら,「河内」から始まり,「妙義」「金剛」「扶桑」「長門」などと続き,最後は「大和」というツリーになっている。大和までの道のりは長いが,プレイをするうえで,大きな目標として励みになるはずだ。

World of Warships

「World of Warships」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Warships

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月20日〜01月21日